ラピスラズリ
是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

「ラピスラズリ」のその他の用法については「ラピスラズリ (曖昧さ回避)」をご覧ください。
ラピス・ラズリの原石

ラピスラズリ (lapis lazuli) は、方ソーダ石グループの鉱物である青金石(ラズライト)を主成分とし、同グループの方ソーダ石・藍方石黝方石など複数の鉱物が加わった類質同像の固溶体半貴石である。和名では瑠璃(るり)といい、サンスクリット語のヴァイドゥーリャないしパーリ語のヴェルーリヤの音訳である。深い青色から藍色の宝石で、しばしば黄鉄鉱の粒を含んで夜空の様な輝きを持つ。


目次

1 概要

2 性質・特徴

3 成分

3.1 主成分

3.2 副成分


4 生成・産出

5 用途

5.1 天然ウルトラマリン

5.2 装飾品


6 民間信仰・呪術

7 脚注

8 参考文献

9 関連項目

10 外部リンク


概要

人類に認知され、利用された鉱物として最古のものとされている[1]エジプトシュメールバビロニアなどの古代から、宝石として、また顔料ウルトラマリンの原料として珍重されてきた。日本ではトルコ石と共に12月のほかに9月誕生石とされる。主成分にもラピスラズリとは異なる日付が誕生石として設定されている。

ラピスはラテン語で「石」 (Lapis)、ラズリはトルキスタンにあるペルシア語地名 "lazhward"(ペルシア語: ???????、現在のアフガニスタン・イスラム共和国バダフシャーン州en:Kuran wa Munjan DistrictにあるSar-i Sang鉱山の古名)が起源で、それがアラビア語に入って "lazward"(アラビア語: ???????、ラズワルド: 天・空・青などの意でアジュールの語源)で「群青の空の色」を意味する。ラピスラズリ (lapis lazuli) は、ラテン語で「lazhwardの石 (lapis)」となる。

石言葉は「尊厳・崇高」など。
性質・特徴

方ソーダ石グループの鉱物を主成分とする岩石で、複数の鉱物の混合物。青金石・方ソーダ石・藍方石・黝方石の4つに限っては、同じ方ソーダ石鉱物グループであり、類質同像の多結晶体をなしうる。方解石黄鉄鉱は「混合」または「混入」するのみである。

モース硬度: 5 - 5.5。

比重: 2.38 - 2.45。

屈折率: 1.50。

透明度: 半透明 - 不透明。

: 群青色瑠璃色、時に白色、金斑色。

条痕色: 青色

光沢: 硝子状 - 脂肪状光沢。

晶系: 主成分は等軸晶系

劈開: 不明瞭。

断口: 粗面、不規則。

塊状。

傷つきやすく、薬品にも弱い

塩酸と反応して硫化水素を出し、ゼラチン化する。

成分

主成分の4種類の鉱物に他のいくつかの微量鉱物が入り混じって混合物をなしている。主成分となる4種類の鉱物はいずれも等軸晶系のテクト珪酸塩・準長石である方ソーダ石グループの鉱物である。
主成分
青金石(lazurite、ラズライト)
Na8-10Al6Si6O24S2
方ソーダ石(方曹達石、sodalite、ソーダライト)
Na8Al6Si6O24Cl2
藍方石(hauyne、アウイン)
(Na,Ca)6-8Al6Si6O24(SO4)1-2
黝方石(nosean、ノゼアン、ノーゼライト)
Na8Al6Si6O24SO4
副成分

微量、含まれない場合もある。
方解石(カルサイト)
白い筋。
黄鉄鉱(パイライト)
金色の斑点状に入る場合もある。多く含まれる硫黄の内、過剰に余ったものが鉄と合わさって黄鉄鉱を形成する[1]。ただし、バイカルで産出されるラピスラズリは黄鉄鉱を伴わない[1]
その他
柱石斜長石燐灰石ジルコンなどを含む場合もある。


◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:16 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE