メシエカタログ
[Wikipedia|▼Menu]
メシエによるM31/M32/M110のスケッチ

メシエカタログ[1]フランス語: Catalogue de Messier )は、フランスの天文学者シャルル・メシエが作成した星雲星団銀河のカタログである[2]
目次

1 概要

1.1 収録された天体

1.2 失われた天体


2 出典

3 参考文献

4 関連項目

概要

メシエが彗星を探索するのに際して、彗星と紛らわしい天体の一覧を作ったことが始まりである[2][3]。「最初に作られたカタログ[3]」と言われることもあるが、少なくともジョヴァンニ・バッティスタ・オディエルナの作った星雲星団のカタログはこれより古い。メシエが使っていた望遠鏡は口径5-7cmといった小型のもので[3]、現在よりも光学系が未熟な18世紀までに見つかった天体をまとめているため、比較的明るく、アマチュア用の小型望遠鏡でも楽しめる天体が多いのが特徴である[3]

カタログに収められた天体はメシエ天体とも呼ばれ、メシエ(Messier)の頭文字 M を取って、M1M2などと表記される[4]。この表記法はメシエが定めたものではなく、ごく初期は「メシエカタログの1番」「メシエカタログの2番」などと呼ばれていたのが、後に略されて表記されるようになった。
収録された天体「メシエ天体の一覧」も参照

M1からM110までがあるが、メシエ本人がカタログに記載したものはM103までである。

カタログは1774年から1784年にかけて3回刊行された[5]

1774年: "Memoires de l'Academie"に発表。M45(プレアデス星団)まで[5]

1781年: "Connoissance des Temps"に発表。M68まで。後にM69M70が増補[5]

1784年: "Connoissance des Temps"に発表。M103まで[5]

M104(ソンブレロ銀河)以降のメシエ天体は、生前にメシエが記録に遺していながらカタログに収められていなかった天体を後世の天文学者がリストに加えたものである[6]

M104 - 1921年にカミーユ・フラマリオンが追加した[6]

M105M106M107 - 1947年ヘレン・ソーヤー・ホッグが追加した[6]

M108M109 - 1953年にオーウェン・ギンガリッチ(英語版)が追加した[6]

M110 - 1966年にケネス・グリン・ジョーンズが追加した[6]

失われた天体

メシエがカタログに記載した位置にそれらしい天体がないものがある。これらは年にメシエのスケッチ図などから本来の天体が同定されたが、未だ定説のないものもある。

M40 - 1966年にジョン・マラスによって二重星ウィネッケ4 (WNC4) と同定された[7][8]

M47 - 1959年にカナダのT・F・モリスによって赤経の誤記であるとして同定された[7]

M48 - 1959年にカナダのT・F・モリスによって星図のグリッドが間違っていたとして、NGC 2548と同定された[7][9]

M91 - 1969年にアマチュア天文家ウィリアム・ウィリアムズによりNGC 4548と同定され、一般に受け入れられている[7][10]

M102 - NGC 5866が候補とされる[11]が、M101と重複したという説もあり、結論に至っていない[7]

出典^ 『オックスフォード天文学辞典』 朝倉書店、初版第1刷、409頁。ISBN 4-254-15017-2
^ a b “ ⇒THE MESSIER CATALOG” (2008年2月25日). 2016年1月9日閲覧。
^ a b c d 藤井旭 1978, pp. 194-199.
^ 渡部潤一「NGC4565 -エッジオン銀河-」、『ニュートン』2017年5月号、ニュートンプレス、 144頁。
^ a b c d Hartmut Frommert, Christine Kronberg (2011年8月12日). “ ⇒Charles Messier's Catalog of Nebulae and Star Clusters”. 2016年1月9日閲覧。
^ a b c d e Hartmut Frommert, Christine Kronberg (2005年5月31日). “ ⇒The Additional Messier Objects”. SEDS. 2016年1月9日閲覧。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:24 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE