ワシントンD.C.
[Wikipedia|▼Menu]
□記事を途中から表示しています
[最初から表示]

注釈^ 同様な計画都市としては旧満州国新京(現在の中華人民共和国吉林省長春市)、オーストラリアキャンベラブラジルブラジリア(共に首都)がある。
^ 通常、都市圏や広域都市圏の名称では人口の多い都市の名が先にするが、ワシントン・ボルチモア・北バージニア広域都市圏は例外的に首都であるワシントンD.C.の名称を先にしている。
^ 1790年までに、南部州アメリカ独立戦争の外債をほとんど返済していた。これに対し、北部州は返済が進んでおらず、新しい連邦政府に未払いの負債を引き継いでもらいたいと考えていた。これは、南部州が北部州の負債を肩代わりすることを事実上意味していたので、その見返りとして、南部州は連邦の首都を自分たちの農業地域・奴隷使用地域の利権の近くに置くようロビー活動を行ったのである。前掲Centennial History of the City of Washington, D. C.124頁参照。
^ 1871年にこの地区がコロンビア特別区 (the District of Columbia) と正式に命名されるまでは、現在では「?領」を意味する "territory" と「?区」を意味する "district" の2語が互換的に用いられていた。参照:“Get to know D.C.” (英語). The Historical Society of Washington, D.C. (2004年). 2008年3月15日時点の ⇒オリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年5月27日閲覧。
^ ワシントン大統領は、ランファンが市の設計を余りに細部まで管理することを主張したため、最終的に彼を解任した。ランファンとともに市の測量に携わっていたアンドリュー・エリコットがその後の任務を引き継ぎ、記憶を基に計画を完成させた。エリコットは、いくつかの点で表面的な変更を加えたものの、ランファンはなお都市計画全体の功労者として認められている。参照:“ ⇒The L'Enfant and McMillian Plans” (英語). 国立公園局. 2008年5月27日閲覧。
^ オルタナティブ紙 (Alternative newspaper) とは、一般的なニュースを網羅的に取り上げるのではなく、オピニオン的な論評やコラム、最先端の話題のリサーチ、地元の人や文化についての雑誌的な特集などを内容とする若者向けのローカル新聞である。英語版ウィキペディア参照。
^ アメリカ合衆国大統領選挙では、初参加となった1964年から直近の2016年の選挙に至るまで、全ての選挙で民主党候補が7?9割台の得票率で圧勝している。特に、1972年1984年の選挙では、民主党候補(ジョージ・マクガヴァンウォルター・モンデール)は50州中1州(マクガヴァンはマサチューセッツ州、モンデールはミネソタ州)でしか選挙人を獲得出来ず、共和党候補(リチャード・ニクソンロナルド・レーガン)に惨敗したが、それらの選挙においてもD.C.は民主党候補が8割前後の得票率(マクガヴァンは78.1%、モンデールは85.4%)で圧勝している。

出典^MLA Language Map Data Center". Modern Language Association.
^ a b c d e f g hAmerican FactFinder. U.S. Census Bureau. 2011年2月4日.
^JLL、世界の都市比較インデックスを分析「都市パフォーマンスの解読」を発表 JLL 2017年10月25日閲覧。
^ アメリカ合衆国憲法1条訳文(ウィキソース)、原文(英語版ウィキソース)
^ Madison, James (1996年4月30日). “ ⇒The Federalist No. 43” (英語). The Independent Journal. アメリカ議会図書館. 2008年5月31日閲覧。
^ Crew, Harvey W.; William Bensing Webb, John Wooldridge (1892) (英語). ⇒Centennial History of the City of Washington, D. C.. オハイオ州デイトン: United Brethren Publishing House. pp. 66. ⇒http://books.google.com/books?id=5Q81AAAAIAAJ
^ “ ⇒Residence Act: Primary Documents in American History” (英語). 議会図書館 (2007年9月21日). 2008年6月10日閲覧。
^ “ ⇒History of Alexandria, Virginia” (英語). Alexandria Historical Society. 2008年7月31日閲覧。
^ “ ⇒Georgetown Historic District” (英語). アメリカ合衆国国立公園局. 2008年7月5日閲覧。
^ “ ⇒The Senate Moves to Washington” (英語). アメリカ合衆国上院 (2006年2月14日). 2008年7月11日閲覧。
^ 前掲Centennial History of the City of Washington, D. C.103頁
^ “ ⇒Statement on the subject of The District of Columbia Fair and Equal Voting Rights Act (PDF)”. アメリカ法律家協会. 2012年11月7日閲覧。
^ “ ⇒Saving History: Dolley Madison, the White House, and the War of 1812” (英語). ホワイトハウス歴史協会. 2008年7月29日閲覧。
^ “ ⇒A Brief Construction History of the Capitol” (英語). Architect of the Capitol. 2008年6月4日閲覧。
^ a b “Get to know D.C.” (英語). The Historical Society of Washington, D.C. (2004年). 2008年3月15日時点の ⇒オリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年5月27日閲覧。
^ Greeley, Horace (1864) (英語). ⇒The American Conflict: A History of the Great Rebellion in the United States. シカゴ: G.& C.W. Sherwood. pp. 142?144. ⇒http://books.google.com/books?id=ZlIMAAAAYAAJ
^ “ ⇒Compromise of 1850” (英語). 議会図書館 (2007年9月21日). 2008年7月24日閲覧。
^ “ ⇒Today in History: September 20” (英語). 議会図書館 (2007年9月18日). 2008年7月12日閲覧。
^ “ ⇒Historical Census Statistics on Population Totals By Race, 1790 to 1990 (PDF)” (英語). アメリカ合衆国国勢調査局 (2002年9月13日). 2008年7月19日閲覧。
^ a b “"Boss" Shepherd Remakes the City” (英語). WETA Public Broadcasting (2001年). 2007年3月11日時点の ⇒オリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年6月3日閲覧。
^ 前掲Centennial History of the City of Washington, D. C.p.157.
^ “ ⇒Statutes at Large, 41st Congress, 3rd Session” (英語). 議会図書館. 2008年7月10日閲覧。
次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:264 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE