世界保健機関
[Wikipedia|▼Menu]

「WHO」はこの項目へ転送されています。その他の用法については「Who」をご覧ください。

世界保健機関
各国語表記

World Health Organization(英語)
Organisation Mondiale de la Sante(フランス語)
Всемирная организация здравоохранения(ロシア語)
世界?生??(世界衛生組織)(中国語)
Organizacion Mundial de la Salud(スペイン語)
????? ????? ????????(アラビア語)
WHOの旗(蛇と杖のマークはギリシャ神話の医学神アスクレピオスに由来する
概要専門機関
略称英語: WHO
フランス語: OMS
代表テドロス・アダノム(英語版)
状況活動中
活動開始1948年
本部スイスジュネーヴ
公式サイト ⇒World Health Organization(日本語)
World Health Organization(英語)
United Nations World Health Organisation
Portal:国際連合
テンプレートを表示

世界保健機関(せかいほけんきかん、: World Health Organization, WHO、: Organisation mondiale de la sante, OMS)は、人間の健康基本的人権の一つと捉え、その達成を目的として設立された国際連合専門機関国際連合機関)である。略称は英語式(WHO)と仏語式(OMS)で異なる。日本をはじめ多くの国では英語略称のWHO(ダブリュー・エイチ・オー)が多用される。(以下「WHO」と表記する。読みについては後述

1948年設立。本部はスイスジュネーヴ。設立日である4月7日は、世界保健デーになっている。

WHOでは「健康」を「身体的、精神的、社会的に完全な良好な状態であり、たんに病気あるいは虚弱でないことではない」(WHO憲章前文)と定義しており、非常に広範な目標を掲げている。

そのために、病気の撲滅のための研究、適正な医療医薬品の普及だけでなく、基本的人間要請 (basic human needs, BHN) の達成や健康的なライフスタイルの推進にも力を入れている。また組織の肥大化と共に企業との癒着構造が問題として指摘されている。[要出典]
目次

1 WHOの活動内容

2 組織

2.1 歴代事務局長

2.2 付属機関


3 歴史

3.1 天然痘の撲滅

3.2 ポリオやその他感染症の撲滅計画

3.3 多剤耐性菌について


4 論争となった出来事

4.1 新型インフルエンザ、パンデミック誤警告と企業癒着問題

4.2 IAEAに従属


5 読みについて

6 世界保健機関に対する顕彰

7 主な出身者

8 脚注

9 関連項目

10 外部リンク

WHOの活動内容

世界保健機関憲章第1条「すべての人々が可能な最高の健康水準に到達すること」を目的とする

情報の収集公開や国際基準の設定(
国際疾病分類(ICD)の作成など)

多国間協力の推進

災害時緊急対策

感染症対策(痘瘡根絶、拡大予防接種対策)

都市に住む人の健康を守り、生活の質を向上させるため、WHO健康都市に対する取り組みの推進

組織 地域事務局の所在地と管轄地域   アフリカコンゴブラザヴィル)   アメリカアメリカ合衆国ワシントンD.C.)   東地中海エジプトカイロ)   ヨーロッパデンマークコペンハーゲン)   東南アジアインドニューデリー)   西太平洋フィリピンマニラ

WHOの最高意思決定機関は総会である。総会には加盟国すべてが代表を送ることができる。総会においては3分の2の多数によって条約や協定を制定することができる。この条約は加盟国には強制力はないものの、加盟国はたとえ自国の代表が反対した条約でも18ヶ月以内に国内での採択に向けて何らかのアクションを起こさなければならない。また、総会においては34カ国の委員を3年任期で執行理事会理事に選出し、これによって構成される執行理事会が総会の執行機関となる。また、常設の事務局があり、総会の議決に基づき通常業務を行う。事務局長がWHOのトップとなる。事務局長は総会において選出される。[1]

2016年5月現在、194の国と地域が加盟している[2]

右の図のように、世界に6つの地域事務局が置かれ、それぞれに管轄地域が与えられている。 WHO本部(スイス・ジュネーブ) WHO本部の大会議室 WHO神戸センター
歴代事務局長

代肖像氏名就任日退任日出身国/地域
1
ブロック・チゾム(英語版)1948年7月21日1953年7月21日 カナダ
2マルコリーノ・ゴメス・カンダウ(英語版)1953年7月21日1973年7月21日 ブラジル
3ハルフダン・T・マーラー(英語版)1973年7月21日1988年7月21日 デンマーク
4中嶋宏1988年7月21日1998年7月21日 日本
5グロ・ハーレム・ブルントラント1998年7月21日2003年7月21日 ノルウェー
6李鍾郁2003年7月21日2006年5月22日 韓国
臨時アンデルス・ノルドストレム(英語版)2006年5月22日2007年1月4日 スウェーデン
7陳馮富珍(マーガレット・チャン)2007年1月4日2017年7月1日 香港
8テドロス・アダノム(英語版)2017年7月1日(現職) エチオピア

付属機関

国際がん研究機関(IARC)

WHO健康開発総合研究センター(WHO神戸センター、WKC)



歴史

全世界的な公衆衛生や健康に関する最初の国際的機関は、1907年12月に発足した国際公衆衛生事務局である。本部をパリに置いたこの機関は、12カ国が「公衆衛生国際事務局設置に関する千九百七年のローマ協定」[3]に調印することによって発足し、当初はヨーロッパだけを対象としたものだったのが、第一次世界大戦の勃発する1914年までには60カ国が参加するまでになっていた。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:41 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE