中央構造線
[Wikipedia|▼Menu]
■ 赤線が中央構造線、青線に囲まれたオレンジ色の部分はフォッサマグナ

画像提供依頼:中央構造線の各地の露頭の画像提供をお願いします。(2016年3月)

中央構造線(ちゅうおうこうぞうせん。: Median Tectonic Line)は、日本最大級の断層である[1][2]。英語表記からメディアンラインやメジアンラインとも言い、略して MTL とも言う[注釈 1]。注:「中央構造線」は地下の断層の面を地上に延伸した地表トレースの線だけを指すべきだとする意見もあるが、多くの場合、断層自体を指して「中央構造線」と呼んでいるのが実情である[1]。なお本項では、地質境界の断層としての「中央構造線」だけでなく、単に中央構造線と呼ばれることもある活断層中央構造線断層帯」についても解説している。
目次

1 解説

1.1 概略

1.2 形成


2 各地の中央構造線

2.1 関東地方

2.2 中部地方

2.3 近畿地方

2.4 四国地方

2.5 九州地方


3 地震活動との関連

3.1 中央構造線断層帯

3.2 伊方原子力発電所近くの活断層


4 観光関連

5 脚注

5.1 注釈

5.2 出典


6 参考文献

7 関連資料

8 関連項目

9 外部リンク

解説
概略 中央構造線起因の谷(画像右端)が南北に走る長野県伊那地方

九州東部から関東へ、西南日本を縦断する大断層系。

1885年明治18年)にハインリッヒ・エドムント・ナウマンによりその概念が提唱され、1915年大正4年)に矢部長克によって構造線の概念が規定された。中央構造線を境に北側(大陸側)を西南日本の内帯 (Inner Zone)、南側(海溝側)を西南日本の外帯 (Outer Zone) と呼んで区別している[2][3]。一部は活断層である[3]

構造線に沿って南北に分布する岩石は、北側(内帯側)は領家変成帯中生代ジュラ紀付加体が同白亜紀に高温低圧型変成を受けたもの)、南側(外帯側)は三波川変成帯(白亜紀に低温高圧型変成を受けたもの)である[2][4]長野県には、領家変成帯と三波川変成帯が直に接しているのを確認できる北川露頭がある[5]#観光関連を参照)。しかし四国においては領家変成帯は和泉層群(和泉帯)に覆われがちとなり、構造線は和泉帯と三波川変成帯の境界となっている。領家変成帯には白亜紀の花崗岩も見られる[4][6]。なお、領家変成帯と三波川変成帯のそれぞれを覆う後期の地層の境界をなす断層も、中央構造線だと定義されている[1]

中央構造線は、九州東部から諏訪湖(長野県)付近まではほとんど途切れずに地表トレースが認められる[7]。しかし糸魚川静岡構造線(糸静線)より東のフォッサマグナ地域では、フォッサマグナのを埋めた新第三紀堆積岩に覆われている。第四紀に大きく隆起している関東山地では古第三紀以前の基盤岩が露出し、その北縁の群馬県下仁田町に中央構造線が露出している[8]関東平野では新第三紀や第四紀の地層に覆われている。九州中部でも新第三紀後期以後の火山岩や[要出典]阿蘇山をはじめとする現在の火山におおわれている[9]近畿南部から四国にかけては、中央構造線に沿って約360kmにわたり活動度の高い活断層(#中央構造線断層帯を参照)が見られ[10][11]、要注意断層のひとつとされている[12]。「フォッサマグナ」も参照 中央構造線とフォッサマグナ糸魚川静岡構造線が交差する諏訪湖周辺
形成

ジュラ紀の末から白亜紀の初め(約1億4千万-1億年前)、日本列島の元となる大地はまだアジア大陸の東の縁であり、そこに中央構造線の原型となる断層の横ずれ運動が起こった[13]。横ずれ運動はイザナギプレートユーラシアプレートに対してほぼ平行に北上したために起こり[13][14]、より南にあった北海道西部・東北日本・西南日本外帯に当たる部分が北上した[13]。この運動により、それまで離れて存在していた領家変成帯と三波川変成帯が大きくずれ動いて接するようになった[6]。この時形成されたのは古期中央構造線[15](古中央構造線[16]、古MTL[16]とも)と呼ばれている。また、この断層運動の時期は鹿塩時階[注釈 2]と呼ばれており[3][4]、白亜紀中期にあたると考えられている[3]


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:111 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE