中道左派
[Wikipedia|▼Menu]

この記事は検証可能参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2014年12月)

この記事には独自研究が含まれているおそれがあります。問題箇所を検証出典を追加して、記事の改善にご協力ください。議論はノートを参照してください。(2014年12月)

中道左派(ちゅうどうさは、英語:Centre-left)とは、政党あるいは政党グループの分類。穏健な左派のこと

一般的に中道左派は国家共同体による富の再分配福祉社会保障を積極肯定する勢力とされている。しかし右翼、極右、オルド自由主義緑の保守主義なども社会保障や格差是正を主張している。近年ではアメリカクリントン政権やイギリスブレア政権に見られるように、中道右派政党の新自由主義市場原理主義的経済政策をある程度取り入れ、積極的に民営化・自由化を行うなどかつての社会民主主義とは異なった考え方(社会自由主義)を主に意味するようになった。また、社会民主主義において民営化路線を取り入れたイギリス労働党・ブレア政権の第三の道・またはそれに近いドイツ社会民主党シュレーダー政権のような中道路線(リベラリズム)を指す言葉としても用いられる。近年の中道左派路線である第三の道は、市場万能主義(ニュー・ライト=サッチャリズム)と計画万能主義(オールド・レフト)をアウフヘーベン(止揚:良いところどり)し、旧来の社民主義を再編した新しい道としてアンソニー・ギデンズによって唱えられ、ブレア政権によってイギリスで実現して以来、1990年代欧州で多くの現代的意味での中道左派政権が誕生していった、(リベラル・コミュニタリアニズム市場社会主義)。

しかしながら、2000年代の世界金融危機以降の世界的な経済不況、グローバリゼーションによる格差拡大等の問題が深刻化したが、社会民主主義でも格差は残されたままである。

アメリカの民主党は中道左派だが戦争参加も肯定しており「リベラル」と呼ばれることが多い。またヨーロッパでは自由主義にルーツを置くリベラル系の中道左派は社会自由主義と呼ばれることが多い。このような意味で、学界では、イタリア民主党からイギリス労働党まで、かつての左翼をも取り込んだカテゴリーを総称する傾向にある。なお共産主義はふつう左翼だと考えられ、中道左派には含まれない。
目次

1 「中道左派」とされている主な政党

1.1 アジア

1.2 アメリカ

1.3 ヨーロッパ

1.4 オセアニア

1.5 アフリカ


2 脚注

3 関連項目

「中道左派」とされている主な政党

この節は検証可能参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2015年4月)

この節には独自研究が含まれているおそれがあります。問題箇所を検証出典を追加して、記事の改善にご協力ください。議論はノートを参照してください。(2015年4月)

アジア

国名党名
イスラエル労働党
インドインド国民会議
国民会議党
全国ジャナタ・ダル
スリランカスリランカ自由党
韓国共に民主党
正義党
中華民国民主進歩党
時代力量
トルコ民主左派党
共和人民党
日本立憲民主党[1]
社会民主党
ネパールネパール会議派
 パキスタンパキスタン人民党
香港工党
新民主同盟
民主建港協進聯盟
工聯会
マレーシア民主行動党
モンゴルモンゴル人民党

アメリカ

国名政党
アメリカ合衆国民主党
アメリカ緑の党
アルゼンチン正義党
ウルグアイ拡大戦線
カナダ新民主党
カナダ自由党
コスタリカ国民解放党
 チリ[2]チリ社会党 
民主主義のための政党  
急進社会民主党 
メキシコ民主革命党
制度的革命党

ヨーロッパ

国名政党
アイスランド同盟
アイルランド労働党


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:29 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE