介護保険制度
是非お友達にも!
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]

この記事は特に記述がない限り、日本国内の法令について解説しています。また最新の法令改正を反映していない場合があります。ご自身が現実に遭遇した事件については法律関連の専門家にご相談ください。免責事項もお読みください。

介護保険(かいごほけん、英語: Long-term care insurance)とは、介護を事由として支給される保険ドイツオランダなどでは通常の医療保険から独立した社会保険制度となっている。一方でイギリススウェーデンで 一般税収を財源とした制度となっている。

日本では公的介護保険と民間介護保険があり、民間介護保険の保障内容には介護一時金や介護年金などがある。

本記事では、社会の高齢化に対応し、平成9年(1997年)の国会で制定された介護保険法に基づき、平成12年(2000年4月1日から施行された日本社会保険制度について記述する。


目次

1 概要

2 保険者

2.1 財源


3 被保険者

3.1 適用除外施設

3.2 住所地特例

3.3 労災保険との調整


4 保険料

4.1 第1号被保険者の保険料

4.2 第2号被保険者の保険料


5 認定手続き

6 給付の種類

6.1 保険給付に関する事柄

6.2 自己負担に関する事柄

6.3 利用費

6.4 地域支援事業等

6.5 受給権の保護


7 不服申立て

8 時効

9 課題

9.1 デイサービスの過剰供給

9.2 施設サービスの供給不足

9.3 不正請求


10 介護報酬

11 脚注

12 参考文献

13 関連項目

14 外部リンク


概要

介護保険法について、以下では条数のみ記す。

介護保険法は、加齢に伴って生ずる心身の変化に起因する疾病等により要介護状態となり、入浴、排せつ、食事等の介護、機能訓練並びに看護及び療養上の管理その他の医療を要する者等について、これらの者が尊厳を保持し、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう、必要な保健医療サービス及び福祉サービスに係る給付を行うため、国民の共同連帯の理念に基づき介護保険制度を設け、その行う保険給付等に関して必要な事項を定め、もって国民の保健医療の向上及び福祉の増進を図ることを目的とする(第1条)。

かつての日本の公的介護制度は、老人福祉法による福祉の措置として、やむを得ない事由による行政措置の範疇に留まっていた[1]。平成に入ってから、それに代わる新たな制度が議論され、ゴールドプランなどの政策と合わせて、おおむねドイツの介護保険制度をモデルに介護保険制度が導入された[2]。介護保険料については、新たな負担に対する世論の反発を避けるため、導入当初は半年間徴収が凍結され、平成12年(2000年)10月から半額徴収、平成13年(2001年)10月から全額徴収という経緯をたどっている。

介護保険制度では、以下の点にねらいがある。

市町村による行政措置から、社会保険制度への転換

要介護者の家族を介護負担と介護費用負担から解放し、社会全体の労働力と財源で介護する

要介護者が本人や家族の所得や財産にかかわらず、要介護者本人や家族が望む必要で十分な介護サービスを介護事業者から受けられる

多様な事業者によるサービスを提供し、専門的サービス産業としての介護産業を確立する。

医療と介護の役割分担を明確化し、急性期や慢性期の医療の必要がない要介護者を介護サービスにより介護し、介護目的の入院を介護施設に移す。


是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:63 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE