世界都市
[Wikipedia|▼Menu]
ロンドン ニューヨーク パリ 東京 北京 香港 上海 シンガポール

世界都市(せかいとし、: world city)とは、主に経済的、政治的、文化的な中枢機能が集積しており、世界的な観点による重要性や影響力の高い都市のことである。グローバル都市(: global city)ともいう。
目次

1 用語

2 定義

3 特徴

3.1 経済的特徴

3.2 政治的特徴

3.3 文化的特徴

3.4 社会基盤の特徴


4 対照的な概念

5 1970-1990年代

6 トップクラスの世界都市

6.1 ロンドン

6.2 ニューヨーク

6.3 パリ

6.4 東京

6.5 香港

6.6 シンガポール


7 各地域の世界都市

7.1 アジア

7.2 ヨーロッパ

7.3 北アメリカ

7.4 南アメリカ

7.5 中東

7.6 アフリカ

7.7 オセアニア


8 研究調査

8.1 グローバル都市指標

8.2 世界の都市総合力ランキング

8.3 JLL

8.4 GaWC


9 脚注

10 関連項目

用語

今日の「世界都市」に当たる言葉の淵源・由来やその歴史的意味合いについては色々な説があり、概念史の整理はまだついているとはいえない[1]地理学者で、「メガロポリス」の著者でもあるジャン・ゴットマンは、世界都市というのは文豪ゲーテが1787年に、ローマの歴史的な文化的卓越性をもった都市としての性質を表現するためにつくった、「Weltstadt」(ドイツ語での世界都市)という言葉にその源を発すると述べている[1]。一方、ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンの地理学者であったピーター・ホール(英語版)は「世界都市」を著し、スコットランドの地域計画家パトリック・ゲデスが「進化する都市」(1915年)という本の中で、「世界で最も重要なビジネスの極めて大きな部分が集積しておこなわれる大都市」のことを「世界都市」[2]と命名したと述べ、この言葉の由来をゲデスに求めている[1]

1991年、コロンビア大学教授のサスキア・サッセンは、著書「グローバル都市-ニューヨーク、ロンドン、東京」において、初めて「グローバル都市」[3]という表現を用いた[4]
定義

多国籍企業とグローバル・マネーの形成が本格化した1970年代、国際的な企業・法人本部とそれを支える活動の複合体を擁する都市を「世界都市」と定義し、こうした都市の育成をはかる議論が始まった[5]。1986年、カリフォルニア大学教授のジョン・フリードマン(英語版)は「世界都市仮説」を著し、世界都市を定義した[6]。フリードマンの主要な世界都市の定義は以下の通りである。

資本主義の世界システムの中で、法人の拠点、金融センター、グローバル・システムや地域・国民経済の結節点としてその機能を果たす都市[6]

多国籍企業がその基地として立地し利用するため、複雑な国際的・空間的階層の中に位置付けられる都市[6]

グローバルな管理機能の集積を反映して、法人の中枢部門、国際的な金融・輸送・通信・広告・保険・法務などの高次ビジネス・サービスなどが成長する都市[6]

フリードマンは多国籍企業の本社部門の所在それ自体を重くみる世界都市論を展開していたが、サッセンは「1960年代、1970年代に比べて都市の経済力を測定する尺度としては十分なものではなくなっている」と述べ、今や金融、高次法人サービスなどの活動こそが国際都市ヒエラルキーを左右し、世界都市を形成する要因として重要性をもつものと説明した[7]。経済活動の地球的な規模での分散が同時に地球規模の統合、コントロール機能の形成を促しており、こうしたセンター機能が集積する少数の都市(ロンドンニューヨーク東京など)こそグローバル都市だとした[8]

2017年、アメリカのシンクタンクであり、世界都市研究に深く関与し続けてきたシカゴ国際問題評議会(英語版)は、「何がグローバル都市を作るのか?」[9]という題名でグローバル都市の定義や傾向を定めた[10]。主な内容な以下の通りである。

世界経済をリードしている。

都市規模が大きい傾向にあるが、それだけでは十分ではない。

国内の若者なども含む、世界の人々を惹きつける魅力がある。

大学など高等教育が発展しており、子供や労働者にも充実した教育環境を提供している。

外国人の人口が多い。移民を惹きつける仕事があり、その情熱、気迫が都市のバイタリティーを高めている。

文化的な中心地である。博物館、劇場、レストラン、スポーツ、ナイトライフなどが充実している。

デスティネーション、いわば目的地であり、観光客にとって魅力的である。

政治的影響力があることは有利な条件である。首都ではないグローバル都市も領事館、シンクタンク、国際会議などを有する。

国際的なハブであり、グローバルな連結性が高い。都市圏にメジャーな国際空港がある。

グローバル都市に必要な先見の明のある指導者がいる。

生活の質が高い。公共交通機関、クリーンな生活環境、治安の良さ、ヘルスケア、地方政府の効率性などが発展している。

オープンである。移民、デジタルコミュニケーション、トレードの制限などが少ない。報道の自由度が高い。

特徴
経済的特徴 ニューヨーク証券取引所


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:111 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE