ラッセル・スクウェア
[Wikipedia|▼Menu]
ラッセル・スクウェア

ラッセル・スクウェア (Russell Square)はイギリスロンドン市中心部、カムデンブルームズベリーにあるロンドンで二番目に大きなスクウェア(正方形の広場)[1]。広場周辺の地区もラッセル・スクウェアと呼ばれることもある。周囲にはロンドン大学関連の施設が多く、夏には学生で賑わう。ロンドン地下鉄の最寄り駅はラッセル・スクウェア駅



目次

1 概要

2 近隣で活躍した著名人

3 近隣

4 ギャラリ-

5 脚注

6 関連項目

7 外部リンク


概要

1800年に法律によって建設が決まり、1801年から1805年までの建設期間を経て、ラッセル・スクウェアは完成した。「ラッセル・スクウェア」という名称は土地を提供したベッドフォード公爵家の姓に由来する。ラッセル・スクウェアは1800年以前は、近隣のサウサンプトン・ローにちなんで「サウサンプトン・フィールド」や「ロング・フィールズ」と呼ばれていた。ラッセル・スクウェアは第二次世界大戦時に大きく破壊されたが、戦後再開発された。2005年7月7日に発生したロンドン同時爆破事件は広場近くで起こったため、慰霊碑が広場内に設置された。2016年8月3日深夜、ナイフを持った男が人を刺し、1人が死亡、5人がけがを負った[2]
近隣で活躍した著名人

T・S・エリオットが働いていた出版社Faber and Faberの建物 (フェイバー・ビルディング)が広場沿いにあり、記念のプレートが埋め込まれている。


YMCAの創設者ジョージ・ウィリアムズが暮らした建物があり、記念プレートが埋め込まれている。


トーマス・ローレンスアトリエが広場沿いにあった。

近隣

ロンドン大学本部

ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン

東洋アフリカ研究学院

大英博物館

ロンドン数学会 ド・モルガン・ハウス

ホテル・ラッセル : イギリスの大学連合「ラッセル・グループ」設立場所

ギャラリ-

チューリップが咲く5月

憩いの広場

広場内のカフェ

雪のラッセル・スクウェア

ラッセル・スクウェア駅

ホテル・ラッセル

脚注^ Harris, Cyril M (2001). What's in a name?. Middlesex, UK: Capital Transport Publishing. ISBN 1-185414-241-0
^[1] "ナイフ襲撃で6人死傷、テロか ロンドン中心部 大英博物館近く" 2016-08-03閲覧

関連項目

ウィキメディア・コモンズには、ラッセル・スクウェアに関連するメディアがあります。


タヴィストック広場

ベッドフォート・スクウェア (Bedford Square)

ブルームズベリー・スクウェア (Bloomsbury Square)

ゴードン・スクウェア (Gordon Square)

トリントン・スクウェア (Torrington Square)

ウォバーン・スクウェア (Woburn Square)

外部リンク

カムデン区 ラッセル・スクウェアの歴史

British History Online - Russell Square

360°パノラマ

座標: 北緯51度31分18秒 西経0度7分34秒? / ?北緯51.52167度 西経0.12611度? / 51.52167; -0.12611

更新日時:2016年8月4日(木)05:11
取得日時:2018/07/16 05:56


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:8903 Bytes
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE