ムハンマド・アリー
是非お友達にも!
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]

この項目では、エジプトムハンマド・アリー朝の創始者について説明しています。同名の人物については「ムハンマド・アリー (曖昧さ回避)」をご覧ください。

ムハンマド・アリー・パシャ
Muhammad Ali Pasha
エジプト総督
ムハンマド・アリー朝初代君主
ムハンマド・アリー・パシャ
在位1805年 - 1849年
戴冠1805年5月17日
別号ワーリー
出生1769年
カヴァラ
死去1849年8月2日
アレクサンドリア
子女イスマーイール・パシャ
サイード・パシャなど
王朝ムハンマド・アリー朝
父親イブラーヒーム・アーガー
宗教イスラーム教スンナ派
テンプレートを表示

ムハンマド・アリー・パシャ(アラビア語: ???? ??? ?????, ラテン文字転写: Mu?ammad ?Al? B???, 1769年? - 1849年8月2日)は、オスマン帝国属州エジプトの支配者で、ムハンマド・アリー朝の初代君主(在位:1805年 - 1849年)。メフメト・アリー(トルコ語: Mehmet Ali)ともいう。

エジプト・シリア戦役においてオスマン帝国がエジプトへ派遣した300人の部隊の副隊長から頭角を現し、熾烈な権力闘争を制してエジプト総督に就任。国内の支配基盤を固めつつ、近代性と強権性を併せもった富国強兵策を推し進め、アラビア半島スーダンに勢力を伸ばし、遂にはオスマン帝国からシリアを奪うに至る。

最終的に、勢力伸長を危険視したイギリスの介入によりその富国強兵策は頓挫したが、エジプトのオスマン帝国からの事実上の独立を達成し、その後のエジプト発展の基礎を築いた。近代エジプトの父[1]、エル・キビール(大王)[2]と呼ばれ、死後もエジプトの強さと先進性の象徴であり続けている[2]


目次

1 生涯

1.1 生い立ち

1.2 エジプト・シリア戦役、カイロ暴動を経てエジプト総督に就任

1.3 支配基盤の確立

1.4 近代化とマムルークの粛清

1.5 アラビアおよびスーダンへの遠征

1.6 ギリシャ独立戦争

1.7 第一次エジプト・トルコ戦争

1.7.1 開戦経緯

1.7.2 開戦


1.8 イギリスとの対立

1.9 シリア統治

1.10 第二次エジプト・トルコ戦争

1.10.1 開戦まで

1.10.2 オスマン帝国への攻勢

1.10.3 列強の介入と敗北

1.10.4 降伏とムハンマド・アリー朝の成立


1.11 晩年


2 政策

2.1 総論

2.2 財政・税制


是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:210 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE