伊藤整
[Wikipedia|▼Menu]

伊藤 整
(いとう せい)
1954年
誕生伊藤 整(いとう ひとし)
1905年1月16日
日本北海道松前郡炭焼沢村
(現:松前町
死没 (1969-11-15) 1969年11月15日(64歳没)
日本東京都豊島区上池袋
職業小説家文芸評論家
言語日本語
国籍 日本
最終学歴東京商科大学(現・一橋大学)中退
活動期間1926年 - 1969年
ジャンル小説文芸評論翻訳
文学活動無頼派(新心理主義)
チャタレー事件
代表作『得能五郎の生活と意見』(1941年)
チャタレイ夫人の恋人』(1950年、翻訳)
『氾濫』(1958年)
『変容』(1968年)
『日本文壇史』(1953年 - 1969年、評論)
主な受賞歴菊池寛賞(1963年)
日本芸術院賞(1967年)
勲三等瑞宝章(1969年)
日本文学大賞(1970年)
デビュー作『雪明りの路』(1926年)
子供伊藤滋長男
伊藤礼二男
ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

伊藤 整(いとう せい、1905年明治38年)1月16日 - 1969年昭和44年)11月15日)は、日本小説家詩人文芸評論家翻訳家位階正五位勲等勲三等。本名は伊藤 整(いとう ひとし)。日本芸術院会員。

社団法人日本文藝家協会理事東京工業大学教授、社団法人日本ペンクラブ副会長、財団法人日本近代文学館理事長などを歴任した。
目次

1 人物 

2 略歴

3 チャタレイ裁判

4 主要作品

4.1 作品集

4.2 詩集

4.3 小説

4.4 評論・随筆等

4.4.1 主な編著



5 翻訳

6 脚注

7 外部リンク

人物 

20世紀日本文学の重要な小説家文芸評論家の一人。昭和初期にジェイムズ・ジョイスらの影響を受けて「新心理主義」を提言。『ユリシーズ』を翻訳する。北海道時代には詩作を中心に行い処女詩集『雪明りの路』で注目されるものの、上京後は詩作を離れて小説評論に重心を移す。戦前・戦中は詩壇・文壇でのみ知られた存在だったが、戦後は旺盛な著作活動に加え、ベストセラーや裁判の影響もあり、もっとも著名な評論家の一人となった。

私小説的文学の理論化をめざすとともに自身も創作を行った。自伝的小説として『鳴海仙吉』『若い詩人の肖像』などがある。評論では『日本文壇史』『小説の方法』「近代日本人の発想の諸形式」「近代日本における『愛』の虚偽」などがある。『氾濫』『変容』『発掘』は、夏目漱石の衣鉢を継ぐ近代小説三部作である。また評論家としては、谷崎潤一郎の支持者だった。
略歴

北海道松前郡炭焼沢村(現松前町)で小学校教員の父の下に12兄弟の長男として生まれた。父は広島県三次市出身の下級軍人で、日清戦争の後、海軍の灯台看守兵に志願して北海道に渡った[1]1906年、父の塩谷村(現小樽市塩谷町)役場転職に伴い小樽へ移住。

旧制小樽中学(北海道小樽潮陵高等学校の前身)を経て小樽高等商業学校小樽商科大学の前身)に学ぶ。小樽高商在学中の上級生に小林多喜二高濱年尾がおり、一緒にフランス語劇に出演したこともある。卒業後、旧制小樽市立中学の英語教師に就任。宿直室に泊まり込んで下宿代を浮かせたり、夜間学校の教師の副職をするなどして、1300円の貯金を蓄え、2年後に教師を退職し上京する。

1927年旧制東京商科大学一橋大学の前身)本科入学内藤濯教授のゼミナールに所属し、フランス文学を学ぶ。また北川冬彦の紹介で入った下宿屋にいた梶井基次郎三好達治瀬沼茂樹らと知り合い親交を結ぶ。

その後大学を中退し、1932年金星堂編集部入社。

1935年から1944年まで日本大学芸術科講師、1944年から1945年新潮社文化企画部長、1944年旧制光星中学校(現札幌光星高等学校)英語科教師、1945年から1946年帝国産金株式会社落部工場勤務、1946年北海道帝国大学予科講師、1948年日本文芸家協会理事、1949年から1950年早稲田大学第一文学部講師、1949年東京工業大学専任講師(英語)、1958年東京工業大学教授昇格、1960年から1961年コロンビア大学及びミシガン大学で講義、1962年日本ペンクラブ副会長、1963年『日本文壇史』により菊池寛賞受賞、日本近代文学館理事、1965年日本近代文学館理事長、1964年東工大を退職、1967年日本芸術院賞受賞[2]、1968年日本芸術院会員。1970年、没後『変容』により日本文学大賞受賞。チャタレイ裁判で有罪となったことはその社会的地位にほとんど影響しなかった。

1953年に「婦人公論」に戯文エッセイを連載し、翌年『女性に関する十二章』として一冊に纏めたところベストセラーとなり、「○○に関する十二章」という書物の出版が相次ぐなど「十二章ブーム」を巻き起こした。同名の映画(市川崑監督)に本人もナレーション・端役で出演、同年には評論『文学と人間』[3]、『文学入門』、小説『火の鳥』もベストセラーとなるなど[4]、一躍時の人となり、チャタレイ裁判(後述)とともに、伊藤の名を広く知らしめることになった。

1969年11月15日、癌性腹膜炎のため東京都豊島区上池袋がん研究会附属病院で死去[5]。戒名は海照院釈整願。叙正五位、叙勲三等瑞宝章。1952年から連載していた『日本文壇史』は瀬沼茂樹に引き継がれ、1976年に完結した(単行本は1953年から1978年にかけて全24巻。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:83 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE