ヨーロッパ
◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]

「ヨーロッパ」のその他の用法については「ヨーロッパ (曖昧さ回避)」をご覧ください。

ヨーロッパ
面積1018万 km2
人口7億3100万人 (2009, 3位)
人口密度70人/km2
住民の呼称ヨーロッパ人
国数50
標準時UTC ~ UTC+5
使用TLD.eu (EU)
最大都市モスクワ
テンプレートを表示

ヨーロッパ[※ 1]ポルトガル語: Europa、オランダ語: Europa)は、地球上の七つの大州の一つ。欧州(おうしゅう)。漢字表記は欧羅巴。

地理的には、ユーラシア大陸北西の半島部を包括し、ウラル山脈およびコーカサス山脈分水嶺ウラル川カスピ海黒海、そして黒海とエーゲ海を繋ぐボスポラス海峡-マルマラ海-ダーダネルス海峡が、アジアと区分されるの境界となる[1][2]

面積から見るとヨーロッパ大陸は世界で2番目に小さな大州であり、1018万km2は地球表面積の2%、陸地に限れば6.8%を占める。アジアに跨る領土を持つロシアは、ヨーロッパ50カ国の中で面積および人口第一位の国家である。対照的に最も小さな国家はバチカン市国である。総人口はアジア・アフリカに次ぐ7億3300万。これは地球総人口の11%である[3]

ヨーロッパ、特に古代ギリシア西洋文明発祥の地である[4]。これは、16世紀以降の植民地主義の始まりとともに世界中に拡散し、支配的な役割を果たした。16世紀から20世紀の間、ヨーロッパの国々はアメリカ州アフリカオセアニア中東アジアの大部分を支配下に置いた。二度の世界大戦はヨーロッパを戦火で覆い、20世紀中頃の西ヨーロッパによる世界への影響力減衰に結びつき、その地位をアメリカ合衆国ソビエト連邦に奪われる結果となった[5]


目次

1 定義

1.1 定義史

1.2 現代の定義


2 呼称

2.1 語源

2.2 各言語での語形

2.3 他の語


3 領域

3.1 国際連合による分類

3.2 ワールド・ファクトブックによる分類

3.3 冷戦時代の分類


4 歴史

4.1 地質史

4.2 先史時代

4.3 ヨーロッパ概念の嚆矢


5 地理

6 ヨーロッパの国々

7 各国の位置

8 気候

9 植生

10 経済

11 言語・民族

11.1 言語

11.2 住民の遺伝子


12 宗教

13 統合

14 注釈

15 出典

16 参考文献

17 関連項目


定義復元されたヘロドトスの世界地図。1472年に作成された中世のTO図。世界を3つの大陸として描いている。ヨーロッパの女王(英語版)を模した地図。『宇宙誌』から。ここでは、ブリテン諸島スカンディナヴィア半島がヨーロッパとして含まれていない。
定義史

用語「ヨーロッパ」は、歴史が展開する中で使われ方が様々に発展した[6][7]。地理用語としてのEur?p?の記録に残る最古の使用法は、エーゲ海の南海岸を指したもので、デロス島のアポローンに捧げられたホメーロス風讃歌にある。初めてヨーロッパとアジアを区分した地図はミレトスのヘカタイオスが作成した[8]ギリシアの歴史家ヘロドトスは著書『歴史』第4章にて[8]、世界がヨーロッパ・アジア・リビアの3箇所に分けられ、その境界はナイル川リオニ川であることを示唆した。彼はさらに、ヨーロッパとアジアの境界はリオニ川ではなくドン川とする考えもあると述べた[9]。1世紀の地理学者ストラボンも東側の境をドン川と考えた[10]。フラヴィウス家(英語版)の人物の著述や『ヨベル書』では、各大陸をノアから3人の息子たちへそれぞれ与えられたものと記している。そこでは、ヨーロッパはリビアとの境となるジブラルタル海峡ヘラクレスの柱から、アジアとの境となるドン川まで広がる地域としている[11]

ヨーロッパの文化に言及すると、まず大きく東西2つに分けられ、「西ヨーロッパ」はラテン語とキリスト教世界(英語版)が結合し8世紀に形成された地域となり、ゲルマン民族の伝統とラテンキリスト教文化の合流と表され、「東ヨーロッパ」は「ビザンティン帝国」となる。これらはイスラム圏と対比することもできる。西ヨーロッパ地域はイベリア半島北部、ブリテン諸島フランス、キリスト教化されたドイツ西部、アルプスそして北および中央イタリアが該当する[12]


是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:142 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE