ラジオ
ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]

この項目では、通信について説明しています。

野球選手については「ブレイディー・ラジオ」をご覧ください。

接頭辞については「RADIO」をご覧ください。

テレビドラマについては「ラジオ (テレビドラマ) 」をご覧ください。

ラジオ(英語: radio)とは、
無線通信により音声を送受信する技術ならびに、無線を利用した放送無線電話および、それを受信する収音機。本項で詳述する。

無線通信一般。(ラジオコントロールなど) 

主に音声だけで配信される番組一般。(ネットラジオなど)


目次

1 概説

2 災害耐性

3 ラジオ放送の種類

3.1 変調方式による分類

3.2 周波数による分類


4 ラジオ受信機の種類

4.1 回路方式による分類

4.2 チューニング方式による分類

4.3 形態による分類

4.4 受信周波数による分類


5 歴史

5.1 世界

5.2 日本

5.2.1 国民のラジオ熱(免許制以前)

5.2.2 日本初のラジオ放送

5.2.3 1945年まで

5.2.4 1945年 - 1959年

5.2.5 1960年 - 1974年

5.2.6 1975年 - 1989年

5.2.7 1990年 - 1999年

5.2.8 2000年 - 2009年

5.2.9 2010年以降



6 ステレオ放送

6.1 複数の放送波によるステレオ放送(立体放送)

6.1.1 沿革


6.2 FMステレオ放送

6.2.1 沿革


6.3 AMステレオ放送


7 インターネットを利用した展開

7.1 SimulRadio

7.2 IPサイマル放送


8 テレビとの違い

9 ラジオをテーマにした作品

10 フォネティックコード

11 脚注

11.1 注釈

11.2 出典


12 関連項目

13 外部リンク


概説

無線通信により音声を送受信する技術である。一般的にはラジオ(無線電話[1])放送やラジオ(放送無線電話[2])受信機(収音機)の略称として使われている。radiotelegraphy(無線電信)の短縮語を語源とする[3]。レディオ、レイディオと呼称される場合もあり、古くはラヂオとも表記した[注 1]

会話や音楽などの音声信号を、電波を使って送受信する。いくつかの方式があるが、最も歴史の長いのは振幅変調による中波放送で、基本的な方式は100年間も変わらず、現在でもラジオ放送の主流である。この方式および受信機は一般に「AM放送」「AMラジオ」と呼ばれる。また周波数変調による超短波ラジオ放送も広く普及しており、「FM放送」「FMラジオ」と呼ばれる。本項目でも特筆しない限り、この呼び方を用いる。
災害耐性

送信システムは比較的簡単な構造で、仮に地震などで放送局が破壊されても、肩に担げる程度の大きさの小型送信機から放送することも可能。これを活かし、大規模災害の発生時には臨時災害放送局が開設されることがあり、東日本大震災以降、この開局が盛んとなっている。


是非お友達にも!
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:78 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE