レゲエ
[Wikipedia|▼Menu]

フォントワークス書体(一例:[1])とは異なります。

レゲエ
様式的起源リズム・アンド・ブルースジャズブルースソウルミュージックメントカリプソスカロックステディナイヤビンギマーチ、クミナ、ジョンカヌーなど
文化的起源1960年代終わりのジャマイカ(特にキングストン
使用楽器ベースドラムギターキーボードパーカッションサクソフォーントランペットトロンボーン鍵盤ハーモニカなど
派生ジャンルダンスホールレゲエラガマフィン)、ダブダブ・ポエトリー
サブジャンル
スキンヘッドレゲエルーツロックレゲエラヴァーズ・ロックニュールーツなど
融合ジャンル
メントレゲエ、ジャングルレゲトン、レゲエフュージョン、セゲエ、2トーン、サンバヘギ、ラガヒップホップジャワイアン など
地域的なスタイル
イギリスポーランドアフリカ、ナイジェリア、オーストラリアニュージーランドラテンアメリカ日本フィリピンなど
関連項目
ラスタファリ運動サウンドシステムトースティングダブプレートジャマイカ・クレオール語

レゲエ(Reggae 英語発音: [?r??e?])は、狭義においては1960年代後半ジャマイカで発祥し、1980年代前半まで流行したポピュラー音楽である[1]。広義においてはジャマイカで成立したポピュラー音楽全般のことをいう[1]。4分の4拍子の第2・第4拍目をカッティング奏法[注釈 1]で刻むギター、各小節の3目にアクセントが置かれるドラム、うねるようなベースラインを奏でるベースなどの音楽的特徴を持つ。

狭義のレゲエは直接的には同じくジャマイカのポピュラー音楽であるスカロックステディから発展したが、ジャマイカのフォーク音楽であるメント[注釈 2]や、アメリカ合衆国リズム・アンド・ブルーストリニダード・トバゴ発祥のカリプソラスタファリアンの音楽であるナイヤビンギコンゴ発祥のクミナ (Kumina) や西アフリカ発祥のジョンカヌー (Jonkanoo)、さらにはマーチなど多様な音楽の影響を受け成立した[2][3][4] ジャマイカ キングストン
目次

1 呼称について

2 音楽的特徴

2.1 楽器と奏法

2.1.1 ドラムス

2.1.2 ベース

2.1.3 ギター

2.1.4 パーカッション

2.1.5 ボーカル


2.2 レゲエの歌詞

2.2.1 ラスタファリ運動

2.2.2 大麻

2.2.3 ホモフォビア

2.2.4 非一貫性/意識の二重性

2.2.5 サウンド・チューン


2.3 言語


3 歴史

3.1 1930年代まで

3.2 サウンド・システムの誕生

3.2.1 レコーディングスタジオとレーベルの開設

3.2.2 ラジオ局の開局


3.3 ジャマイカ独立-スカの誕生

3.4 ロックステディの誕生

3.4.1 ヴァージョンの発明


3.5 レゲエの誕生

3.5.1 ディージェイ・スタイルの確立

3.5.2 ダブの発明


3.6 ルーツロックレゲエの隆盛

3.7 ダンスホールレゲエの誕生と発展

3.7.1 コンピュータライズド革命


3.8 1990年代以降

3.9 イギリスでの受容と発展

3.9.1 移民第一世代によるレゲエ

3.9.2 在英レーベルによるレゲエのポピュラー化

3.9.3 イギリス独自のレゲエの発展


3.10 レゲエにおける女性アーティスト


4 世界各国への拡散と受容

4.1 ヨーロッパ

4.2 中近東

4.3 カリブ海・中米

4.4 南米

4.5 北米

4.6 アフリカ

4.7 オセアニア

4.8 アジア

4.8.1 日本



5 主なレゲエフェス

5.1 ジャマイカ

5.2 ヨーロッパ


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:234 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE