井上嘉浩
[Wikipedia|▼Menu]

井上 嘉浩
誕生 (1969-12-28)
1969年12月28日
日本 京都府京都市右京区
死没 (2018-07-06) 2018年7月6日(48歳没)
日本 大阪府大阪市都島区大阪拘置所
ホーリーネームアーナンダ
ステージ正悟師
教団での役職諜報省長官
入信1986年
関係した事件VX事件
公証人役場事務長逮捕監禁致死事件
地下鉄サリン事件
判決無期懲役 → 死刑(執行済み)
現在の活動死亡(刑死)

井上 嘉浩(いのうえ よしひろ、1969年12月28日 - 2018年7月6日)は、元オウム真理教幹部。元死刑囚京都府京都市右京区出身。ホーリーネームアーナンダ。教団内でのステージは正悟師。
目次

1 来歴

2 裁判

3 死刑確定後

4 死刑確定後開かれた共犯者の裁判員裁判での主な証言

4.1 公証人役場事務長殺害説

4.2 菊地直子との対立

4.3 その他


5 人物像

6 関連事件

7 脚注

来歴

幼少期はドキュメンタリー番組が好きで世界の貧困問題やの殺処分問題に関心があり、NHK新宗教と若者をテーマにしたドキュメンタリー番組に出演したこともある。父は真面目な性格であったが家でもくつろげず、夫婦喧嘩をよく起こし、父のような生き方をしても幸福はないと感じた。母は自殺未遂をしたこともあった[1][2]武道ヨーガ阿含宗を経て高校2年の頃(1986年)オウム神仙の会のセミナーに参加し麻原彰晃の姿に感銘を覚え、麻原を理想的な親のように感じた。

1988年京都の私立洛南高等学校を卒業し、3月1日に出家。親と麻原との交渉では大学を出てから出家する予定であり、日本文化大学法学部へ入学するが麻原の指示で中退。後に井上は大学を出ていないので教団内では重要な立場に無かったと主張したが、もっとも本人も大学に行く気は無く卒業即出家したがっていたという[1][3]。その後母親もオウムの在家信者となる[4]

1990年石垣島セミナーの頃からヴァジラヤーナの非合法路線に関与する[5]。私立探偵目川重治から盗聴技術を教わったこともあるとされ[6]、教団が省庁制を採用した後は諜報省(CHS)長官として盗聴誘拐不法侵入などを実行、駐車場経営者VX襲撃事件会社員VX殺害事件被害者の会会長VX襲撃事件公証人役場事務長逮捕監禁致死事件地下鉄サリン事件など一連のオウム真理教事件に関与する。新宿駅青酸ガス事件東京都庁小包爆弾事件には首謀者として関わった。地下鉄サリン事件の3日前の尊師通達で正悟師に昇格した。

公証人役場事務長逮捕監禁致死事件で特別指名手配されていたが、1995年5月15日秋川市(現:あきる野市)で発見され、公務執行妨害の疑いで、豊田亨と共に現行犯逮捕される。乗っていた車の中から東京都庁小包爆弾事件島田裕巳宅爆弾事件で使われた爆発物の原料となる物質が発見された。

1995年12月26日付で、オウム真理教から脱会したとして、サマナや信徒宛にメッセージを出し、脱会を促す。メッセージの中では「グルの意思」の名の下になした修行の結果、生じた犯罪行為によって身体は拘束されているが、心は以前よりもずっと自由である旨が記されていた。さらに、教団で培った様々な観念は崩れ去り、覚醒を得ようとするなら「最終解脱者」や「救済者」は必要がない、「尊師」も「正大師」も「サマナ」もそんな階級などいらない、教団など何一つとして必要ないと言い切った[7][8]
裁判

裁判ではオウム事件を反省する態度を見せたが、自分が重用されていなかったと主張し責任を矮小化・転嫁する傾向があり、証言の信憑性に疑問が持たれた[9]。第一審では死刑求刑されたが、目黒公証役場事務長事件では逮捕監禁罪を認めたが逮捕監禁致死罪を認めず、地下鉄サリン事件では連絡役に留まるとして2000年6月6日東京地裁無期懲役判決を受けた。オウム真理教事件において死刑求刑に対して無期懲役判決が言い渡されたのは初めてであった。

だが検察控訴。さらに新実智光も「今の井上君は『蜘蛛の糸』のカンダタと同じだ」として、地下鉄サリン事件で井上がかなり重要なポジションにあったこと、島田裕巳宅爆弾事件の直後に井上が「やったやった、この事件は新聞に載るくらいの事件だ」と喜んでいたことなどを証言し始めた[10]。これ以前にも井上の部下で運転手だった井田喜広が、井上が坂本堤を「バカなやつ」「悪業だから一家全員をポアした」、薬剤師リンチ殺人事件の被害者を「すごく汚かった」「断末魔がすごい」と面白がっていたと証言したり、遠藤誠一が「井上はよく嘘をつく」「麻原からアーナンダは死に神をも騙すと言われていた」と証言するなど[11]、麻原追及の急先鋒を演じる井上の立場は揺らいでいた[12]

控訴審(東京高裁、2004年5月28日)では目黒公証役場事務長事件の逮捕監禁致死罪を認め、地下鉄サリン事件の現場指揮者ではないが総合調整役として無差別大量殺人に重要な役割を担ったことが認定され、一審判決が破棄されて死刑判決を言い渡された。2009年12月10日上告棄却2010年1月12日に上告審判決に対する訂正申し立てが棄却され[13]、死刑が確定した。オウム真理教事件で死刑が確定したのは9人目。
死刑確定後

2018年(平成30年)3月14日までは、井上を含め、オウム真理教事件の死刑囚13人全員が、東京拘置所に収監されていた[14][15][16][17]


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:70 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE