中央アジア
◇ピンチです!◇
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]
国際連合によるアジアの地域の分類(中央アジアは紫)[1]  北アジア  中央アジア  西アジア  南アジア  東アジア  東南アジア中央アジアのいくつかの定義。狭い順に
濃茶: ソ連の定義
+茶: 現代的な定義
+淡茶: UNESCOの定義中央アジアの位置

中央アジア(ちゅうおうアジア)は、ユーラシア大陸またアジア中央部の内陸地域である。18世紀から19世紀にかけては一般にトルキスタンを指したが[2]、現在でも使用される。トルキスタンとは「テュルクの土地」を意味し、テュルク(突厥他)系民族が居住しており、西トルキスタン東トルキスタンの東西に分割している。

西トルキスタンには、旧ソ連諸国のうちカザフスタンキルギスタジキスタントルクメニスタンウズベキスタンの5か国が含まれる(以下、中央アジア5か国と記す)。

東トルキスタンは中華民国に併合されて以降、新疆省と成り、中華人民共和国に併合されて以降は新疆ウイグル自治区と成った。中国領トルキスタン、ウイグルスタンともいう。

広義には、「アジアの中央部」を意味し、東西トルキスタンのほか、カザフステップジュンガル盆地チベットモンゴル高原アフガニスタン北部、イラン東部、南ロシア草原を含む[3]UNESCOはトルキスタン以外にも、モンゴル地域、チベット地域、アフガニスタンイラン北東部、パキスタン北部、インド北部、ロシアシベリア南部などを中央アジア概念の中に含めている。「中央ユーラシア」も参照


目次

1 定義

1.1 旧ソ連における定義

1.2 UNESCOにおける定義

1.3 東洋史研究における定義など


2 西トルキスタン

3 東トルキスタン

4 歴史

4.1 古代

4.2 中世

4.2.1 柔然

4.2.2 突厥

4.2.3 ウイグル可汗国

4.2.4 カラハン朝とテュルク・イスラーム

4.2.5 契丹と西遼

4.2.6 モンゴル帝国

4.2.7 ティムール朝


4.3 近世

4.3.1 ウズベク・カザフ

4.3.2 ロシアの征服

4.3.3 ジュンガル、清の進出


4.4 近代

4.4.1 20-21世紀

4.4.2 ソ連崩壊後



5 言語

6 脚注

7 関連項目

8 外部リンク


定義

中央アジアの概念はドイツアレクサンダー・フォン・フンボルト1843年に提唱した。その他、古生物学などでは、モンゴルを中央アジア、中央アジア5か国を中部アジアと言って区別することがある。
旧ソ連における定義

ソ連は、現代の中央アジア5か国からカザフスタンを除いた地域に当たる、キルギスССРタジクССРトルクメンССРウズベクССРの4共和国をСредняя Азияと定めていた。


ご協力下さい!!
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:77 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE