リンゴ
◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]

「リンゴ」のその他の用法については「リンゴ (曖昧さ回避)」をご覧ください。

画像提供依頼:個別記事のない品種それぞれの画像(木に生っているかは問いません。玉の様子が見て取れるものを)の画像提供をお願いします。(2012年2月)

セイヨウリンゴ
果実
分類

:植物界 Plantae
階級なし:被子植物 angiosperms
階級なし:真正双子葉類 eudicots
:バラ目 Rosales
:バラ科 Rosaceae
亜科:サクラ亜科 Amygdaloideae[1]
:リンゴ属 Malus
:セイヨウリンゴ M. pumila

学名
Malus pumila
Mill.
和名
セイヨウリンゴ(西洋林檎)
リンゴ(林檎)
英名
Apple

リンゴ(林檎、学名:Malus pumila)は、バラ科リンゴ属の落葉高木樹。またはその果実のこと。植物学上はセイヨウリンゴと呼ぶ。春、白または薄紅の花が咲く。果実は球形で甘酸っぱい。


目次

1 名称

1.1 学名

1.2 和名・漢名

1.3 英語名


2 植物学上の特徴

3 生産

3.1 歴史

3.1.1 中国

3.1.2 日本


3.2 産地

3.2.1 中国

3.2.2 日本


3.3 栽培法

3.4 樹形と台木

3.5 品種

3.5.1 世界一生産量の多いリンゴ「ふじ」

3.5.2 クラブリンゴ類

3.5.3 主要品種と特徴



4 貯蔵・保存

4.1 生産地

4.2 消費者


5 利用

5.1 食品としての利用

5.1.1 食用

5.1.2 栄養価


5.2 医薬への利用

5.2.1 生薬への利用

5.2.2 医薬品への応用


5.3 実験への利用


6 神話への登場

7 リンゴに関する歴史的事件

8 リンゴを使った知財

9 リンゴにまつわる話

10 脚注

11 関連項目

12 外部リンク


名称
学名

栽培種には Malus domestica Borkh. という学名がある。主に、栽培種が複数の野生種の雑種であるという立場から使われる。
和名・漢名

日本語では漢字で主に「林檎」と書くが、この語は本来、同属別種の野生種ワリンゴ漢名である。また、「檎」を「ご」と読むのは慣用音で、本来の読みは「きん」(漢音)である。

リンゴ(セイヨウリンゴ)の漢名は「蘋果」である。「りんご」とも読むが当て字で、本来の読みは「へいか」である。
英語名

英語の"apple"はしばしばリンゴではなく果物全般を指す。たとえばパイナップル("pineapple")は「松の果実」という意味であり、リンゴとは直接の関係がない。
植物学上の特徴

原産地は北部コーカサス地方とされている[2]。リンゴは7500以上の品種が栽培されており、亜寒帯、亜熱帯及び温帯で栽培可能であるが、暑さに弱いため熱帯での栽培は難しい。リンゴの木は、落葉高木で晩春頃に白い5弁花が開花する。リンゴの果実は直径約3-15 cm、重さ約35-1000 g。外皮の色は黄緑または黄色をしている。熟するとヘプタコサンを含んだ状の分泌物に覆われる。果肉は淡黄色-白色の品種が多いが、外皮近くが赤-ピンク色になる赤肉系の品種もあるが果肉の渋みが強く、通常は食用にはならない。リンゴの蜜は比重が大きいため、水の中に入れると沈む。他の果実の部分は比重が小さいため水に浮かぶ。



◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:97 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE