ヨハネの手紙三
是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]

新約聖書

福音書
マタイ ? マルコ ? ルカ ? ヨハネ
言行録
使徒言行録
書簡
パウロ書簡公同書簡
ローマ
1 コリント ? 2 コリント
ガラテヤ ? エフェソ
フィリピ ? コロサイ
1 テサロニケ ? 2 テサロニケ
1 テモテ ? 2 テモテ
テトス ? フィレモン
ヘブライ ? ヤコブ
1 ペトロ ? 2 ペトロ
1 ヨハネ ? 2 ヨハネ ? 3 ヨハネ
ユダ
黙示録
ヨハネの黙示録










『ヨハネの手紙三』(ヨハネのてがみさん)は新約聖書正典を構成する27文書の一つで、公同書簡に分類される3通のヨハネ書簡の最後のものである。ガイオという人物に宛てて、他のキリスト教徒を受け入れ、親切にすることを説いたこの書簡は15節しかなく、旧約・新約聖書の中でも短さの点で一、二を争う。1世紀後半から2世紀初め頃に成立したと考えられているが、その短さや教理的要素の少なさもあって、キリスト教文献での直接的言及は3世紀まで見られず、正典と広く承認されるまでに時間を要した。

定評あるギリシア語校訂版のネストレ・アーラント28版での題名は ΙΩΑΝΝΟΥ ΕΠΙΣΤΟΛΗ ΤΡΙΤΗ である[1]。『ヨハネの手紙三』という呼称は新共同訳聖書によるもので、カール・ギュツラフによる最初の日本語訳『約翰下書』[注釈 1]以来、様々な題名で呼ばれてきた。何らかの団体によって訳された聖書(およびそれと訳名が一致する個人訳)での名称としては、『ヨハネの第三の書』(大正改訳)、『ヨハネの第三の手紙』(口語訳バルバロ訳フランシスコ会訳岩波委員会訳)、『ヨハンネスの手紙 III』(共同訳)、『ヨハネの手紙 第三』(新改訳塚本虎二訳)、『イオアンの第三書』[注釈 2]日本正教会訳)などがある[注釈 3]。以下では便宜上、第三ヨハネ書ないし第三書と略す。ほか2つのヨハネ書簡の略し方もこれに準ずる。


目次

1 概要

2 著者

3 執筆年代

4 執筆地

5 内容

5.1 構成

5.2 要約

5.3 注解

5.3.1 1節から4節

5.3.2 5節から8節

5.3.3 9節から10節

5.3.4 11節から12節

5.3.5 13節から15節



6 正典化

7 意義

8 脚注


是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:245 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE