佐久間ダム
是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

佐久間ダム

左岸所在地静岡県浜松市天竜区佐久間町佐久間
右岸所在地愛知県北設楽郡豊根村
位置北緯35度05分58秒東経137度47分39秒
河川天竜川水系天竜川
ダム湖佐久間湖【ダム湖百選
ダム諸元
ダム型式重力式コンクリートダム
堤高155.5 m
堤頂長293.5 m
堤体積1,120,000 m3
流域面積4,156.5 km2
湛水面積715.0 ha
総貯水容量326,848,000 m3
有効貯水容量205,444,000 m3
利用目的発電
洪水調節再開発後)
事業主体電源開発
国土交通省中部地方整備局(再開発)
電気事業者電源開発
発電所名
(認可出力)佐久間発電所 (350,000kW)
新豊根発電所 (1,125,000kW)
施工業者間組
着工年/竣工年1953年/1956年
出典[1][2][3][4]
備考建設省河川局長通達第一類ダム
天竜奥三河国定公園
テンプレートを表示

佐久間ダム(さくまダム)は、静岡県浜松市天竜区佐久間町愛知県北設楽郡豊根村にまたがる一級河川天竜川本流中流部に建設されたダムである。

電源開発 (J-POWER) が管理する高さ155.5メートル重力式コンクリートダム。日本第9位の高さ[5]と第8位の総貯水容量[6]を有する日本屈指の巨大ダムであり、戦後日本の土木技術史の原点となった日本のダムの歴史に刻まれる事業である。佐久間発電所と新豊根発電所により最大147万5000キロワットを発電する水力発電を主目的とし、副次的に豊川用水の水源にもなっているほか、2004年(平成16年)より洪水調節目的を付加して多目的ダムとするダム再開発事業国土交通省によって進められている。ダムによって形成された人造湖は佐久間湖と命名され、ダム湖百選に選定されたほか天竜奥三河国定公園に指定されており、地域の主要な観光地になっている。


目次

1 地理

2 沿革

2.1 天竜川の水力発電開発

2.2 大ダム構想

2.3 電源開発への移管


3 補償

3.1 補償交渉の経過

3.2 補償交渉の妥結


4 施工

4.1 国際入札の導入

4.2 工事の進行

4.3 栄光と犠牲


5 目的

5.1 佐久間発電所

5.2 新豊根発電所

5.3 利水


6 治水と再開発

6.1 治水に対する責務

6.2 佐久間ダム再開発事業


7 観光

8 脚注

8.1 注釈


是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:124 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE