ヤマト王権
[Wikipedia|▼Menu]

この記事には複数の問題があります。改善ノートページでの議論にご協力ください。

独自研究が含まれているおそれがあります。(2015年2月)


言葉を濁した曖昧な記述になっています。(2016年1月)


ウィキペディアの品質基準を満たしていないおそれがあります。
※このパラメータは2018年12月9日に廃止されます。別のパラメータに変更するかまたは除去して下さい。(2015年2月)


ヤマト王権(ヤマトおうけん)とは、3世紀から始まる古墳時代に「王」「大王」(おおきみ)などと呼称された倭国 (わこく)の王を中心として、いくつかの有力氏族が連合して成立した政治権力、政治組織である。今の奈良盆地を中心とする大和地方の国がまわりの国を従えたことからこう呼ばれる。旧来より一般的に大和朝廷(やまとちょうてい)と呼ばれてきたが、歴史学者の中で「大和」「朝廷」という語彙で時代を表すことは必ずしも適切ではないとの見解が1970年代以降に現れており、その歴史観を反映する用語として「ヤマト王権」の語等が用いられはじめた。

本記事では、これら「大和朝廷」および「ヤマト王権」について、解説をする。

呼称については、古墳時代の前半においては近年「倭王権」「ヤマト政権」「倭政権」などの用語も用いられている(詳細は「名称について」の節を参照)。古墳時代の後、飛鳥時代での天皇を中心とした日本国の中央集権組織のことは「朝廷」と表現するのが歴史研究でも世間の多くでも、ともに一般的な表現である。

ヤマト王権の語彙は「奈良盆地などの近畿地方中央部を念頭にした王権力」の意であるが、一方で「地域国家」と称せられる日本列島各地の多様な権力(王権)の存在を重視すべきとの見解がある。
目次

1 名称について

1.1 「大和」をめぐって

1.2 「朝廷」をめぐって

1.3 「国家」「政権」「王権」「朝廷」

1.4 用語「ヤマト王権」について

1.5 「大和朝廷」


2 王号について

3 ヤマト王権の歴史

3.1 王権の成立

3.1.1 小国の発生

3.1.2 邪馬台国連合と纒向遺跡

3.1.3 ヤマト「王権」の成立

3.1.3.1 「王位」「王権」「王統」

3.1.3.2 「ヤマト王権」と邪馬台国の関係


3.1.4 九州王朝説・多元王朝説


3.2 王権の展開

3.2.1 前方後円墳体制(古墳時代前期前半)

3.2.2 七支刀と広開土王碑(古墳時代前期後半)

3.2.3 巨大古墳の時代(古墳時代中期前半)

3.2.4 ワカタケルの政権(古墳時代中期後半)


3.3 王権の動揺と変質

3.3.1 継体・欽明朝の成立(古墳時代後期前半)

3.3.2 ヤマト国家から律令制へ(古墳時代後期後半)

3.3.3 「日本」へ



4 史書の記録

4.1 前史

4.2 神武東征と建国

4.3 伝承の時代

4.4 古墳時代


5 神話伝承を根拠とする諸事

5.1 皇紀と建国記念の日

5.2 神宝と皇室行事


6 関連神社

7 脚注

7.1 注釈

7.2 出典


8 参考文献

9 外部リンク

10 関連項目

名称について

1970年代前半ころまでは、4世紀ころから6世紀ころにかけての時代区分として「大和時代」が広く用いられ、その時期に日本列島の主要部を支配した政治勢力として「大和朝廷」の呼称が一義的に用いられていた。

しかし1970年代以降、重大な古墳の発見や発掘調査が相次ぎ、理化学的年代測定年輪年代測定の方法が確立し、その精度が向上したこともあいまって古墳の編年研究が著しく進捗し、「大和」「朝廷」という語彙で時代を表すことは必ずしも適切ではないとの見解が現れ、その見解が日本国での歴史学の学会などで有力になり、そのため「大和時代」ではなく、かわって「古墳時代」と呼称するのが日本国での日本史研究および日本国での高等教育では一般的となっている[注 1]

古墳研究は文献史学との提携が一般的となって、古墳時代の政治組織にもおよび、それに応じて古墳時代の政権について「ヤマト王権」や「大和政権」等の用語が使用され始めた。1980年代以降は、「大和政権」、「ヤマト政権」、それが王権であることを重視して「ヤマト王権」、「大和王権」と記述されるようになる。

しかし、引き続き「大和朝廷」も一部の研究者によって使用されている[1]。これは、「大和(ヤマト)」と「朝廷」という言葉の使用について、学界でさまざまな見解が並立していることを反映している。
「大和」をめぐって「大和」および「」も参照

「大和(ヤマト)」をめぐっては、8世紀前半完成の『古事記』や『日本書紀』や、その他の7世紀以前の文献史料・金石文・木簡などでは、「大和」の漢字表記はなされておらず、倭(ヤマト)として表記されている。三世紀には邪馬台国の記述が魏志倭人伝に登場する。その後701年の大宝律令施行により、国名(郡・里(後の郷)名も)は二文字とすることになって大倭となり、橘諸兄政権開始後間もなくの天平9年(737年)12月丙寅(27日)に、恭仁京遷都に先立って大養徳となったが(地名のみならずウジ名も)、藤原仲麻呂権勢下の天平19年(747年)3月辛卯(16日)(前年に恭仁京完全廃棄(9月に大極殿を山背国分寺に施入))に大倭に戻り、そして天平宝字元年(757年)(正月(改元前)に諸兄死去)の後半頃に、大和へと変化していく。同年に施行(仲麻呂の提案による)された養老令から、広く「大和」表記がなされるようになったことから、7世紀以前の政治勢力を指す言葉として「大和」を使用することは適切ではないという見解がある[2]。ただし、武光誠のように3世紀末から「大和」を使用する研究者もいる[1]

「大和(ヤマト)」はまた、
国号「日本)」の訓読(すなわち、古代の日本国家全体)

令制国としての「大和」(上述)

奈良盆地東南部の三輪山麓一帯(すなわち令制大和国のうちの磯城郡十市郡

の広狭三様の意味をもっており[3]、最も狭い3.のヤマトこそ、出現期古墳が集中する地域であり、王権の政権中枢が存在した地と考えられるところから、むしろ、令制大和国(2.)をただちに連想する「大和」表記よりも、3.を含意することが明白な「ヤマト」の方がより適切ではないかと考えられるようになった。

白石太一郎はさらに、奈良盆地・京都盆地から大阪平野にかけて、北の淀川水系と南の大和川水系では古墳のあり方が大きく相違している[注 2]ことに着目し、「ヤマト」はむしろ大和川水系の地域、すなわち後代の大和と河内和泉ふくむ)を合わせた地域である、としている[4]。すなわち、白石によれば、1.?3.に加えて、4.大和川水系(大和と河内)という意味も包括的に扱えるのでカタカナ表記の「ヤマト」を用いるということである。

いっぽう関和彦は、「大和」表記は8世紀からであり、それ以前は「倭」「大倭」と表記されていたので、4,5世紀の政権を表現するのは倭王権、大倭王権が適切であるが、両者の表記の混乱を防ぐため「ヤマト」表記が妥当だとしている[5]


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:107 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE