ラジオ
◇ピンチです!◇
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

この項目では、通信について説明しています。

野球選手については「ブレイディー・ラジオ」をご覧ください。

接頭辞については「RADIO」をご覧ください。

テレビドラマについては「ラジオ (テレビドラマ) 」をご覧ください。

ラジオ(英語: radio)とは、
無線通信により音声を送受信する技術ならびに、無線を利用した放送無線電話および、それを受信する受信機。本項で詳述する。

無線通信一般。(ラジオコントロールなど)

主に音声だけで配信される番組一般。(ネットラジオなど)


目次

1 概説

2 ラジオ放送の種類

3 ラジオ受信機の種類

3.1 回路方式による分類

3.2 チューニング方式による分類

3.3 形態による分類

3.4 受信周波数による分類


4 歴史

4.1 ラジオ放送の始まり

4.2 短波ラジオ放送

4.3 FMラジオ

4.4 デジタル化


5 アメリカのラジオ放送

5.1 3大ネットワークの誕生

5.2 FMラジオの規格化と普及


6 日本のラジオ放送

6.1 歴史

6.1.1 国民のラジオ熱(免許制以前)

6.1.2 日本初のラジオ放送

6.1.3 1945年まで

6.1.4 1945年 - 1959年

6.1.5 1960年 - 1974年

6.1.6 1975年 - 1989年

6.1.7 1990年 - 1999年

6.1.8 2000年 - 2009年

6.1.9 2010年以降


6.2 ステレオ放送

6.2.1 複数の放送波によるステレオ放送(立体放送)

6.2.1.1 沿革


6.2.2 FMステレオ放送

6.2.2.1 沿革


6.2.3 AMステレオ放送


6.3 インターネットを利用した展開

6.3.1 SimulRadio

6.3.2 IPサイマル配信



7 ラジオメディアの特性

7.1 テレビとの違い

7.2 災害耐性


8 ラジオをテーマにした作品

9 フォネティックコード

10 脚注

10.1 注釈

10.2 出典


11 関連項目

12 外部リンク


概説

無線通信により音声を送受信する技術である。一般的にはラジオ(無線電話[1])放送やラジオ(放送無線電話[2])受信機(収音機)の略称として使われている。radiotelegraphy(無線電信)の短縮語を語源とする[3]。レディオ、レイディオと呼称される場合もあり、古くはラヂオとも表記した[注 1]

会話や音楽などの音声信号を、電波を使って送受信する。いくつかの方式があるが、最も歴史の長いのは振幅変調による中波放送で、基本的な方式は100年間も変わらず、現在でもラジオ放送の主流である。この方式および受信機は一般に「AM放送」「AMラジオ」と呼ばれる。また周波数変調による超短波ラジオ放送も広く普及しており、「FM放送」「FMラジオ」と呼ばれる。本項目でも特筆しない限り、この呼び方を用いる。
ラジオ放送の種類
アナログ変調


AMラジオ - 振幅変調を用いて、中波で放送されている。

FMラジオ - 周波数変調を用いて、超短波で放送されている。振幅変調に比べ占有周波数帯幅が10倍必要なので超短波未満での運用はきわめて困難である。

短波ラジオ - 振幅変調を用いて、短波で放送されている。

長波ラジオ - 振幅変調を用いて、長波で放送されている。

デジタル変調 - 衛星デジタル放送や地上デジタル放送ではテレビジョン放送のみでなく、ラジオ放送にも用いられる。


アナログ音声放送

BSアナログ放送(独立音声放送)


デジタル音声放送

衛星デジタル音声放送

BSデジタル音声放送


CSデジタル音声放送

CS-PCM音声放送


地上デジタル音声放送 - アメリカなどでは本放送が開始された。日本でも2003年10月10日東京大阪試験放送を開始したが2011年3月末廃止。

極超短波以上を用いる地上波放送は、電波の性質上不適当であるためにどの国でも行われていない。
ラジオ受信機の種類

詳細は受信機も併せて参照。
回路方式による分類

回路方式により、以下の種類に分類できる。
鉱石
受信したものを増幅せず、鉱石検波器ゲルマニウムダイオード等で直接検波し、クリスタル・イヤホン等で聴取する。
ストレート
受信した周波数のまま増幅・復調を行う。戦前はほとんどこのタイプ。戦後は電子回路を理解するための電子工作で製作する程度の利用のみ。正帰還を用いた再生検波も広く用いられた。
レフレックス
ラジオ搬送波と復調後の音声の周波数帯域が異なるのを利用し、検波前の高周波増幅と検波後の音声増幅を一つの増幅素子で兼ねる方式。増幅素子には真空管トランジスタ等を用いる。昔は高価だった増幅素子を節約するために考案された。原理的にはストレート、スーパーヘテロダイン共にレフレックス方式とする事が可能ではある。
スーパーヘテロダイン
受信した周波数を一定の周波数(中間周波数)に変換した上で増幅・復調を行う。戦中は規制されており、戦後に主流となる。
ダイレクトコンバージョン
受信した周波数に近い高周波を発生させ、直接、音声信号を取り出す。近年、技術革新により安定して高周波を作り出すことが容易となり、中間周波数に変換する部品が省け小型化できるメリットから携帯電話などに盛んに用いられるようになった。


ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:80 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE