ラテン文字
[Wikipedia|▼Menu]

ラテン文字


類型:アルファベット
言語:西欧中欧の諸言語、ほか世界各地の言語
時期:紀元前7世紀から現在
親の文字体系:原カナン文字

フェニキア文字

ギリシア文字(一部エトルリア文字

ラテン文字



姉妹の文字体系:キリル文字
コプト文字
ルーン文字
ISO 15924 コード:Latn
注意: このページはUnicodeで書かれた国際音声記号 (IPA) を含む場合があります。

音素文字の歴史

青銅器時代中期 前19–15世紀


ウガリット 前15世紀

原カナン-フェニキア 前14世紀

古ヘブライ 前10世紀

サマリア 前6世紀


アラム 前9世紀

ブラーフミー(およびインド系) 前6世紀

チベット 7世紀

クメール 7世紀

ジャワ 9世紀
他多数


ヘブライ 前3世紀

シリア 前2世紀

ナバテア 前2世紀

アラビア 4世紀

ペルシア 7世紀

ウルドゥ 11世紀

ターナ 18世紀



パフラヴィ 前2世紀

アヴェスタ 4世紀


ソグド

突厥 5世紀

ウイグル 8世紀

(契丹小 10世紀)

(女真小 12世紀)


モンゴル 13世紀

トド 17世紀


満州 16世紀



ギリシア 前9世紀

エトルリア 前8世紀

ラテン 前7世紀

ルーン 2世紀

オガム 4世紀

ゴート 4世紀



コプト 300年

グルジア 4世紀

アルメニア 405年

グラゴル 862年

キリル 10世紀



イベリア(英語版) 前6世紀


南アラビア 前9世紀

ゲエズ 前5–6世紀


メロエ 前3世紀
カナダ先住民 1840年
注音 1913年

ラテン文字(ラテンもじ、: abecedarium Latinum、: Latin alphabet、ラテンアルファベット)は、表音文字音素文字アルファベット)の一つである。ローマ文字、ローマ字(: alfabeto Romano、: Roman alphabet)とも呼ばれる。

文字を右書きで横に並べることで単語を表記し、単語間を分かち書きで区切って並べることで文章を構成する。それぞれの文字は子音か母音を表す。

今日、人類社会で最も解読者人口が多い文字である。

元来ラテン語の文字で、古くから西欧中欧の諸言語[1]で使われているが、近代以降はこれら以外にも使用言語が多い。ただし発音の文字への表記方法は各言語ごとに異なっており、同じ綴りでも言語によって違う発音をすることはラテン文字においては全く珍しくない。英語など、古い時代に表記法が定められた言語においては表記と発音の間の乖離も大きなものとなってきている[2]
目次

1 日本語における呼称

2 使用言語

2.1 19世紀以前

2.2 19世紀以降のラテン文字化

2.3 旧ソ連地域におけるラテン文字化

2.4 日本におけるローマ字論

2.5 他文字使用言語のラテン文字表記法の成立


3 成立

4 使用される文字

4.1 基本字

4.2 追加字

4.3 併用される記号の例


5 文字の名称

6 他言語の文字のラテン文字表記

7 他の文字との関係

8 脚注

9 関連項目

日本語における呼称

日本語で単に「アルファベット」と言うとラテン文字のことを指すことが多い。

ローマ字」はラテン文字の別名だが、日本語をラテン文字で表記する表記法もローマ字と呼ぶ。

基本26文字を英語の表記に使ったとき、「英字」と呼び、特に「英字新聞」という語でよく使われる。他の言語に対し同様の表現(「仏字」など)が使われることはまれである。

「欧字」という表現が、日本工業規格(JIS)の規格票に見られる。
使用言語
19世紀以前

本来は、ラテン語のための文字である。このため、ラテン語を公用語とするローマ帝国の勢力伸長とともにラテン文字の使用圏も拡大していったが、ギリシア語を使用する帝国東部においては文字もギリシア文字が主流となっていた。395年のローマ帝国の東西分裂後、東ローマ帝国はギリシア語化していったが、西ローマ帝国はラテン語を使用し続け、文字もラテン文字を引き続き使用していた。西ローマ帝国はゲルマン民族の大移動などによって衰退していき476年に滅亡するが、この地域に侵入したゲルマン人たちはラテン語とラテン文字を行政言語として使用するようになり、やがて彼らの祖語であるゲルマン諸語もラテン文字によって表記するようになっていった。またこのころから力を強めていったローマ教会はラテン語を典礼用語としており、それを表記するためのラテン文字も西方教会圏全域に広まっていき、西方教会圏の諸言語を表記するためにラテン文字が転用されるようになった。こうして中世以降は、俗ラテン語に由来するロマンス諸語のみならず、西欧中欧西方教会カトリックプロテスタント)地域のほぼ全ての言語でラテン文字が使われるようになった。ゲルマン語派スラヴ語派の一部、バルト語派ケルト語派バスク語ウラル語族の一部などである。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:72 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE