マーシャル諸島
是非お友達にも!
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]
マーシャル諸島共和国
Aolep?n Aor?kin M?aje?(
マーシャル語
Republic of the Marshall Islands(英語


国旗)(国章
国の標語:Jepilpilin Ke Ejukaan
(マーシャル語: 共同の努力による達成)国歌マーシャル諸島よ永久に

公用語マーシャル語英語
首都マジュロ
最大の都市マジュロ
政府
大統領ヒルダ・ハイネ
首相等なし

面積
総計181km2189位
水面積率11.5%

人口
総計(2005年61,963人(186位
人口密度326人/km2

GDP(自国通貨表示)
合計(2006年)1億4389万アメリカ合衆国ドル

GDP (MER)
合計(xxxx年)xxx,xxxドル(???位

GDP (PPP)
合計(2001年)1億1,500万ドル(220位
1人あたり1,600ドル

独立1986年10月21日
通貨アメリカ合衆国ドル (USD)
時間帯UTC +12(DST:なし)
ISO 3166-1MH / MHL
ccTLD.mh
国際電話番号692

マーシャル諸島共和国(マーシャルしょとうきょうわこく)、通称マーシャル諸島は、太平洋上に浮かぶ島国ミニ国家の一つであり、「真珠の首飾り」とも呼ばれるマーシャル諸島全域を領土とする。ミクロネシア連邦の東、キリバスの北に位置する。


目次

1 国名

2 歴史

3 政治

4 地域区分

5 地理

6 気候

7 経済

7.1 情報・通信

7.2 交通


8 国民

9 文化

10 脚注

11 関連項目

12 外部リンク


国名

正式名称はマーシャル語で、Aolep?n Aor?kin M?aje?、英語で、Republic of the Marshall Islands。略称は、Marshall Islands。

日本語の表記は、マーシャル諸島共和国。通称マーシャル諸島。日本の委任統治領時代は、マーシャル群島と呼称していたが、現在では歴史的な用語となった。

国名のマーシャルは、この辺りの海域を調査したジョン・マーシャルの名に由来する。1788年イギリス東インド会社は、オーストラリアニューサウスウェールズに寄港していたスカーボロー号(船長:マーシャル)とシャーロット号(船長:トーマス・ギルバート)に、の輸送のために広東への回航を指示すると共に、その航路周辺海域の調査を依頼した。この時に両船が調査したのが、現在のマーシャル諸島とその南に位置するギルバート諸島であった。
歴史マーシャル諸島共和国議事堂

1528年 - スペイン人サーベドラが発見し、スペインがその領有を宣言した。

17世紀スペインが領有を宣言。しかしそのまま放置。

1885年 - ドイツが保護領とする(独領ミクロネシア、ドイツ植民地帝国)。ココヤシ栽培、コプラの生産が行われた。


ご協力下さい!!
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:40 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE