中川智正
[Wikipedia|▼Menu]

中川 智正
誕生 (1962-10-25)
1962年10月25日
岡山県岡山市
死没 (2018-07-06) 2018年7月6日(55歳没)
日本広島県広島市中区広島拘置所
ホーリーネームヴァジラティッサ
ステージ正悟師
教団での役職法皇内庁長官
入信1988年2月
関係した事件坂本堤弁護士一家殺害事件
松本サリン事件
地下鉄サリン事件
判決死刑(執行済み)
現在の活動死亡(刑死)

中川 智正(なかがわ ともまさ、1962年10月25日 - 2018年7月6日)は、元オウム真理教幹部。元死刑囚岡山県出身。ホーリーネームはヴァジラ・ティッサ。 2018年、死刑執行。
目次

1 人物・経歴

2 入信・出家

3 出家後

4 事件との関わり

4.1 坂本弁護士事件

4.2 化学兵器

4.3 逮捕


5 公判

5.1 一審

5.2 控訴審以降


6 死刑確定から死刑執行へ

7 証人

8 その他

8.1 アンソニー・トゥーとの交流


9 脚注

10 関連事件

人物・経歴

岡山市内の繁華街で洋服販売店を営む両親のもとに長男として生まれる。1978年3月岡山大学教育学部附属中学校、中学時代のあだ名は「ケツ」。1981年3月岡山県立岡山朝日高等学校卒業。高校時代には「嫌いな人間はいない」と豪語[1]手塚治虫「ブッダ」の影響で医師の道を目指し、一浪を経て1982年京都府立医科大学医学部医学科に進学[2]。大学では柔道部に所属した。

大学祭では実行委員長を務め、明るく温厚で実直な人柄から交友関係は広かった。また、障害者のボランティアをしていて、学園祭で車椅子を押して会場を回るなど、正義感が強く優しい青年だった[3]
入信・出家

1988年2月24日オウム真理教に入信。

オウムと最初の出会いは、1986年11月にたまたま見かけた麻原の著作『超能力秘密の開発法』を読んだことである。当初は特に興味もわかず、本も途中までしか読まずに放置した。しかし医師国家試験合格から就職までの空いた期間に、ほんの興味本位で麻原のヨガ道場をのぞいたことが発端となった。1988年1月に宣伝ビラや情報誌でオウム真理教の音楽コンサート「龍宮の宴」の開催を知り、どうしても行かねばならぬように気がして、1988年1月に最終公演を観に行った。初めて麻原に会ったが、麻原に後ろからいきなり「中川」と声をかけられた。初めて会ったのになぜ自分の名前を知っているのだろうと驚きを感じた。直後大阪支部道場に行って早川紀代秀と話した。それでも入信する気は起きなかったが、「龍宮の宴」から数日後「お前はこの瞬間のために生まれてきたんだ」という幻聴が聞こえるなどの神秘体験を経験。この神秘体験は強烈で「口では言い表せないくらいの衝撃で、もう俗世では生きて行けない」とまで考えた。1988年2月に再び大阪支部に行き平田信新実智光井上嘉浩と話し、入信を決意した[4][5]

1988年5月に医師免許を取得し、研修医として一年ほど勤めたが、6月に体から意識が抜け出すのを感じて手術室で失神。精神科も受診したが通院は続かず、1989年8月31日、周囲の反対を押し切り退職し看護師の恋人とともに出家[4](恋人はのちに中川とともにサリン生成に従事し逮捕)。
出家後

1990年7月頃にオウム真理教附属医院が開設されると同医院の医師となったが診察は行わず麻原彰晃の主治医として健康管理などをしていた[6]。麻原の子を孕んだ石井久子帝王切開も担当したが、経験が無かったので薬の投与を間違え石井を殺しかけたこともあった[7]

1990年第39回衆議院議員総選挙には真理党から旧神奈川3区で立候補し落選。

教団が1994年省庁制を採用すると、法皇内庁長官になり、側近として活動した[6]地下鉄サリン事件の3日前の尊師通達で正悟師に昇格。

1995年8月22日、自ら申請して医師免許取消処分。
事件との関わり
坂本弁護士事件

出家してわずか2ヵ月後、坂本堤弁護士一家殺害事件に関わることになる。1989年11月2日夜、富士山総本部の麻原の部屋へ呼びつけられ、部屋には早川紀代秀村井秀夫など主だった幹部が集まっていた。「坂本は教団批判をしている。あいつは許せない。殺さなければ。家に帰る途中でさらって注射を打つのはどうだ」と麻原に言われる。中川が坂本弁護士の名を聞いたのはこのときが初めてであった。当時、オウム真理教に出家した子供を返すよう、求める抗議が相次いでいた。親たちの訴えを受け、教団に強く働きかけていたのが横浜の坂本堤弁護士であった[2]

翌朝、中川は5人の幹部とともに富士山総本部を出発。坂本弁護士を外で待ち受ける計画は失敗。報告を受けた麻原は家に押し入り、一家を殺害するよう指示。午前3時、中川は他の幹部のあとより坂本の自宅へ入る。先頭は新実智光端本悟、中川は一番後ろだった。ドアは開いており、最後に入った中川はドアを閉めた際に音を立ててしまい、他の幹部に「静かにしろ」と叱責される。部屋では家族3人が川の字になって寝ていた。緊張で胸がどきどきしどおした。中川は最初に成人男性の坂本の抵抗力を封じる目的で薬剤を注射。その後、1歳の長男龍彦に手をかける。このとき坂本の妻に「せめて子供だけは」と懇願されるがその願いに耳を貸すことはなかった。そうこうするうちに龍彦は目を覚まして泣きだした。これに対し誰かになんとかしろと言われ、あやしてなだめる手段は講じず、座布団をかけたのち、口をふさぎ殺害した。3人の遺体を車に乗せ富士山総本部へ向かうが、その車中、中川は怖くて何がなんだか分からず目をつぶっていたが体の震えが止まらなかったという[4]

総本部に到着した時には呆然としていたが、麻原から平然と「顔色が悪いね」とねぎらわれる。この事件の功績を認められ、中川は麻原の側近に取り立てられ、その後の一連の事件に関わっていくことになる。坂本弁護士の事件はいちばんショックであったが、そのあとは断れば自分もそういう目に遭うのだと思うに至る[4]

犯行時に中川がプルシャ(オウム真理教のバッジ)を事件現場に落としたため、オウム犯行説が当初から疑われ教団は反論に追われることとなった。だが結局1995年まで真相が明らかになることはなかった[8]
化学兵器

1993年10月からは教団の武装化路線の本格化と土谷正実によるサリン合成の成功に伴い、土谷とともに化学兵器製造に従事。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:76 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE