リクガメ
◇ピンチです!◇
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

リクガメ科
ギリシャリクガメ Testudo graeca
保全状況評価[1]
ワシントン条約附属書II
地質時代
始新世 - 現代
分類

:動物界 Animalia
:脊索動物門 Chordata
亜門:脊椎動物亜門 Vertebrata
:爬虫綱 Reptilia
:カメ目 Testudines
亜目:潜頸亜目 Cryptodira
上科:リクガメ上科 Testudinoidea
:リクガメ科 Testudinidae

学名
Testudinidae Batsch, 1788[2][3]
タイプ属
Testudo Linnaeus, 1758
和名
リクガメ科[4][5]
属(現生)


アルダブラゾウガメ属

マダガスカルリクガメ属

Centrochelys属

ナンベイリクガメ属

ソリガメ属

Chersobius属

リクガメ属

ゴファーガメ属

ヒラセリクガメ属

インドリクガメ属

セオレガメ属

パンケーキガメ属

ムツアシガメ属

ヤブガメ属

クモノスガメ属

ヒョウモンガメ属

チチュウカイリクガメ属

リクガメ科(リクガメか、Testudinidae)は、爬虫綱カメ目に含まれる科。


目次

1 分布

2 形態

3 分類

4 生態

5 人間との関係

6 画像

7 出典

8 関連項目


分布

アフリカ大陸北アメリカ大陸南アメリカ大陸ユーラシア大陸インドネシアスマトラ島スラウェシ島ボルネオ島)、エクアドルガラパゴス諸島)、スリランカセーシェルアルダブラ環礁)、マダガスカル[4][5]
形態

現生の最大種はアルダブラゾウガメ(A. g. hololissaを亜種とした場合)で最大甲長138センチメートル[6][7]。化石種も含めた最大種はColossochelys atlasで甲長約200センチメートル[6]。最小種はシモフリヒラセリクガメで最大甲長9.6センチメートルとカメ目全種でも最小種[5]背甲はドーム状やアーチ状に盛り上がる傾向がある[4][5]

頭部は中型で、縦幅は短いが幅広い[5]。咬合面や顎を覆う角質(嘴)は幅広い[5]。種によっては嘴に鋸状の突起や畝があり、歯のように植物を切断したりすることができる[5]。舌が発達するが、舌弓はあまり発達しない[5]。頸部はやや短い[5]。四肢は太くて短く、指趾は退化して短い(趾骨が2個以上ない[4][5]


ご協力下さい!!
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:28 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE