交換船
◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]
横浜港に戻った第1次日英交換船の鎌倉丸

交換船(こうかんせん)とは、第二次世界大戦当時に、開戦により枢軸国連合国双方の交戦国や断交国に取り残された外交官や駐在員、留学生などを帰国させるために運航されたのことである。戦時交換船や抑留者交換船などとも呼ばれる。


目次

1 いきさつ

2 運航概要

2.1 運航船舶の船籍

2.2 航海中の安全保障


3 ルート

3.1 第一次日米交換船

3.1.1 日本側

3.1.2 アメリカ側


3.2 第二次日米交換船

3.2.1 日本側

3.2.2 アメリカ側


3.3 第三次日米交換船(計画のみ)

3.4 日英交換船

3.4.1 日本側

3.4.2 イギリス側

3.4.2.1 イギリス

3.4.2.2 イギリス領インド

3.4.2.3 オーストラリア




4 乗客

4.1 国籍

4.2 交換対象者の身分

4.3 主な乗船客

4.3.1 日本側

4.3.2 英米側


4.4 その他の「乗客」

4.4.1 諜報員

4.4.2 返還遺骨



5 帰国後

6 他国の交換船

6.1 イタリア/ドイツとイギリス

6.2 イタリア/ドイツとアメリカ


7 脚注

8 参考文献

9 関連項目

10 外部リンク


いきさつイギリス領マレーのクアラルンプール市街を進む日本軍ロサンゼルスリトル東京

1941年12月8日に、日本軍がマレー作戦を発動しイギリスイギリス連邦諸国の間に開戦し、続いてアメリカオランダオーストラリアニュージーランドなどの連合国との間で開戦した。

その後、両陣営において、開戦により交戦国や断交国に残された外交官や民間人(企業の駐在員や宗教関係者、研究者留学生とそれらに帯同した家族などの一時在住者)の帰国方法が問題になった。

しかし、開戦後に両陣営の国家同士の国交が断絶され、それぞれの国に駐在する外交官の資格が停止されたことに伴い、政府間の直接交渉が不可能になったことから、まずアメリカの国務省が、12月17日中立国であるスイスを経由して日本の外務省に交換船の運航を打診し、その後、スイスやポルトガルスウェーデンなどの中立国を通じて日本とイギリス、アメリカの各外務省担当者が交渉を行った[1]

さらにブラジルペルーパナマメキシコなど、かねてから日本人在留者が多かった一部南米諸国もアメリカからの圧力を受けて1942年1月に日本との国交を断絶した上に、日本軍がイギリス領マラヤやイギリス領香港イギリス領ビルマアメリカ領フィリピンなどにいた各植民地軍を瞬く間に放逐したため、これらの地の残留外交官と残留民間人の扱いも議題に上がることとなった。


是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:42 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE