モクセイ
◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]

「ギンモクセイ」はこの項目へ転送されています。曽根由希江の曲については「ギンモクセイ (曽根由希江の曲)」をご覧ください。

モクセイ(ギンモクセイ)
ギンモクセイ
(2004年10月17日、兵庫県
分類APG III

:植物界 Plantae
階級なし:被子植物 Angiosperms
階級なし:真正双子葉類 Eudicots
階級なし:コア真正双子葉類 Core eudicots
階級なし:キク類 Asterids
階級なし:真正キク類I Euasterids I
:シソ目 Lamiales
:モクセイ科 Oleaceae
:オリーブ連 Oleeae
:モクセイ属 Osmanthus
:モクセイ O. fragrans

学名
Osmanthus fragrans
Lour.[1]
変種品種[2]


ギンモクセイ O. f. var. fragrans

キンモクセイ O. f. var. aurantiacus

シロモクセイ O. f. var. aurantiacus f. leucanthus

ウスギモクセイ O. f. var. aurantiacus f. thunbergii

モクセイ(木犀、学名: Osmanthus fragrans)は、モクセイ科モクセイ属常緑小高木。別名、ギンモクセイ(銀木犀)という。中国名は桂花。

広義では、Osmanthus fragrans に属する変種品種(ギンモクセイ、キンモクセイ、ウスギモクセイなど)の総称であるが、単に「木犀」と言う場合は、ギンモクセイを指すことが多い。


目次

1 形態・生態

2 分布

3 人間との関わり

3.1 都道府県・市町村の木に指定している自治体


4 変種

5 脚注

6 参考文献

7 関連項目

8 外部リンク


形態・生態

樹高は3-6mになる。は淡灰褐色で、樹皮は縦に裂け目ができる。

は長さ7-15mmの葉柄をもって対生する。葉身質で、長さ8-15cm、幅3-5cmとキンモクセイより葉幅が広く、楕円形で先端は急にとがり、縁にはあらい細鋸歯があるが、鋸歯がなく全縁の場合もある。葉脈の主脈は表面でくぼみ、裏面で突出する。

期は9-10月。雌雄異株で、花は葉腋に束生する。花柄は長さ5-10mmになる。花冠は白色で4深裂し、径約4mmになる。雄蘂は2個。花には香気があるが、キンモクセイほどは強くない。

果実核果で、長さ1-1.5cmの楕円形になり、翌年の春に黒褐色に熟す。

樹皮





分布

中国原産。
人間との関わり

公園などで栽培されている。
都道府県・市町村の木に指定している自治体

総称の「モクセイ」として指定している自治体と、「モクセイ」としながらも実質「キンモクセイ」を指して指定している自治体がある。

都道府県

静岡県


市町村

宮城県 - 村田町

群馬県 - 太田市藤岡市板倉町玉村町千代田町

埼玉県 - 志木市戸田市羽生市日高市吉川市伊奈町川島町

茨城県 - 取手市境町

千葉県 - 鎌ケ谷市大網白里市

東京都 - 昭島市あきる野市福生市瑞穂町


◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:14 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE