ユグノー戦争
ご協力下さい!!
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]
「サン・バルテルミの虐殺」 フランソワ・デュボア作

ユグノー戦争(ユグノーせんそう、フランス語:Guerres de religion, 1562年 - 1598年)は、フランスカトリックプロテスタントが休戦を挟んで8次40年近くにわたり戦った内戦である。

ドイツに始まった宗教改革運動は各国に広まったが、ジャン・カルヴァンの思想がフランスでも勢力を持ち、プロテスタントはカトリック側からユグノー(huguenot)と呼ばれた。ユグノーには貴族も加わり、弾圧にもかかわらず勢力を広げていった。1562年にカトリックの中心人物ギーズ公によるヴァシーでのユグノー虐殺事件(ヴァシーの虐殺)が契機となり、内乱状態になった。妥協的な和平を挟んだ数次の戦争の後の1572年8月24日には、カトリックがユグノー数千人を虐殺するサン・バルテルミの虐殺が起こっている。

宗教上の対立であるとともに、ブルボン家(プロテスタント)やギーズ家(カトリック)などフランス貴族間の党派争いでもあった。加えて、この戦争はカトリックのスペイン王フェリペ2世とプロテスタントのイングランド女王エリザベス1世との代理戦争の性格も有している。1589年ギーズ公アンリ、次いで国王アンリ3世が暗殺されてヴァロワ朝が断絶し、アンリ4世が即位してブルボン朝が興った。パリではカトリックの勢力が強く、プロテスタントの王を認めなかったため、アンリ4世はカトリックに改宗している。一方でナントの勅令(1598年)を発して、プロテスタントに一定の制限の下ではあるが信仰の自由を認め、戦争は終結した。


目次

1 背景:1560年以前の状況

1.1 フランソワ1世

1.2 アンリ2世


2 初期の紛争(1560年 - 1562年)

2.1 アンボワーズの陰謀と聖像破壊

2.2 カトリーヌ・ド・メディシスの寛容政策とヴァシーの虐殺


3 内戦の勃発(1562年 - 1570年)

3.1 第1次戦争(1562年 - 1563年)

3.2 武装した平和(1563年 - 1567年)と第2次戦争(1567年 - 1568年)

3.3 第3次戦争(1568年 - 1570年)


4 サン・バルテルミの虐殺(1572年 - 1573年)

4.1 サン・バルテルミの虐殺

4.2 第4次戦争(1572年 - 1573年)


5 カトリック同盟の台頭(1574年 - 1580年)

5.1 シャルル9世の死と第5次戦争(1574年 - 1576年)

5.2 カトリック同盟と第6次戦争(1576年 - 1577年)

5.3 第7次戦争(1579年 - 1580年)とアンジュー公の死(1584年)


6 三アンリの戦い(1585年 - 1588年)

6.1 バリケードの日

6.2 ブロワ三部会とギーズ公暗殺(1588年)

6.3 アンリ3世の暗殺(1589年)


7 アンリ4世の王国平定(1589年 - 1593年)

7.1 ブルターニュの戦い


8 平和へ向けて(1593年 - 1598年)

8.1 改宗

8.2 スペインとの戦争とブルターニュ平定(1595年 - 1598年)


9 ナント勅令(1598年)

10 17世紀と18世紀

11 年表

12 脚注

13 参考文献

14 関連項目

15 外部リンク


背景:1560年以前の状況詳細は「ユグノー」を参照
フランソワ1世フランソワ1世

ルター思想は1520年代にフランスに伝わり、プロテスタントに対する政策は寛容と弾圧の間で揺れ動いていた。イタリア戦争の渦中にあったフランソワ1世(在位:1515年 - 1547年)は神聖ローマ帝国内のプロテスタント諸侯の反乱を支援しており、フランス国内における信者に対して寛容であった。それ以上にルター派と宮廷内で人気のあった人文主義改革運動との区別が曖昧であり、また国王の姉ナバラ王妃マルグリットルフェーヴル・デタープルなどの改革者たちを異端の嫌疑から庇護していた。だが、1534年檄文事件が起こるとフランソワ1世はプロテスタントを脅威と感じ、彼らを弾圧し始める。
アンリ2世アンリ2世

アンリ2世の治世(1547年 - 1559年)でも迫害は断続的に続き、治世の終わり頃に異端審問のための新たな法廷が作られ、これはプロテスタントからは火刑法廷(la chambre ardente)と呼ばれた[1]。これはこの時期にカルヴァン派がルター派を凌いでフランス国内におけるプロテスタントの主流になり、急速に数を増やしたことの反動と見られる。フランス生まれのジャン・カルヴァンによって作られたカルヴァン主義は、社会階層や職業の違いなく人々を惹きつけ、更には地域差なく広範囲に広まっていた。

1559年、66のカルヴァン派信徒団の代表が秘密裏にパリに集まって第1回全国教会会議を催し、信仰告白と教会規則を作成した。1560年時点で、カルヴァン派はフランス総人口1800万人の約10%と推定されている[2]

1559年のアンリ2世の突発的な事故死は政治的空白を作り出し、フランソワ2世の妃であるスコットランド女王メアリーの母方の親族であるギーズ家が実権を握った[3]キーズ公フランソワカレーイングランドから奪回した英雄であり、その弟のロレーヌ枢機卿はフランス・カトリック教会の首長で、いずれも熱狂的なカトリックだった。一方のプロテスタントはブルボン家当主のナバラ王アントワーヌを盟主に戴いていたが、熱狂的プロテスタントの妻ナバラ女王ジャンヌ・ダルブレ(ナバラ王妃マルグリットの娘)に主導権を取られる頼りない人物で[4](戦争中は寝返ってカトリックに改宗している)、後に弟のコンデ公ルイがプロテスタントの中心となる。


ご協力下さい!!
◇暇つぶし何某◇

次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:90 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE