ロンドン大学
是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]
ロンドン大学本部 (Senate House)

University of London学校種別国立
設立年1836年
理事長アン王女
副総長Sir Graeme Davies
学生数120,975(所属19大学合計)[1]
41,000(通信課程)[2]
所在地

イギリス
Malet Street London WC1E 7HU北緯51度31分16秒 西経0度07分44秒? / ?北緯51.52111度 西経0.12889度? / 51.52111; -0.12889
ロンドン
キャンパス都市
スクールカラー

     

ウェブサイト

http://www.lon.ac.uk/このページの ⇒先月のアクセス数
テンプレートを表示

ロンドン大学(ロンドンだいがく、英:University of London)は、1836年に設立された、イギリスロンドン市中心部、ラッセル・スクウェアに本部を置くカレッジ制の大学である。各カレッジはそれぞれ独立した別の大学であるため、ロンドン大学という大学が単体で存在する訳ではない。このためロンドン大学は「ロンドン大学群」「ロンドン大学連合」とも呼ばれる。

各カレッジはそれぞれの設立理念・教育研究方針に基づき、学生の入学審査・学校運営・教員採用、学位の授与などを独自に行っており、所属カレッジはそれぞれ個別の独立した大学として扱われる。このような結果として、研究力、入学難易度、卒業後の進路状況はカレッジ間により大きく異なる。この点一つの大学として扱われるオックスフォード大学ケンブリッジ大学ダラム大学の学寮を意味するカレッジ制とは異なる。2009年4月現在、19のカレッジと12の研究機関が所属し、所属カレッジの合計学生数は10万人を超える。

ロンドン大学所属のカレッジはブルームスベリー地区を中心に大ロンドン全域にあるが、ロンドンにあるすべての大学がロンドン大学所属というわけではない。


目次

1 概要

2 構成

2.1 所属カレッジ

2.2 ロンドン大学指定機関

2.3 ロンドン大学通信課程が起源の大学

2.4 ロンドン大学が特別支援したイギリス連邦の大学


3 ロンドン大学本部

4 関係者

4.1 大学関係者一覧


5 ギャラリー

6 脚注

7 外部リンク


概要ロンドン大学 学生生協 (ULU)ロンドン大学本部 図書館

ロンドン大学はユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン (UCL) とキングス・カレッジ・ロンドン (KCL) の学生に学位を授与する機関として19世紀中頃に設立された。20世紀になり、所属カレッジは増えていったが、各カレッジは高い独立性を維持しつつも、時には結束して政府に対してロビー活動を展開していた。しかし、1990年代末、巨大化したロンドン大学に不満を持つカレッジが出るようになる。同じロンドン大学の学位を授与していながら、カレッジごとのレベル・役割の違いが明確になってきたためである。例えば、バークベック・カレッジはその前身がロンドン職工組合(London Mechanics' Institute)であったこともあり社会人のためのpart-timeコースが多く、UCL、KCL、インペリアル・カレッジ・ロンドン(ICL)、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)、クイーン・メアリー(QMUL)はラッセル・グループに加入し、研究型の大学としての地位を固めていく。一方、小規模の単科カレッジは財政的にロンドン大学への依存を深めていった。そんな中、ICLが2007年にロンドン大学から脱退し、独立した。

ロンドン大学の際だった特色は「人々のための大学」という伝統である。この伝統は、ロンドン大学の基礎団体のUCLが英国国教会の信徒にのみ進学が許されていたオックスフォード大学ケンブリッジ大学に対抗して、人種、宗教、政治的信条に関わりなく広く学問への門戸を開くため設立されたことに起因する。また、イギリスで初めて女性に学位を授与したのもロンドン大学 (UCL) である。このような伝統を現在のロンドン大学で最も強く引き継いでいるのは通信教育課程 (External System) であろう。1858年に世界初の通信教育を開始したロンドン大学はチャールズ・ディケンズに「真に人々のための大学だ。屋根裏で勉強している靴職人にも教育の機会を与えている。」と賞賛されている[3]。また、この通信教育で投獄中のネルソン・マンデラも学んでいる。グローバル化した今日においてもこの「人々のための大学」の価値は揺るがず、世界180ヶ国41,000人がこの通信教育で学んでいる。

ロンドン大学の各カレッジ所属の学生は、ロンドン大学生協 (University of London Union, ULU) や各カレッジにある大学生協を相互利用することができる。同様に、図書館の相互利用やロンドン大学本部にある図書館も利用可能である。


是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:25 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE