人口
[Wikipedia|▼Menu]
各国の人口(100万人) 全世界の人口ピラミッド

人口(じんこう、: : Population、: Bevolkerung)は、ある人間集団の総体を指す概念であり、またその集団を構成する人間の総数を指す統計上の概念である。

人口の計測方法や変動を研究する学問は人口統計学と呼ばれる。イギリスの経済学者トマス・ロバート・マルサスは、1798年に『人口論』を著し、人口問題を論じた。

歴史人口学(人口の歴史的な変遷を研究する)

人口地理学(人口現象の地理的分布などを研究)
日本における統計については「日本の人口統計」を参照
目次

1 一般的用法

2 その他の用法

3 国別の人口

3.1 各国の高齢化事情


4 都市別の人口

5 干支と人口

6 脚注

7 関連項目

8 外部リンク

一般的用法

一般的には、国家や特定の地域にいる集団について用いられる(世界の人口日本の人口、の人口など)。日本の人口として最も一般的に用いられているのは、国勢調査によるものである。国勢調査では外国人も含めた人口が把握されており、国籍別の集計結果もある。 ⇒平成22年国勢調査(総務省統計局)を参照。住民基本台帳による人口は、日本人のみに関する統計であったが、「住民基本台帳法の一部を改正する法律」の施行及び「外国人登録法」の廃止(平成24年7月)により、住民基本台帳法の適用対象となった外国人が含まれることとなった。 ⇒住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数(平成25年3月31日現在)(総務省自治行政局住民制度課)を参照。

20世紀に人類は人口爆発と呼ばれる人類史上最大の人口増加を経験した。過去6000年間に存在した全ての人口のおおよそ5分の1が現在の人口である。
その他の用法 1994年の世界の人口分布(濃いほど密集)

人口分布

国勢調査で把握している人口

昼間人口夜間人口

年齢別人口

年少人口(0 - 14歳)

生産年齢人口(15歳 - 64歳)

老年人口(65歳以上)

前期老年人口(65歳 - 74歳)

後期老年人口(75歳以上)


従属人口(年少人口+老年人口)


労働力人口(就業者と完全失業者(就労を希望している人)の合計)


地域社会概念

世界人口

農山村人口

定住人口交流人口


マスとしての量

競技人口(スポーツなどの競技者の総数を指す)

コンピューターゲームのプレイヤー人口

世界の日本語学習者人口

など
国別の人口

世界人口

国の人口順リスト

日本の人口統計 / 国勢調査(日本の人口)


国の人口増加率順リスト

各国の高齢化事情 世界人口における65歳以上人口割合[1] OECD各国の老人(65-歳)一人あたり、生産年齢(20-64歳)人口[2]高齢化社会」も参照

21世紀の現在、先進国をはじめ世界の多くの国々で老年人口の相対的増加、すなわち社会の高齢化が進んでいる。

国際連合は2050年には世界人口の18%が65歳以上となると予測している[1]OECD諸国においては現加盟国の全てにおいて、2050年には1人の老人(65歳以上)を3人以下の生産人口(20-65歳)にて支える社会となると予測されている[2]

フランスでは、少子化対策制度をいくつも打ち出し、出生率も先進国中最高レベルである。

アメリカは先進国の中では出生率も比較的高く、移民も毎年入ってくるため、高齢化は緩やかなものになると見られている。

日本の総務省の2007年2月の月次推計では、総人口1億2774万人に対し、老年人口2694万人で、老年人口比が21.1%となり、超高齢社会である21%を超えた[3]。なお、日本の総務省の2007年の年次推計では、総人口127,771千人に対し、老年人口27,464千人で21.5%であった [4]

2010年の日本の人口ピラミッド

2050年の日本(国連推計値)

2100年の日本(国連推計値)










アジア人口統計(関連カテゴリ:Category:各国の人口統計
東アジア

大韓民国

中華人民共和国

香港

マカオ


台湾

朝鮮民主主義人民共和国

日本

モンゴル国

東南アジア
インドネシア

カンボジア

シンガポール

タイ

東ティモール

フィリピン

ブルネイ

ベトナム

マレーシア

ミャンマー

ラオス

南アジア
インド

スリランカ

ネパール

パキスタン

バングラデシュ

ブータン

モルディブ

中央アジア
ウズベキスタン

カザフスタン1

キルギス

タジキスタン

トルクメニスタン

西アジア
アゼルバイジャン1

アフガニスタン

アラブ首長国連邦

アルメニア1

イエメン2

イスラエル

イラク

イラン

オマーン

カタール

キプロス1

クウェート

サウジアラビア

ジョージア1

シリア

トルコ1

バーレーン

ヨルダン

レバノン

北アジア
ロシア1

その他
アブハジア1

北キプロス

アルツァフ共和国1

パレスチナ国

南オセチア1

各列内は五十音順。
「その他」は国家の承認を得る国が少ない、または無い国であり、国際連合非加盟。事実上独立した地域一覧も参照。

1 ヨーロッパにも分類され得る。

2 一部はアフリカに含まれる。



次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:38 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE