ヴェネツィア共和国
[Wikipedia|▼Menu]
最も高貴な共和国ヴェネツィア
Serenisima Republica de Venessia
Serenissima Repubblica di Venezia

697年 - 1797年




(国旗)(国章)

ヴェネツィア共和国の領土の変遷

公用語ヴェネト語ラテン語イタリア語(その他口語としてギリシア語南スラヴ語群など)
首都エラクレーア
(697年 - 742年)
マラモッコ(英語版)
(742年 - 810年)
ヴェネツィア
(810年 - 1797年)
ドージェ
697年 - 717年パオルッチョ・アナフェスト(初代)
1789年 - 1797年ルドヴィーコ・マニン(120代)

面積
15世紀末推定70,000km²

人口
15世紀末推定210,000,000人

変遷
建国697年
ザーラ条約1358年6月27日
レオーベン条約・滅亡1797年4月17日

通貨ドゥカート
現在 イタリア
スロベニア
クロアチア
モンテネグロ
アルバニア
ギリシャ
キプロス
ヴェネツィア共和国(薄赤)の領域はポー平原北部からイストリア半島ダルマチアに及んでいた。1494年時点の状況

最も高貴な共和国ヴェネツィア(もっともこうきなきょうわこく ヴェネツィア、ヴェネト語: Serenisima Republica de Venexia(Venessia)、イタリア語: Serenissima Repubblica di Venezia)、通称ヴェネツィア共和国(ヴェネツィアきょうわこく、Republica de Venessia、Repubblica di Venezia)は、現在の東北イタリアヴェネツィアを本拠とした歴史上の国家である。7世紀末期から1797年まで1000年以上の間に亘り、歴史上最も長く続いた共和国である。「最も高貴な国」や「アドリア海の女王」とも呼ばれる。東地中海貿易によって栄えた海洋国家であった。また、信教の自由法の支配が徹底されており、元首の息子であっても法を犯せば平等に処罰された。
目次

1 年表

2 政府

2.1 元首

2.1.1 選挙

2.1.2 制約

2.1.3 式典


2.2 大評議会

2.2.1 サン・マルコ財務官

2.2.2 十人委員会

2.2.3 四十人委員会

2.2.4 シニョリーア



3 経済

3.1 食料交易

3.2 東ローマ帝国での交易

3.3 黒海での交易

3.4 地中海西部での交易

3.5 本土の市場

3.6 金融

3.7 通貨


4 交通・通信

4.1 船舶

4.2 商業通信


5 出典・脚注

6 参考文献

6.1 一次史料


7 関連項目

年表詳細は「ヴェネツィア共和国の歴史」を参照

697年 - 伝承では、最初のドージェパオルッチョ・アナフェストが選出されたといわれる。

726年 - 歴史的に確認されている最初のドージェオルソ・イパートが東ローマ帝国から承認される。

803年 - パクス・ニケフォーリにより、ヴェネツィアが東ローマ帝国領でありつつも事実上独立していることが確認される。

810年 - イタリア王ピピンの侵攻を撃退する。

828年 - 福音記者マルコの遺体をアレクサンドリアから運び、守護聖人とする。

991年 - バシレイオス2世から金印勅書を獲得し、東ローマ帝国内での免税特権を得る。

11世紀初頭 - ダルマチアを征服し、アドリア海の制海権を確保する。

11世紀 - アレクシオス1世コムネノスから金印勅書を獲得し、名目上も独立を果たす。

11世紀 - アジアから運ばれる商品を中継することで莫大な富を築く。

1099年 - 第1回十字軍に参加し、エルサレム王国における名目上の自治権を得る。

1204年 - 第4回十字軍に参加しコンスタンティノポリスを占領する。クレタなど獲得する。

1258年1295年1299年 - ジェノヴァ共和国と衝突する。

1284年 - 貨幣ドゥカート」を発行する。

1290年 - ハンガリー国王にヴェネツィアの名家モロシーニ家出身のエンドレ3世が即位する。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:57 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE