伊号第五十八潜水艦
ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]

この項目では、1944年竣工の潜水艦について説明しています。1928年竣工の初代伊号第五十八潜水艦については「伊号第百五十八潜水艦」をご覧ください。

伊号第五十八潜水艦
公試中の伊58
基本情報
建造所横須賀海軍工廠
運用者 大日本帝国海軍
級名伊五十四型潜水艦
艦歴
計画昭和17年度計画(マル追計画
起工1942年12月26日
進水1943年10月9日
竣工1944年9月7日
最後1946年4月1日海没処分
除籍1945年11月30日
要目
基準排水量水上:2,140t
水中:3,688t
全長108.7m
最大幅9.3m
吃水5.19m
主機艦本式22型10号ディーゼル機関×2(2軸、水上4,700HP、水中1,200HP)
最大速力水上:17.7kt
水中:6.5kt
航続距離水上:38,850km(21,000海里)/16kt
水中:194km(105海里)/3kt
乗員兵員約94名
兵装25mm連装機銃1基
53cm魚雷発射管6基、魚雷19本
水上偵察機1機
テンプレートを表示
伊58(最終時)の模型

伊号第五十八潜水艦(いごうだいごじゅうはちせんすいかん)[1]は、大日本帝国海軍潜水艦で、巡潜乙型潜水艦である伊五十四型潜水艦の一隻。この名を持つ日本海軍の潜水艦としては2隻目。


目次

1 艦歴

1.1 建造

1.2 金剛隊

1.3 神武隊

1.4 多々良隊

1.5 多聞隊・インディアナポリス撃沈

1.6 終戦

1.7 終末

1.8 沈没艦の発見


2 逸話

3 兵装

4 歴代艦長

4.1 艤装員長

4.2 艦長


5 登場作品

5.1 映画

5.2 小説


6 脚注

7 参考文献

8 関連項目


艦歴
建造

1941年(昭和16年)の昭和17年度計画(マル追計画)により横須賀海軍工廠で建造され、1942年12月26日起工、1943年(昭和17年)10月9日進水、1944年(昭和19年)9月7日に竣工。呉鎮守府籍となり、訓練部隊の第六艦隊第11潜水戦隊に編入される。

12月4日第15潜水隊に編入、先遣部隊に配備された。これより先の11月、日本海軍は人間魚雷回天を戦線に初めて投入し、第一陣である菊水隊の回天がウルシー環礁で給油艦ミシシネワ(USS Mississinewa, AO-59) を撃沈する戦果を挙げていた。伊58も回天作戦に2回目から起用される事となった。
金剛隊

金剛隊は伊58を含む6隻の潜水艦、24基の回天を以って編成され[2]、伊58の攻撃目標はグアムアプラ港と指定された[2]。12月29日、伊58はを出港し、大津島に移動する。翌30日、伊58は大津島を出港し呉に移動。翌31日、呉を出撃。アプラ港はウルシー環礁と違って大型艦船は期待できなかったものの、彩雲の偵察に基づいて攻撃目標等が整理されていった[3]。伊58は攻撃予定日の前日である1945年1月11日にはグアム近海に到達したものの、アメリカ軍の警報を傍受して攻撃を繰り上げる事とした[4]。伊58はグアムから約32キロ離れた海上[4]に近接して4基の回天をすべて発進させた。


ご協力下さい!!
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:50 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE