交通
ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]

この項目では、交通一般について説明しています。日本における交通については「日本の交通」をご覧ください。
エジプトの海上交通

交通(こうつう)とは、や物が物理的に行き交うことであり、人間の社会活動に伴って発生する社会現象である。「交通」は広義には思想の場所的移動(通信)も含む概念である[1]。ただし、一般に「交通」という場合には通信を含まない語として使われる場合がほとんどであり、例えば学問上も交通工学や交通経済学、交通地理学といった学問領域は通信を対象に含めない。


目次

1 概要

2 交通機関

2.1 交通機関の要素

2.2 交通機関の特性

2.3 交通手段


3 交通の歴史

3.1 交通の起源

3.2 初期の交通

3.3 車輪の発明

3.4 街道の整備

3.5 鉄道の発明

3.6 旅行の大衆化

3.7 自動車の発明

3.8 飛行機の発明

3.9 現在


4 現代の交通

4.1 概観

4.2 陸上交通機関

4.2.1 鉄道

4.2.2 自動車

4.2.2.1 バス

4.2.2.2 タクシー

4.2.2.3 トラック

4.2.2.4 自家用車

4.2.2.5 自動二輪車


4.2.3 自転車


4.3 水上交通機関

4.4 航空交通機関


5 影響

5.1 計画

5.2 環境


6 脚注

7 関連項目


概要

交通という経済活動は、物を移動する必要性という交通需要とそれを移動させる交通労務の供給の上に成立するとされる[1]。交通は移動の対象から旅客交通と貨物交通に分けられる[1]。旅客交通における交通需要としては、日常的な通勤通学・通院などから観光まで様々なものがある。また、交通は移動の場所から陸上交通、水上交通、航空交通に分けられる[1]
交通機関

交通の手段・方法として整備された体系を交通機関または交通システムと呼ぶ。交通機関は、人間社会の発達に従って、より高度な手段を提供するように発達してきた。逆に交通機関における技術革新が人間社会の姿を大きく変化させてきた側面もある。
交通機関の要素

交通機関には、通路、運搬具、動力の三要素があるとされる[2]
通路
鉄道路線道路航路航空路などを指す。鉄道の線路・舗装路・運河のように著しい工事が必要なものと航路や航空路のようにほぼ自然のままのものとがある[2]。単一もしくは複数の交通機関によって網の目のようにめぐらされた交通路を交通網(交通ネットワーク)という。
運搬具
現代の交通機関の代表例として車両航空機船舶などがある。
動力
交通機関の動力としては、人力・畜力・風力・水力など自然的なものと、蒸気力・石油燃焼爆発力・電力など人工的なものとがある[2]。歴史的には交通機関は動力面において馬車から蒸気機関車・電車などへ、帆船から蒸気船・モーターボートなどへと機械化が進んだ。

かつて交通手段は人足、牛馬、ラクダといったもので運搬具と動力が未分化であったが、運搬具と動力源の分離によって自然的制約を受けることが少なくなり交通の発達に画期的な進歩をもたらしたとされる[2]

今日の交通機関は、ITS鉄道の運行計画、道路の信号制御、航空管制などを代表とする運行制御システム、また、運賃、収益管理、マーケティングなどの営業システムの点で著しい発達を遂げている。
交通機関の特性

交通機関には、次のような特性がある。
公共性
交通網が高度に発達した現代社会においては人や物は交通網を利用して円滑に移動することを前提とするようになった。


ご協力下さい!!
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:55 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE