ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン
[Wikipedia|▼Menu]

座標: 北緯51度31分29秒 西経0度08分01秒 / 北緯51.524659度 西経0.133704度 / 51.524659; -0.133704

University College London
校訓Cuncti adsint meritaeque expectent praemia palmae
校訓(英語)Let all come who by merit deserve the most reward
学校種別公立
設立年1826年
理事長アン王女ロンドン大学
副学長マルコム・グラント
基金7,270万ポンド(2011年)[1]
理事会人数9,783人(2011年平均)[1]
学生数23,250人[2]
学部生数12,789人
大学院生数10,463人
所在地 イギリス
イングランド ロンドン
卒業生数120,000 of whom 40,000 live overseas
スクールカラー

           

ウェブサイト ⇒ucl.ac.uk
テンプレートを表示
主要校舎外観

ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン(University College London, UCL)は、イギリスロンドン市中心部ブルームズベリー及びカナリー・ワーフキャンパスを置く、1826年設立のイギリスのトップ総合大学である。UCLはロンドン大学群最初の高等教育機関であるが、現在ではロンドン大学を構成する他の教育・研究機関同様、独立した学位授与機関である。イギリスの大規模研究型大学連盟ラッセル・グループおよびヨーロッパ研究大学連盟 (LERU) に加盟している。

現在までUCLは卒業生、教員、創立者から計29人のノーベル賞受賞者と3人のフィールズ賞受賞者を輩出している。


1859年にチャールズ・ダーウィンが「種の起源」を発表したことでも世界的に有名。日本では初代内閣総理大臣伊藤博文五代友厚森有礼などの明治維新に大きく影響を与えた人物達が学んだことで有名。近年の著名人では小泉純一郎総理大臣が留学したことでも知られている。

1899年、電気工学部にペンダー・チェアというポストがジョン・フレミングを初代に据えられた。これはケーブル・アンド・ワイヤレスグリエルモ・マルコーニと共に誕生させたジョン・ペンダーを偲ぶものであり、現在も継承されている。
目次

1 概要

2 歴史

3 校風

4 組織

5 世界的評価

6 ノーベル賞受賞者

7 主な関係者

7.1 自然科学

7.2 人文・社会科学

7.3 政治家・官僚

7.4 文学・芸術

7.5 映画・音楽

7.6 その他


8 キャンパス

9 日本の大学との関係

9.1 交換留学提携校

9.2 学術交流協定校


10 関連項目

11 脚注

12 外部リンク

概要

UCL(University College London)は、ロンドン大学(University of London)を構成する、イギリスを代表する研究志向の総合大学であり、ロンドン最大の高等教育機関である。UCLは、QS World University Rankings において、2007年以降、常に世界のトップ10以上の評価を受けている。現在までUCLは卒業生、教員、創立者から計29人のノーベル賞受賞者と3人のフィールズ賞受賞者を輩出している。

2003年8月、マルコム・グラント(英語版) が学長に就任後、それまでイギリスの大学では稀だった、大学献金 (Fund Raising) のキャンペーンを行い、8,100万ポンド(約170億円)を拠出し、大学の財政状態を大きく好転させた。また、同学長は、就任以来UCLの研究志向型大 学への転換を推進し、学部教育よりも大学院教育を重視するようになった。Thomson ISI(英語版)が2008年7月に発表したScience Citation Index では、自然科学分野の教員1人当たり論文の引用回数が、世界で13位とイギリスの大学でトップとなった。さらにGrantは、"London's Global University" を合言葉に、UCLのグローバル化を推進した。現在、世界140ヶ国以上の国から留学生を受け入れ、アメリカコロンビア大学エール大学ニューヨーク大学テキサス大学、フランスのエコール・ノルマル・シュペリウール、日本の東京大学一橋大学早稲田大学大阪大学など、世界中の大学との提携を実現させている。2006年1月には、UCLはヨーロッパ研究大学連盟 (LERU) の加盟校として招待されUCLはこれに合意した。イギリスでLERUに加盟を許可されている大学としては、オックスフォード大学ケンブリッジ大学エディンバラ大学に続く4校目である。

UCLは日本の近代化に大きな影響を与えた。人種や宗教といった入学制限がなかったことから、幕末から明治維新にかけて、松下村塾出身者や薩摩藩留学生を中心とする多くの日本人留学生がUCLで学び、明治政府の設立・発展に貢献した。現在の日本がイギリスと同じ議会制民主主義を採用しているのは、彼らがUCLに留学し学んだことの影響が大きい。UCLのメインキャンパス内の中庭には、当時の留学生の氏名を日本語で記した記念碑があり、その筆頭に伊藤博文の名前がある。さらに、夏目漱石が明治政府から派遣されてきたのもUCLであった。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:111 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE