仏教
是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]
仏教寺院

仏教(ぶっきょう、旧字体: 佛ヘ、サンスクリット: ?????????? 、英語: Buddhism)は、インド釈迦(ゴータマ・シッダッタ、もしくはガウタマ・シッダールタ、ゴータマ・シッダールタ)を開祖とする宗教である。キリスト教イスラム教と並んで、日本では出版点数の多い宗教の一つに数えられる[注釈 1]仏陀(仏、目覚めた人)の説いた教えである[注釈 2]

その教義は、苦しみの輪廻から解脱することを目指している。原因と結果の理解に基づいており、諸々の現象が縁起するとされる。

仏教は、その教えである、その実践者であるからなる三宝を中心に組織されている。実践における戒定慧の三学は、戒律、心を集中する禅定、ものごとの縁起を観察する智慧であり、後ろ二つは併せて止観とも呼ばれる仏教の瞑想法である。実践にて重要となる能力は六波羅蜜八正道のように、いくつかの方法でまとめらている。

紀元前450年ごろに、インドで開始された仏教は、今では初期仏教として研究されている。釈迦は、他の苦行などの実践者の主張であるアートマン(真我)の存在を否定して無我とした。釈迦の死後数百年で部派仏教が生まれ、大きく大衆部上座部とに、さらに細かく分かれたが、今なお大きな勢力として続いているのは南伝した上座部仏教であり、初期の教えを模範としている。紀元前の終わりごろには北伝し日本にも伝わることになる大乗仏教が開始され、教義や団体は多彩に発展しており、の瞑想法の様々、チベットで発達し日本の真言宗も似た形態を持つ密教、一方で浄土信仰のような信仰形態の変化など多様である。『日本書紀』によれば仏教が伝来したのは飛鳥時代552年(欽明天皇13年)である(日本の仏教)。


目次

1 教義

1.1 世界観

1.1.1 輪廻転生・六道・仏教と神


1.2 因果論

1.2.1 縁起

1.2.2 空


1.3 苦、その原因と解決法

1.3.1 四諦

1.3.2 三法印

1.3.3 中道


1.4 仏教の存在論

1.4.1 無常、苦、無我



2 実践

2.1 戒定慧(三学)


3 歴史

3.1 時代区分

3.2 原始仏教

3.3 部派仏教

3.4 大乗仏教


4 分布

4.1 言語圏


5 宗派

5.1 部派仏教

5.2 大乗仏教

5.3 密教


6 仏像

7 脚注

7.1 注釈

7.2 出典


8 関連項目

9 外部リンク


教義
世界観

仏教の世界観は必然的に、仏教誕生の地であるネパールの世界観である輪廻解脱の考えに基づいている。人の一生は苦であり永遠に続く輪廻の中で終わりなく苦しむことになる。その苦しみから抜け出すことが解脱であり、修行により解脱を目指すことが初期仏教の目的であった。

仏像や仏閣などは仏教が伝来した国、そして日本でも数多く見られるが、政治的な目的で[要検証 ? ノート]民衆に信仰を分かりやすくする目的で作られたとされる。
輪廻転生・六道・仏教と神

仏教においては、迷いの世界から解脱しない限り、無限に存在する前世と、生前の、および臨終のの状態などによって次の転生先へと輪廻するとされている。部派では「天・人・餓鬼・畜生・地獄」の五道、大乗仏教ではこれに修羅を加えた六道の転生先に生まれ変わるとされる。生前に良い行いを続け功徳を積めば次の輪廻では良き境遇(善趣)に生まれ変わり、悪業を積めば苦しい境遇(悪趣)に生まれ変わる。

また、(天)とは、仏教においては天道生物であり、生命(有情)の一種と位置づけられている。


ご協力下さい!!
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:81 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE