モザイク処理
ご協力下さい!!
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

モザイク」あるいは「モザイク写真」とは異なります。

この記事には独自研究が含まれているおそれがあります。問題箇所を検証出典を追加して、記事の改善にご協力ください。議論はノートを参照してください。(2017年4月)
個人情報を把握されないようにモザイク処理された運転免許証

モザイク処理(モザイクしょり)(英語: mosaic processing)・ピクセル化 (英語: pixelization)とは写真画像静止画映像動画において表示したくない部分をピクセル単位で見えにくくする映像処理。


目次

1 概要

2 処理方法

2.1 非可逆変換

2.2 可逆変換


3 編集機材

4 モザイクの復元

4.1 ドラマなどのモザイク復元シーン

4.2 復元を試みる機材・ソフト


5 脚注

5.1 注釈

5.2 出典


6 関連項目


概要

 
検閲

国別

旧東ドイツ
アルジェリア
韓国
中国
日本
メディア

禁書
紙芝居
インターネット
音楽
コンピュータゲーム
手段

発禁
焚書
記事差止命令
改描
自主規制音
フィルタリング
ブロッキング
モザイク処理
自己検閲
表示

映像(もしくは画像)内に登場する人物の肖像権など知的財産権および個人情報の保護のために利用される事が多い。テレビ番組では番組宣伝などの演出[注 1]や、番組とは無関係な企業名や商品名が写り込んでいる場合にそれを伏せるためにも使用される。また、昔の番組放送素材を再放送やDVD作品化する際に提供スポンサーやCMなどのテロップを伏せるときに使用するケースもある[注 2]。2000年代以降ではロケ・取材時に防犯・テロ対策として場所を特定されなくするために、出演者以外の画面全体にモザイクをかけることもある。また、店の看板などの電話番号、車のナンバープレート選挙ポスター、画面に写り込んでしまった通行人の顔など個人情報が漏洩するのを防止するためにも使われる。

モザイク処理以外の画像処理では、番組タイトルや出演者の顔写真を伏せに使う例や[注 3]、書類等が対象の場合は当該項目にテープを貼って隠す手段がとられる[注 4]

日本ではアダルトビデオの普及とともにモザイク処理の認知度が広まっていったことや[注 5]、股間を隠すためにテレビ映像にて使われることも多いため「モザイク処理=卑猥」という固定観念は今も根強い。

同様の目的に使用される処理としては、ぼかし処理・反転処理などがある。モザイク処理には、非可逆変換と可逆変換とがある。

モザイク (フランス語 moseiq) は、寄せ木細工のような美術作品を意味する用語から来ている。英語でもmosaic(発音はモゼーイック)と言うこともあるが、pixelization(直訳すればピクセル化)のほうが一般的である。なお、モザイク写真とは、モザイクのように継ぎ合わせて作った写真のことで、モザイク処理とは関係ない。
処理方法可逆変換モザイクの例(猫の顔)。白枠内は、マトリクスに分割して並べ替えただけであり、切り張りをすれば元に戻せる。
非可逆変換

「非可逆変換」によってモザイク処理を施したものは、元に戻すことができない(シャノン=ハートレーの定理を参照)。


ご協力下さい!!
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:21 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE