世界
◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]

「世界」のその他の用法については「世界 (曖昧さ回避)」をご覧ください。

世界(せかい、: loka-dhaatu、: Mundus ムンドゥス、: World)は、

(仏教用語、loka-dhaatu) 宇宙の中のひとつの区域で、一仏の教化する領域[1]。例:「三千大千世界[1]」「娑婆世界[1]

地球上の人間社会のすべて[1]人間社会全体。限定された社会ではなく、全ての社会の集合、全人類の社会を指す[2]。地球上の全ての国[2]。万国の意。特定の一ではなく全ての国々ということ。報道・政治等で多用される用法。例:「世界政治」「世界経済」「世界の歴史」「世界人口」「世界の地理」。類義語に「国際」や「グローバル」。

人の住むところ[1]

世の中[1]。類義語に「世間」。

同類の者の集まり[1]、またその社会。例:「学者の世界[1]」「役者の世界」「芸術家の世界」

特定の文化・文明を共有する人々の社会やそのまとまりを指す。「キリスト教世界」「イスラム世界」。また「第一世界」「第二世界」「第三世界」のように冷戦体制下で見られた陣営ごとの国々のまとまりを指すこともある。

すべての有限な事物や事象の全体[2]宇宙[2]

特定の範囲[1]。例: 「勝負の世界」

歌舞伎浄瑠璃で、特定の時代・人物による類型[1]。例:「義経記の世界[1]」。

[要出典]フィクション文学において、上項の「世界」概念を拡大解釈し、ある生物が活動する社会・空間・天体など。


目次

1 概説

2 語の由来と歴史

3 世界の諸地域

3.1 大局的な分類

3.2 局地的な分類

3.3 大州


4 国際機関・組織

4.1 NGO(非政府組織)


5 その他

6 脚注

7 関連項目

7.1 世界に関する一覧

7.2 「世界」に関連するさらに掘り下げた内容の記事


8 外部リンク


概説

「世界」という言葉には上述のように多義的に用いられている。 主として何らかの社会と関連のある空間を意味する多義的な言葉である。人間などあるものと関連づけられた、社会的、政治的、経済的ないし人文地理的概念として用いられることが多い。

類義語にあたる「社会」では、集団共同体に焦点が当てられており、縁故等の対人関係までが連想される。「世界」は空間概念としては現代では(人々の活動範囲が広がったため)「地球上の全地域」を意味することが多いが、「地球」は日本語では人類の活動の場という意味合いをあまり含めず、自然科学的側面からみた物体や物理的空間としての用例が多い。

世界、および、世界における人間のありかたについての、まとまった考え方のことを「世界観」と呼んでいる[2]人生観とも部分的に重なるが、人生観よりも広い範囲を指し、人生観同様、多分に情緒的な評価づけを含んでいる。なお、「世界像」は世界観とは異なり、世界を外から眺めるような態度であり、そこでは、世界はあくまでも知的、客観的な分析の対象である。ただし、世界像はしばしばその時代に応じた検証を受け、伝統的な世界観を突き崩し、新しい世界観の知的基盤となることがある。言い換えれば、世界観とは各時代の各地に住む人びとの生活体験や伝統的な観念を基礎とし、知的体系としての世界像とむすびついて、各人の生き方や行動の指針となる考え方という意味である。

人間界の個人や集団が所属ないし活動する、物理的・社会的・心理的な領域を指して用いられることが多いが、人間以外の生物のそれ、あるいは非生物や抽象的事象の領域等に対して用いられることもある。本稿においては、主に人間界のそれについて述べる。
語の由来と歴史

日本語の「世界」は、インドから中国を経て漢語として日本に伝来した来歴を有している。

源流となっているサンスクリットはローカダートゥ(loka-dhaatu)である。


◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:37 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE