ロシア語
[Wikipedia|▼Menu]

ロシア語

русский язык
発音
IPA: [?ru.sk??j j?.?z?k]
話される国 ロシア
アゼルバイジャン
アルメニア
 ウクライナ
 ウズベキスタン
 エストニア
 カザフスタン
キルギス
タジキスタン
ジョージア
トルクメニスタン
 ベラルーシ
モルドバ
 ラトビア
 リトアニア
地域東ヨーロッパ北アジアカフカス中央アジア
話者数約1億8000万人
話者数の順位5-6
言語系統インド・ヨーロッパ語族

スラヴ語派

東スラヴ語群

ロシア語



表記体系キリル文字 (ロシア語アルファベット
公的地位
公用語 ロシア
 ベラルーシ
 カザフスタン
 キルギス
沿ドニエストル共和国
アブハジア
南オセチア
国際連合
統制機関ロシア科学アカデミー[1]
言語コード
ISO 639-1ru
ISO 639-2rus
ISO 639-3rus
テンプレートを表示

ロシア語(ロシアご、русский язык [?rusk??j j??z?k] ( 音声ファイル))は、インド・ヨーロッパ語族スラヴ語派東スラヴ語群に属する言語。露語とも略される。ロシア連邦公用語。ロシア連邦の国語表記には、キリル文字を使用する。近縁の言語にウクライナ語ベラルーシ語がある。
目次

1 概要

2 歴史

2.1 スラヴ祖語

2.2 聖キュリロス(キリル)と聖メトディオス

2.3 古ロシア語

2.4 ソ連時代

2.5 ソ連崩壊後


3 各国におけるロシア語の状況

3.1 公用語

3.2 日本

3.3 旧ソ連圏

3.4 イスラエル


4 文字

5 アクセント・発音

6 文法

6.1 文

6.2 名詞

6.3 人称代名詞

6.4 動詞

6.5 形容詞

6.5.1 格変化



7 方言

7.1 ロシア領時代からアラスカに残存するロシア語方言


8 文例

8.1 日本語かなのキリル文字表記


9 ロシア語由来の日本語外来語

10 日本語由来のロシア語単語

11 脚注

12 関連項目

13 外部リンク

概要

ロシア語はヨーロッパで最も母語話者が多い言語であり、母語話者数では世界で8番目に多く、第二言語の話者数も含めると世界で4番目に多い。国際連合においては、英語フランス語中国語スペイン語アラビア語と並ぶ、6つの公用語の1つである。
歴史詳細は「ロシア語の歴史(英語版)」を参照


この節の加筆が望まれています。

スラヴ祖語詳細は「スラヴ祖語」を参照
聖キュリロス(キリル)と聖メトディオス詳細は「en:Saints Cyril and Methodius」、「キュリロス (スラヴの(亜)使徒) 」、および「メトディオス (スラヴの(亜)使徒) 」を参照
古ロシア語詳細は「古ロシア語」を参照

ロシア語の起源については諸説あるが、東スラヴ人が使っていた古東スラヴ語10世紀 - 15世紀)から発展したという説が最もよく知られている。13世紀にキエフ大公国が崩壊した後、ルーシの地はモンゴル帝国に支配(タタールのくびき)されており、現代ロシア語にも財政金融に関わる単語を中心に、タタール語などのテュルク諸語モンゴル語の影響が残っている。その後、北東ルーシの辺境(現在のヨーロッパ・ロシア)でモスクワ大公国が成立し、この国の公用語がロシア語として独自に発展していった。

ロシア帝国の時代には、1708年ピョートル1世によってアルファベットが単純化されたのを皮切りに、ロシア語の改革が盛んとなった。18世紀後半にはミハイル・ロモノーソフが初めてロシア語の文法書を著し、標準語の形成に大きく寄与した。19世紀初頭にはアレクサンドル・プーシキンによって近代的な文語が確立した。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:84 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE