ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世
[Wikipedia|▼Menu]

この記事には参考文献外部リンクの一覧が含まれていますが、脚注によって参照されておらず、情報源が不明瞭です。脚注を導入して、記事の信頼性向上にご協力ください。(2017年8月)

ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世
Vittorio Emanuele II
サルデーニャ王
イタリア王
ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世の肖像画
(トランクイッロ・クレモナ、トリノ歴史美術館所蔵)
在位サルデーニャ王
1849年7月28日 - 1861年3月17日
イタリア王
1861年3月17日 - 1878年1月9日
戴冠1849年7月28日(サルデーニャ王)
1861年3月17日(イタリア王)
別号ピエモンテ公
サヴォイア公
全名Vittorio Emanuele Maria Alberto Eugenio Ferdinando Tommaso
ヴィットーリオ・エマヌエーレ・マリーア・アルベルト・エウジェーニオ・フェルディナンド・トンマーゾ
出生(1820-03-14) 1820年3月14日
サルデーニャ王国 トリノ
死去(1878-01-09) 1878年1月9日(57歳没)
イタリア王国 ローマ
埋葬パンテオン
イタリア王国 ローマ
王太子ウンベルト1世
配偶者マリーア・アデライデ・ダズブルゴ=ロレーナ
 ローザ・テレーザ・ヴェルチェラーナ・グエリエーリ
子女マリーア・クロティルデ
ウンベルト1世
アマデオ1世
オッドーネ・エウジェーニオ・マリーア
マリーア・ピーア
カルロ・アルベルト
ヴィットーリオ・エマヌエーレ
ヴィットーリオ・エマヌエーレ
王室歌王室行進曲
父親カルロ・アルベルト・ディ・サヴォイア
母親マリア・テレーザ・ダズブルゴ=トスカーナ
宗教ローマ・カトリック(後に破門
サイン
テンプレートを表示

ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世(Vittorio Emanuele II di Savoia、1820年3月14日[1] - 1878年1月9日)は、サルデーニャ王国の最後の国王(在位:1849年 - 1861年)、のちイタリア王国の初代国王(在位:1861年 - 1878年)。サルデーニャ王カルロ・アルベルトトスカーナ大公女マリア・テレーザ・ダズブルゴ=トスカーナの長男としてサルデーニャ王に即位する。父から引き継いだイタリア統一戦争に終止符を打ち、リソルジメントを成し遂げたことから、王国の国父イタリア語: Padre della Patria)と呼ばれた。

ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世は統一イタリアの象徴として国民から敬愛され、王の頭文字 "VERDI"(Vittorio Emanuele Re d'Italia, ヴィットーリオ・エマヌエーレ・レ・ディタリャ、 イタリア王ヴィットーリオ・エマヌエーレ)と呼ばれた。奇しくもイタリア・ロマン派の音楽家ジュゼッペ・ヴェルディの名前と合致したことから、統一戦争の頃には両者を讃えて「"viva! verdi!"」の言葉がイタリア全土で流行した。


目次

1 生涯

1.1 生い立ち

1.2 父の退位

1.3 クリミア戦争

1.4 イタリア統一

1.5 ヴェネツィア奪還とローマ遷都

1.6 晩年


2 一族

2.1 祖先

2.2 子女


3 脚注

4 参考文献

5 関連項目

6 外部リンク


生涯
生い立ち「サヴォイア=カリニャーノ家」も参照

1820年3月14日、サヴォイア王国の首都トリノにおいて、王家であるサヴォイア家の一族として生まれた。ヴィットーリオの父カルロ・アルベルトは、サヴォイア家支流でカリニャーノ公トンマーゾ・フランチェスコを祖とするサヴォイア=カリニャーノ家の当主であった。

サルデーニャ王ヴィットーリオ・アメデーオ3世の息子たちは男子に恵まれず、カルロ・エマヌエーレ4世ヴィットーリオ・エマヌエーレ1世、そして末弟カルロ・フェリーチェ、と兄弟間で王位が継承された末、サヴォイア本家は断絶した。そこで、サリカ法を採るサヴォイア家の継承法に基づき、存続していた分家で最も本家と近かったサヴォイア=カリニャーノ家のカルロ・アルベルトがサルデーニャ王となった。同時に、まだ幼少であったヴィットーリオと弟アルベルトは王子の称号を与えられ、王宮や母方の祖父であるトスカーナ大公フェルディナンド3世の下で子供時代を過ごした。

1842年、父方の叔母マリーア・エリザベッタの娘マリーア・アデライデ従兄妹婚を行う。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:51 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE