レジェップ・タイイップ・エルドアン
[Wikipedia|▼Menu]

レジェップ・タイイップ・エルドアン
Recep Tayyip Erdo?an


トルコ共和国
第12代大統領
任期2014年8月28日 ?
首相アフメト・ダウトオール
ビナリ・ユルドゥルム(英語版、トルコ語版)
トルコ共和国
第59代-第61代首相
任期2003年3月14日 ? 2014年8月28日
元首アフメト・ネジデト・セゼル大統領
アブドゥラー・ギュル大統領
トルコ共和国
第28代イスタンブール市長
任期1994年3月27日 ? 1998年11月6日
トルコ共和国
初代公正発展党党首
任期2001年8月14日 ? 2014年8月27日
副党首アブドゥラー・ギュル
セミル・シセック
トルコ共和国
第4代公正発展党党首
任期2017年5月21日 ?
副党首ビナリ・ユルドゥルム(英語版、トルコ語版)

出生(1954-02-26) 1954年2月26日(64歳)
トルコイスタンブール
政党国民救済党福祉党美徳党公正発展党無所属公正発展党
配偶者エミネ・エルドアン
署名

レジェップ・タイイップ・エルドアン(Recep Tayyip Erdo?an [?e?d??ep t?j?jip ?a?do(?)?n] ( 音声ファイル), 1954年2月26日 - )は、トルコ政治家。現在、同国大統領(第12代、2014年8月28日 - )、公正発展党党首。首相2003年 - 2014年)を務めた。

姓の“Erdo?an”は、トルコ語の本来の発音に近いのは「エルド?アン」であるが[1]、“?”が“g”と区別されず、「エルドガン」と表記されることもある[2]


目次

1 政党活動

2 首相時代

2.1 経済

2.2 外交

2.2.1 イスラエルとの対立と和解

2.2.2 「アラブの春」以降


2.3 クルド人


3 大統領

4 人物

5 脚注

6 外部リンク


政党活動

イスタンブルのベヨール区カセンパシャ(Kas?mpa?a)に生まれる[3]

1973年、イマームハティップ高校(イマーム養成学校)卒業後、マルマラ大学経済商業学部入学。在学中、国民救済党(MSP:Milli Selamet Partisi)にて政治活動を開始した。

1983年9月12日クーデター(トルコでは革命と表現するときもある)からの民政移管後、福祉党(RP:Refah Partisi)に入党、政治活動を再開する。

1994年3月27日イスタンブル市長に当選。イスタンブール市長として活動中の1997年に政治集会でイスラーム教を賛美する詩を朗読したことがイスラーム原理主義を煽動したとして告発され1999年3月26日、国家治安法廷(現在は廃止)により、刑法第312条2項(国民間の宗教およびレイシズムを扇動)の罪により4年半の実刑判決。憲法第76条により被選挙権を剥奪される。服役開始。1999年9月4日釈放。

2001年6月22日美徳党(FP:Fazilet Partisi)が解党。その後、同年8月14日に結成した公正発展党(AKP:Adalet ve Kal?kma Partisi)において、被選挙権剥奪のまま党首に就任。2002年12月27日トルコ大国民議会により憲法第76条が改正され(2002年12月13日に憲法改正案を大国民議会が可決するが、2002年12月19日セゼル大統領は改正案を差し戻した。2002年12月27日に大国民会議が再可決、2002年12月31日、セゼル大統領が国民投票に付託せずに承認。法的な改正日付は2002年12月27日)、被選挙権を回復。
首相時代アンカラの首相官邸で記者会見をするエルドアン

エルドアンは2003年3月9日、軍部の政治介入をやめさせてトルコを「先進的な民主国家」にするという公約を掲げ[4]、圧倒的支持を得てスィイルト県の補欠選挙で当選。それに伴い、公正発展党副党首で首相のアブドゥラー・ギュルから首相職を譲り受け、2003年3月16日首相に就任(ギュルは外相として第1次内閣に残った)。就任当初は公約どおり改革に取り組み、ヨーロッパもそれを歓迎した。

2007年の総選挙にも勝利し、第2次内閣を組閣した。

2007年の爆弾テロ未遂事件が起きる。捜査当局はこの事件を、超愛国的な将校たちから成る地下組織「エルゲネコン」がクーデターを計画したものと断定し、大々的な摘発に乗り出している。これまでにジャーナリスト100人以上に加え、約250人の軍関係者が投獄された。エルドアンはエルゲネコンの訴追を支持し、報道の弾圧に対する国際社会からの批判を単なる「中傷」だとはねつけている。後にこの事件がきっかけでトルコの民主化が後退したみなされるようになった[4]

2期目の終わりには国外でのエルドアンの評価は頂点を極める。好調な経済に加え、中東諸国(イスラエルを除く)やそのほかの地域とも良好な外交関係を保ち、軍の介入を排して政局を安定させたからである。そのため、「サラディン(クルド人)が1187年十字軍からエルサレムを奪還して以来、アラブ人が最も尊敬する非アラブ人指導者」「新たなオスマン帝国を築けると考えたとしても許される」「(AKPは)キリスト教民主主義者のイスラム版」とまで評された[5][6]


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:95 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE