レブ・ビーチ
ご協力下さい!!
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]

レブ・ビーチ
Reb Beach
ホワイトスネイク - USA・サンアントニオ公演 (2015年6月)
基本情報
出生名Richard Earl Beach Jr.
生誕(1963-08-31) 1963年8月31日(54歳)
出身地 アメリカ合衆国 ペンシルベニア州ピッツバーグ
ジャンルハードロックヘヴィメタル
職業ギタリスト
活動期間1985年 - 現在
レーベルユニバーサル ミュージック グループ
共同作業者ウィンガー
ドッケン
ホワイトスネイク
ナイト・レンジャー
アリス・クーパーほか
公式サイト ⇒REBBEACH.com

レブ・ビーチ(Reb Beach、本名:Richard Earl Beach Jr.、1963年8月31日 - )は、アメリカ合衆国出身のロックミュージシャンギタリスト

ハードロック・バンド「ウィンガー」のギタリストとして知られている。そのほか「ドッケン」「アリス・クーパー」「ホワイトスネイク」「ナイト・レンジャー」など、著名なグループに参加した実績を持つ。


目次

1 人物

1.1 セッションギタリスト時代

1.2 ウィンガー時代

1.3 アリス・クーパーとドッケン

1.4 ウィンガーの再始動?ホワイトスネイクに参加


2 使用機材

3 作品

3.1 ソロ・アルバム

3.2 参加アルバム

3.3 ビデオなど


4 脚注

5 外部リンク


人物
セッションギタリスト時代

エアロスミスサミー・ヘイガーロニー・モントローズキッススティーリー・ダンスティーヴ・モーズイーグルス、モリー・ハチェット、ジョン・サイクスなどに影響を受ける。

バークリー音楽院に進むもなじめず、ジャズとロックが融合した音楽、フュージョンに目覚める。自分で録音などを始めるようになり、そのうちの一つで年間ベストギタリスト・コンテストで入賞した。そして、ニューヨークにて音楽活動を開始。セッション・ギタリストとしてエリック・クラプトンボブ・ディランロジャー・ダルトリーチャカ・カーンハワード・ジョーンズトゥイスティッド・シスターなどの仕事をする。
ウィンガー時代ウィンガー時代 (右レブ) 2007年3月

その後ニューヨークでキップ・ウィンガーと出会い、ウインガーを結成。メンバーはキップ・ウィンガー(ベース、ヴォーカル)、レブ・ビーチ(ギター)、ポール・テイラー(ギター、キーボード)、ロッド・モーゲンステイン(ドラム)で、"Seventeen"、"Headed for a Heartbreak"、"Can't Get Enuff"、"Miles Away"などのヒット曲を生み出した。

ウィンガーは3rdアルバム『PULL』を発表後、活動を停止。メンバーはそれぞれソロ活動へと移っていった。レブもピッツバーグに戻り、The Reb Beach Projectを始動。
アリス・クーパーとドッケン

その後、アリス・クーパーのツアーに3年間ギタリストとして参加した後、ジョージ・リンチが脱退したドッケンに加入。アルバム『ERASE THE SLATE』を製作し、ツアーにも参加。しかしレブはその後ドッケンから脱退してソロ活動に戻り、ソロアルバム『MASQUARADE』を発表する。
ウィンガーの再始動?ホワイトスネイクに参加

2002年にウィンガーが再結成される。しかし、この再結成は小規模なもので、アメリカやヨーロッパでのツアーのみとなった。

同年の夏、レブが長年あこがれていたデイヴィッド・カヴァデールから声がかかり、ホワイトスネイクに加入[1]ダグ・アルドリッチとともにツインギターを披露した。

2006年、ナイト・レンジャーのドラマー、ケリー・キーギーやKING'S Xのダグ・ピニック、ホワイトスネイクのティモシー・ドゥルーリーらとTHE MOBを結成。同名のアルバムをキップ・ウィンガーのプロデュースでリリースした。また、この年はホワイトスネイクで再来日すると同時にウィンガーも再始動した。『PULL』以来となる4枚目のアルバムはシンプルに『IV』と名づけられ、発売された。ウィンガーはアメリカやヨーロッパをツアーした。

2007年、レブはジェフ・ワトソンの代打としてナイト・レンジャーに加入し来日。短期間在籍した[2]

同年、ウィンガーは『DEMO ANTHOLOGY』という3枚目までの作品のデモ・バージョンを収録した2枚組のアルバムを発売。同11月、ラットのオープニング・アクトとしてウィンガーは14年ぶりに来日。大阪、名古屋、東京、横浜での公演を行った。

以降は「ウィンガー」「ホワイトスネイク」を並行して活動している。
使用機材

ウィンガー参加以前はESPを使用。ウィンガー初期はKramer,その後Ibanezからシグネイチャーモデルが販売されていた。現在主に使っているギターはSUHRのレブ・ビーチモデル。アンプはカスタムオーディオエレクトロニクスをジョン・サーが修正したものを使っている。好きなビールはStella Artois。名古屋名物「世界の山ちゃん」の手羽先がお気に入り。
作品
ソロ・アルバム

2001年:Reb Beach『Masquarade』

2001年:Reb Beach『The Fusion Demos』(1993年録音)

参加アルバム

1986年:Fiona『Beyond the Pale』

1986年:Howard Jones『On Ones』

1986年:Chaka Khan『
Destiny

1987年:Bee Gees『E.S.P.』

1987年:TWISTED SISTER『Love is for Suckers』

1988年:Winger『Winger

1989年:二井原 実『One』

1989年:XENON『America's New Design』

1989年:サウンドトラック:カラテキッドIII[Out for the Count](WInger)

1990年:Winger『In the Heart of the Young

1991年:サウンドトラック:ビルとテッドの大冒険[Battle Stations](Winger)

1992年:V.A.:『Guitars That Rule the World』[Black Magic]

1993年:Winger『Pull』

1993年:Danger Danger『Cockroach』[Still Kickin']

1994年:V.A.:『Smoke on the Water:A Tribute To Deep Purple』[Fireball]

1997年:Andy Timmons『EarX-tacy 2』 [Down the Wire]

1997年:Alice Cooper『Fistful of Alice』

1998年:V.A.:『Guitar Battle』[Train Kept a Rollom'][Something][Mambo king][Birdland]

1998年:Daytona USA 2 - Game Soundtrack

1999年:Dokken『Erase The Slate』

2000年:V.A.:『Bat Head Soup:A Tribute to Ozzy』[I Don't Know]

2000年:V.A.:『Tribute to Van Halen』[Dance the Night Away]


是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:25 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE