佐久間ダム
[Wikipedia|▼Menu]

佐久間ダム

左岸所在地静岡県浜松市天竜区佐久間町佐久間
右岸所在地愛知県北設楽郡豊根村
位置北緯35度05分58秒東経137度47分39秒
河川天竜川水系天竜川
ダム湖佐久間湖【ダム湖百選
ダム諸元
ダム型式重力式コンクリートダム
堤高155.5 m
堤頂長293.5 m
堤体積1,120,000 m3
流域面積4,156.5 km2
湛水面積715.0 ha
総貯水容量326,848,000 m3
有効貯水容量205,444,000 m3
利用目的発電
洪水調節再開発後)
事業主体電源開発
国土交通省中部地方整備局(再開発)
電気事業者電源開発
発電所名
(認可出力)佐久間発電所 (350,000kW)
新豊根発電所 (1,125,000kW)
施工業者間組
着工年/竣工年1953年/1956年
出典[1][2][3][4]
備考建設省河川局長通達第一類ダム
天竜奥三河国定公園
テンプレートを表示

佐久間ダム(さくまダム)は、静岡県浜松市天竜区佐久間町愛知県北設楽郡豊根村にまたがる一級河川天竜川本流中流部に建設されたダムである。

電源開発 (J-POWER) が管理する高さ155.5メートル重力式コンクリートダム。日本第9位の高さ[5]と第8位の総貯水容量[6]を有する日本屈指の巨大ダムであり、戦後日本の土木技術史の原点となった日本のダムの歴史に刻まれる事業である。佐久間発電所と新豊根発電所により最大147万5000キロワットを発電する水力発電を主目的とし、副次的に豊川用水の水源にもなっているほか、2004年(平成16年)より洪水調節目的を付加して多目的ダムとするダム再開発事業国土交通省によって進められている。ダムによって形成された人造湖は佐久間湖と命名され、ダム湖百選に選定されたほか天竜奥三河国定公園に指定されており、地域の主要な観光地になっている。


目次

1 地理

2 沿革

2.1 天竜川の水力発電開発

2.2 大ダム構想

2.3 電源開発への移管


3 補償

3.1 補償交渉の経過

3.2 補償交渉の妥結


4 施工

4.1 国際入札の導入

4.2 工事の進行

4.3 栄光と犠牲


5 目的

5.1 佐久間発電所

5.2 新豊根発電所

5.3 利水


6 治水と再開発

6.1 治水に対する責務

6.2 佐久間ダム再開発事業


7 観光

8 脚注

8.1 注釈

8.2 出典


9 参考文献

10 関連文献

11 関連作品

12 関連項目

13 外部リンク


地理

ダムのある天竜川は諏訪湖を水源とし、木曽山脈赤石山脈の間を縫うようにして南に流れる。上流より泰阜(やすおか)ダム平岡ダムが建設されており、その下流に佐久間ダムは建設された。ダムは天竜川が大きく蛇行する大千瀬川との合流点の直上流部、静岡県愛知県県境に建設されている。ダムが建設された当時の所在地は磐田郡佐久間村であったが、ダム完成直後昭和の大合併佐久間町となり、平成の大合併によって浜松市に編入、政令指定都市となったことから現在は天竜区となっている。高さ100メートル以上のダムがある政令指定都市は浜松市のほか札幌市豊平峡定山渓ダム)と静岡市畑薙第一井川ダム)がある。

なお、佐久間湖を含めた場合には静岡県・愛知県のほか長野県下伊那郡天龍村にも掛かっており、3県にまたがるダムも日本では稀少である。
沿革

天竜川は赤石・木曽の両山脈に挟まれ、夏季の多雨と冬季の降雪によって年間を通じて水量は豊富であり、かつ中流部の長野県飯田市から静岡県浜松市天竜区、旧天竜市付近に至る約80キロメートル区間は天竜峡などを始めとして険阻な峡谷を刻む急流となる。このため水力発電を行う上で理想的な河川であることから、大正時代より水力発電開発の構想が持たれていた。
天竜川の水力発電開発佐久間ダム完成までは天竜川最大の発電用ダムであった平岡ダム

最初に水力発電所が建設されたのは、福澤桃介が設立した天竜川電力による大久保ダム・大久保発電所(出力1,500キロワット)であり[7]1927年昭和2年)に完成した。続いて南向ダム・南向発電所(2万4100キロワット)が1929年(昭和4年)、泰阜ダム・泰阜発電所(5万2500キロワット)が1937年(昭和12年)にそれぞれ完成、天竜川の水力発電事業は加速してゆく。 しかし、1939年(昭和14年)、国家による電力統制を目論む軍部の意向で、第1次近衛内閣電力管理法を施行したのに伴い、日本発送電が発足。天竜川の水力発電所を逐次接収しながら、1940年(昭和15年)より、当時としては天竜川最大規模のダムであった平岡ダムと平岡発電所(4万1000キロワット)[注 1][8]の建設を開始するが、太平洋戦争の激化に伴い中断を余儀なくされた。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:123 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE