二大政党
ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]

政治シリーズ記事からの派生
政党政治
政治的スペクトル

左翼・右翼

左翼 - 極左

中道左派 - 中道 - 中道右派

右翼 - 極右

政治的シンクレティズム


政党制

無党制

一党独裁制

一党制

ヘゲモニー政党制


複数政党制

一党優位政党制

一大政党制


二大ブロック制

二大政党制


穏健な多党制

三大政党制

北欧五党制


分極的多党制

原子化政党制


一覧

Category:各国の政党

各国の政党(英語)

日本の政党一覧

Portal:政治学










二大政党制(にだいせいとうせい、:two‐party system)とは、政党制の一つで、二つの主要な政党が最近の主な選挙で大きな得票や議席数を保っている状態や、それを前提とした政治体制である。


目次

1 概要

2 代表例

3 脚注

4 関連項目


概要

二大政党制は通常、国家制度や政党制度としては複数政党制だが、二大政党が大半の集票・議席・影響力・政権担当実績などを保持している点で、多党制と対比される。しかし、どこからを二大政党制または多党制と呼ぶかは学者や時期や観点によっても異なり、明確な定義は存在しない。

二大政党制では、政権交代が比較的容易であり、多党制で多く見られる連立政権はまれにしか発生せず、発生した場合は大連立挙国一致内閣などと呼ばれる。なお多党制も政党間のイデオロギーの差異によって穏健な多党制分極的多党制とに分けられる。

ジョヴァンニ・サルトーリの指摘では、二大政党制はイギリスや、イギリスから独立したアメリカ合衆国カナダオーストラリアニュージーランドなどのアングロサクソン諸国で多く見られる。

二大政党制の背景には、主要な二大政党以外からは大量当選が困難な選挙制度である小選挙区制や、国民イデオロギーや支持層が「保守革新(またはリベラル)」など2種類または2方向に大別できること、更に両政党が比較的穏健かつ民主的であり現実的な政権交代を相互に許容できること、などが挙げられる。

二大政党制の利点には、二大政党による政策論争が国民にわかりやすく、二大政党への参加や支持が容易で、現実的な政権交代が容易なため国民に実質的な選択の余地があり、長期政権に発生しがちな腐敗防止や、政権獲得時に国民の支持を背景にした大胆な政策転換を行いやすいこと、などが挙げられる。また、中間層の有権者の支持を得る為に二つの政党の政策が似たものとなる傾向があり、少数派の意見をくみ取る政党がなくなるという問題があるが、ジョヴァンニ・サルトーリの主張ではイデオロギーの差異が小さいことは良い政治であり、この点を利点とする立場もある。

二大政党制の欠点には、二大政党の思想や政策が離れている場合にはイデオロギー的あるいは感情的な対立になりやすく、政権交代の発生時には大幅な政策変更により政治の不安定化を招く場合があること、逆に二大政党の思想や政策が接近している場合には国民に選択の余地が狭く多様な意見や思想を反映しにくいこと、同じ政党・政策・支持勢力などが長期間存続しがちなため政党内の新陳代謝や政策転換が進みにくいこと、特に二大政党間で談合汚職などが常態化した場合には致命的な政治不信を引き起こしやすいこと、あるいは二大政党制へ誘導するための小選挙区制では大量の死票が発生すること、などが挙げられる。アーレンド・レイプハルトの合意形成型民主主義の考え方に立てば、二大政党制を基盤とする多数決型民主主義においては多党制を基盤とする合意形成型民主主義より、少数意見の代表性が相対的に低いとされる[1]
代表例

二大政党制と呼ばれる国と時期には以下があるが、その定義や範囲は学者によっても異なる。

ジョヴァンニ・サルトーリの指摘するアングロサクソン諸国

イギリス - 1800年代以降のトーリー党(後の保守党)とホイッグ党(後の自由党)。1920年代以降は保守党と労働党第一次世界大戦大恐慌第二次世界大戦の際には大連立が行われた。1980年代以降は第3勢力の自由民主党や、地域政党スコットランド国民党などの得票率が拡大しているが、議席数は二大政党と大差がある。2010年の総選挙ハング・パーラメント状態となり戦後初の連立政権が誕生し、自由民主党が政権参加した。2015年の総選挙では保守党が過半数を制して単独政権に戻ったが、スコットランドの選挙区の殆どをスコットランド国民党が制したため同党が自由民主党に代わって第三党になっている。2017年の総選挙では保守党が再び過半数割れをおこし地域政党の民主統一党が閣外協力することとなった。

アメリカ合衆国 - 共和党民主党。他にアメリカ共産党などの少数政党や、ロス・ペロー大統領選挙立候補などの動きはあるが、議会や大統領選での当選例はほとんど無い。「アメリカの政党」も参照。

カナダ - 1993年まではカナダ進歩保守党カナダ自由党の二大政党制。1993年の総選挙で進歩保守党が大敗したために二大政党制が崩れたが、その後カナダ保守党が政権に就いて自由党との二大政党制となった。2011年の総選挙ではそれまで第3党だった新民主党が第2党に浮上し、従来の保守・自由の二大政党制が崩れたが、2015年の総選挙では自由党が議会の第1党の座を奪回する一方、新民主党が第3党に後退したため再び自由・保守の二大政党制に回帰した。他にブロック・ケベコワなどが存在する。

オーストラリア - 保守連合労働党。保守連合は自由党オーストラリア国民党の連合だが、選挙協力と連立協定が長期化しているため、二大政党制とも呼ばれる。


是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:21 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE