ヤマブキ
[Wikipedia|▼Menu]

この記事は検証可能参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2018年2月)

ヤマブキ
ヤマブキ(一重)
分類

:植物界 Plantae
階級なし:被子植物 angiosperms
階級なし:真正双子葉類 Eudicots
階級なし:バラ類 rosids
階級なし:マメ類 fabids
:バラ目 Rosales
:バラ科 Rosaceae
亜科:サクラ亜科 Amygdaloideae
:ヤマブキ属 Kerria
:ヤマブキ K. japonica

学名
Kerria japonica (L.) DC.
和名
ヤマブキ(山吹)
英名
Japanese kerria

ヤマブキ(山吹、棣棠、学名:Kerria japonica)は、バラ科ヤマブキ属(本種のみの一属一種)の落葉低木。黄色の花をつける。季語

学名はスコットランドの植物学者のウィリアム・カー(英語版)に由来する。


目次

1 特徴

2 似たもの

3 文化

4 市町村の花に指定されている自治体

5 ギャラリー

6 関連項目


特徴

低山の明るい林の木陰などに群生する。樹木ではあるが、は細く、柔らかい。背丈は1mから、せいぜい2m、立ち上がるが、先端はやや傾き、往々にして山腹では麓側に垂れる。地下に茎を横に伸ばし、群生する。は鋸歯がはっきりしていて、薄い。

晩春に明るい黄色の花を多数つける。多数の雄蕊と5?8個の離生心皮がある。心皮は熟して分果になる。

北海道から九州まで分布し、国外では中国に産する。古くから親しまれた花で、庭に栽培される。花は一重のものと八重のものがあり、特に八重咲き品種(K. japonica f. plena)が好まれ、よく栽培される。一重のものは花弁は5枚。
似たもの

シロヤマブキ(Rhodotypos scandens (Thumb.) Makino)もあるが別属である。日本では岡山県にのみ自生しているが、花木として庭で栽培される事が珍しくない。こちらは花弁は4枚。
文化

古歌にも好んで詠まれ、しばしば蛙(かわず(旧かな表記では「かはづ」))とともに詠み合わせられる。太田道灌と八重山吹の話はよく知られている。詳細は、太田道灌#逸話を参照。なお、件の歌については、普通は八重咲き山吹には実がつかないことを述べた歌とされるが、「七重八重」を山吹が積み重なる様に咲く様子を述べたと解し、ヤマブキの果実が堅くて食えないので、「山ほど花が咲くのに、食える実がつかないのは情けない」とする解釈もあるらしい。

山吹色といえば、オレンジ色黄色の中間色のことである。下のような色である。往々にして小判の色をこれにたとえる。


市町村の花に指定されている自治体

檜原村東京都

白石市宮城県

川越市埼玉県

常陸太田市茨城県

島本町大阪府

みなかみ町群馬県

宇治市京都府

井手町京都府

川上村奈良県

山北町神奈川県

ギャラリー

ヤマブキ(八重)

ヤマブキ(八重)
天龍寺庭園

ヤマブキ(一重)
再度公園

関連項目

ウィキメディア・コモンズには、ヤマブキに関連するメディアがあります。


木の一覧

この項目は、植物に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めていますプロジェクト:植物Portal:植物)。


更新日時:2018年2月28日(水)07:30
取得日時:2018/05/24 07:13


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:8422 Bytes
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE