マスメディア
[Wikipedia|▼Menu]

この記事には複数の問題があります。改善ノートページでの議論にご協力ください。

出典がまったく示されていないか不十分です。内容に関する文献や情報源が必要です。(2018年2月)


独自研究が含まれているおそれがあります。(2018年2月)


マスメディア (mass media) あるいは大衆媒体(たいしゅうばいたい)とは、マスコミュニケーション媒体のことである[1]
目次

1 概説

2 歴史

3 意義

4 経営

5 主なマスメディア

5.1 電波を媒体とするマスメディア

5.2 紙を媒体とするマスメディア

5.3 その他のマスメディア


6 新しいマスメディア

7 マスメディアの将来

8 脚注

8.1 注釈

8.2 出典


9 参考文献

10 関連項目

概説

マスメディアとはマスコミュニケーションを行うメディア(=媒体)のことであり、たとえば新聞出版放送映画などのこと[1]ブリタニカ国際百科事典によると、新聞、テレビラジオ、映画、雑誌などがその代表、とのことであり、受け手である大衆に対して 公的・間接的・一方的に意味内容を伝達するような技術的道具や装置のことを言う、とのことである[2]

マスメディアとは、不特定多数の受け手へ向けての情報伝達手段となる新聞雑誌ラジオ放送テレビ放送などのメディア(媒体)あるいは技術的道具である。また「マスメディア」は、マスメディアを用いてマスコミュニケーションを行っている組織も含めて指すこともある。例えば新聞社出版社放送局テレビ局ラジオ局)などである。

なおマスコミュニケーションとは、大衆への大量の情報伝達を指す[3]。が、日本では「マスコミュニケーション」の略語の「マスコミ」をマスメディアという意味でも用いることがある[4][注釈 1]

なお、「マス(mass)」という語は多義的で、もともと、大量(のモノ、コト)や大勢の人々を意味し、群衆などの意味もあるが、辞書などのマスメディアに関する説明では、「大衆」や「大量」の意味だとされることが多い。

(もともと)マスメディアは「印刷媒体」と「非印刷媒体」に分けられる、とされている[2]

現代のマスメディアがどのような状態かというと、資本主義社会においてはマスメディアの大多数が営利企業としていとなまれており、その結果、利潤の獲得や経営の安定が優先される傾向があり、伝達される内容が低俗化・画一化する傾向がある。一方、社会主義社会においては政府や支配政党の方針によって伝達される内容が編集される状態になる[2][注釈 2]

1990年代後半あたりからインターネット利用が普及する一方、旧来のマスメディア各媒体の相対的位置付けの低下が徐々に進行している。日本を例にとれば、1995年から2010年にかけてインターネットの利用が激増する[5]一方で、テレビ視聴時間は微減[6]、新聞[7]・ラジオ[8]・雑誌[9]は減少傾向にある。

旧来のマスメディアの側では、放送などでは生放送にインターネットのSNSからのリアルタイムの投稿を取り込むことや、見逃した番組をインターネット上のアーカイブで見られるようにして自社が発信した情報に接してもらう機会を増やすなど、共存関係や相補関係などにすることが試みられている。[要出典]
歴史

大量の受け手への、情報の同時発信を最初に可能にしたのは15世紀半ばのヨハネス・グーテンベルクによる活版印刷の発明である。グーテンベルクは活版印刷術を使い、世界初の近代的な出版物であるグーテンベルク聖書を完成させた。この活版印刷術は急速にヨーロッパに広まり、1480年ごろにはすでにヨーロッパの各地に印刷所が設立されていた[10]。これにより出版が盛んになり、それまでに比べ非常に大量の書籍が発行されるようになった。またこの印刷の隆盛はパンフレット類の大量発行をも可能にし、この流れの中で15世紀末以降、不定期刊行の新聞が各地で発行されるようになった。こうした新聞は初期には何か大事件があった際にのみ発行される、いわゆる瓦版のようなものであったが、17世紀初頭には週刊化する新聞が出現し始めた。

こうして新聞が一般化した18世紀に入ると、アメリカ独立戦争フランス革命などの市民革命が起きるようになるが、この過程で新聞は世論の形成に大きな役割を果たし、樹立された新政府においては自由権の一部として法的に言論の自由が認められるようになった[11]。この言論の自由はのちにマスメディアの拠って立つ根幹となった。

欧米では、19世紀の産業革命による都市人口の増加や社会変化に伴い、新聞の大衆化が進んだ[12]。同時期、印刷技術が長足の進歩を遂げたことで書籍の大量生産も可能になり、出版業もまた大衆化が進んでいった[13]

1876年電話が発明されると、これを利用して不特定多数の利用者に情報や娯楽を提供するアイデアが生まれ、1879年にはすでに電話線を利用した放送が試みられていた[14]1893年にはオーストリア・ハンガリーブダペストにおいて有線放送局が成立したものの、これはほとんど追随者を生まなかった[15]。一方、1895年には、マルコーニが電波による無線通信の実験に成功し、1920年に世界最初の商業ラジオ局であるKDKAがアメリカ合衆国・ペンシルベニア州で開局した[16]1922年にはアメリカでラジオブームが起き、以後ラジオは急速に普及した[17]

ラジオは音声だけの放送であるため、これに加えて画像の送信をも可能とするテレビの開発が1920年代には世界各国で開始され、やがて1930年代には試験放送がはじまった。1950年代に入るとテレビはアメリカで急速に普及し[18]、欧州諸国や日本などもすぐにこれに続いた。
意義

情報を発信する側には、広告広報の媒体となるほか、社会的弱者を含む多様な立場の意見表明(いわゆるアドボカシー)の場としての機能がある。[要出典]

情報の受け手には、社会の出来事を知る手段、映画やドラマ、スポーツの鑑賞を楽しむ娯楽の一つとなるほか、選挙など政治参加の場としての機能を持つ。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:40 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE