人口密度
◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]

人口密度(じんこうみつど)とは、人口統計において、単位面積1km2当たりに居住する人の数により定義される数値である。都市化、土地利用の度合いなどの目安となる。


目次

1 概要

2 世界の人口密度

2.1 世界の主な都市の人口密度

2.2 その他、人口過密で知られた地域の人口密度

2.3 ヨーロッパの主な都市の人口密度


3 日本の人口密度

3.1 人口の偏在

3.2 日本の都道府県の人口密度

3.2.1 上位10位

3.2.2 下位10位


3.3 日本の主な市町村の人口密度

3.3.1 上位

3.3.2 下位


3.4 日本の主な区の人口密度

3.4.1 上位


3.5 政令指定都市の人口密度


4 脚注


概要1994年の世界の人口密度の分布図。ピンクの領域が最も高い人口密度の領域を表す。茶色の領域は、その次に密度が高い。
灰色: < 2 人/km2
緑色: < 2?10 人/km2
オレンジ色: < 11?40 人/km2
赤: 41?100 人/km2
茶色: 101?500 人/km2
ピンク: 500? 人/km2

大抵は1平方キロメートルあたりの人口、すなわち人口を面積(平方キロメートル)で割った値で表される。

地形については、対象地域内に人の居住できない水域や山岳地を多く含むところでは見かけ上の人口密度は低くなる。代表的な例としては、日本国外では香港、日本では札幌市仙台市静岡市浜松市京都市神戸市広島市北九州市などがある。これらの都市は皆山地を多く含んでいる。また、この欠点を補うものとして可住地面積人口集中地区に対する人口密度という考え方がある。

面積については、小さい方が極端な値になりやすく、広域になるほど平均的になる。これは、例えば、東京中心部の局地的な狭い範囲の過密地区の人口密度(場所によっては2万人弱/km2)と、ある程度の面積規模をもつ東京23区(約14,389人/km2)(2011年3月1日現在)と、周辺部も含めた広い地域(人口密度はさらに低くなる)とでは、人口密度が異なるのに対応する。

この他、例えばシンガポールの場合、面積だけで見れば東京23区に近い広さをもつが、独立した都市国家である特性から、国内に軍用・民間用の空港を多く保有していたり、水源のためのダムや森林地帯を確保するなど土地の利用の仕方が大きく異なっており、実際の居住地域の人口密度は非常に高い例もある。
世界の人口密度モルディブの首都であるマレ(左下)は、人口密度が世界一であると言われる。モンゴルは、国連に加盟している国の中で最も人口密度が低い。詳細は「国の人口密度順リスト」を参照

以下に、主な地域の人口密度を示す。2017年度データにて作成。単位は人/km2。ただし、シンガポールなど、極端に面積の小さいものは除いてある。

1位 バングラデシュ 1130

2位 台湾 650

3位 大韓民国 513

4位 ルワンダ 467

5位 ハイチ 415

6位 オランダ 413

7位 ブルンジ 410

8位 インド 401

9位 ベルギー 372

10位 フィリピン 347

11位 日本 335

都市国家や、あまりにも狭小な国の人口密度をそうでない国と同列に語ることは学術面からみて適切でない。そのため、それらは以下の別枠で扱うこととする。

(以下、何年度のデータか不明)

モナコ 22,021(2011年)

シンガポール 6,430

バチカン市国 2,000

マルタ 1,260

モルディブ 1,070

バーレーン 987

バルバドス 642

世界の主な都市の人口密度

マレモルディブの首都)35,000 人/km2(世界一とされる)

マカオ 18,000 人/km2半島部(約8.7km2)で約60,000人弱/km2の人口密度があり、世界でもトップクラスの過密地帯となっている。

香港 6,688 人/km2香港は山岳地を多く抱えるため、単純密度は東京23区よりも低いが可住地の人口密度は非常に高い。


ご協力下さい!!
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:31 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE