ユグノー戦争
◇ピンチです!◇
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]
「サン・バルテルミの虐殺」 フランソワ・デュボア作

ユグノー戦争(ユグノーせんそう、フランス語:Guerres de religion, 1562年 - 1598年)は、フランスカトリックプロテスタントが休戦を挟んで8次40年近くにわたり戦った内戦である。

ドイツに始まった宗教改革運動は各国に広まったが、ジャン・カルヴァンの思想がフランスでも勢力を持ち、プロテスタントはカトリック側からユグノー(huguenot)と呼ばれた。ユグノーには貴族も加わり、弾圧にもかかわらず勢力を広げていった。1562年にカトリックの中心人物ギーズ公によるヴァシーでのユグノー虐殺事件(ヴァシーの虐殺)が契機となり、内乱状態になった。妥協的な和平を挟んだ数次の戦争の後の1572年8月24日には、カトリックがユグノー数千人を虐殺するサン・バルテルミの虐殺が起こっている。

宗教上の対立であるとともに、ブルボン家(プロテスタント)やギーズ家(カトリック)などフランス貴族間の党派争いでもあった。加えて、この戦争はカトリックのスペイン王フェリペ2世とプロテスタントのイングランド女王エリザベス1世との代理戦争の性格も有している。1589年ギーズ公アンリ、次いで国王アンリ3世が暗殺されてヴァロワ朝が断絶し、アンリ4世が即位してブルボン朝が興った。パリではカトリックの勢力が強く、プロテスタントの王を認めなかったため、アンリ4世はカトリックに改宗している。一方でナントの勅令(1598年)を発して、プロテスタントに一定の制限の下ではあるが信仰の自由を認め、戦争は終結した。


目次

1 背景:1560年以前の状況

1.1 フランソワ1世

1.2 アンリ2世


2 初期の紛争(1560年 - 1562年)

2.1 アンボワーズの陰謀と聖像破壊

2.2 カトリーヌ・ド・メディシスの寛容政策とヴァシーの虐殺


3 内戦の勃発(1562年 - 1570年)

3.1 第1次戦争(1562年 - 1563年)

3.2 武装した平和(1563年 - 1567年)と第2次戦争(1567年 - 1568年)

3.3 第3次戦争(1568年 - 1570年)


4 サン・バルテルミの虐殺(1572年 - 1573年)

4.1 サン・バルテルミの虐殺

4.2 第4次戦争(1572年 - 1573年)


5 カトリック同盟の台頭(1574年 - 1580年)

5.1 シャルル9世の死と第5次戦争(1574年 - 1576年)

5.2 カトリック同盟と第6次戦争(1576年 - 1577年)

5.3 第7次戦争(1579年 - 1580年)とアンジュー公の死(1584年)


6 三アンリの戦い(1585年 - 1588年)

6.1 バリケードの日

6.2 ブロワ三部会とギーズ公暗殺(1588年)

6.3 アンリ3世の暗殺(1589年)


7 アンリ4世の王国平定(1589年 - 1593年)

7.1 ブルターニュの戦い


是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:91 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE