マクトゥームチャレンジラウンド3
[Wikipedia|▼Menu]

この記事は検証可能参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2012年12月)

マクトゥームチャレンジラウンド3
Al Maktoum Challenge Round 3
主催者ドバイレーシングクラブ
競馬場メイダン競馬場
距離ダート2000m(2015年[1]
格付け国際G1
賞金1着賞金24万ドル

出走条件サラブレッド北半球産4歳以上、南半球産3歳以上
負担重量北半球産馬57kg、南半球産3歳馬54.5kg、牝馬2kg減
テンプレートを表示

マクトゥームチャレンジラウンド3(Al Maktoum Challenge Round 3)とはドバイレーシングクラブメイダン競馬場ダート2000mで施行する競馬国際競走である。日本語ではAlを省略して表記されることが多い。
目次

1 概要

2 歴史

3 歴代優勝馬

4 日本調教馬の成績

5 関連項目

6 注釈

概要

ドバイワールドカップカーニバルに指定され、スーパーサタデーに施行されている。

マクトゥームチャレンジの第3戦である。

2010年に日本からウオッカレッドディザイアの2頭が日本生産・調教馬として初めて出走。レッドディザイアが日本調教馬初優勝を遂げた。なお、レッドディザイアは鞍上のオリビエ・ペリエの体重調整の問題で、本来の負担重量55kgのところ、0.5kg超過の55.5kgで出走しており、ハンデを克服しての勝利であった。また、ウオッカはこのレースで鼻出血を発症したため、目標としていたドバイワールドカップの出走を断念し、このレース限りで現役を引退している。
歴史

1994年 - 創設。創設時は
ナド・アルシバ競馬場ダート2400mで施行。

1996年 - この年以降施行距離が2000mとなり、以降3月に施行。

1997年 - この年以降準重賞競走(LR)として施行

2001年 - この年以降G2に格付け。ハイトーリが優勝し、UAE調教馬以外の外国馬が初勝利。

2002年 - この年限り2月に施行。

2008年 - ランフランコ・デットーリサイード・ビン・スルール厩舎が3連覇を達成。

2010年

開催場がメイダン競馬場に移行し、施行条件がオールウェザー2000mに変更。

レッドディザイアが日本生産調教馬として初勝利。


2012年 - この年以降G1に格付け

2015年 - 施行条件がダート2000mに変更。

歴代優勝馬

※馬齢表記は北半球の基準で表記。

回施行日調教国・優勝馬日本語読み性齢タイム優勝騎手管理調教師馬主
第1回
1994年2月25日Cezanneセザンヌ牡52:36.00G.ハインドS.ビン・スルール
第2回1995年2月23日Izentespeshalイゼンテスペシャル牡72:34.00R.ヒルズE.チャーピーハムダン・アル・マクトゥーム
第3回1996年3月10日Tamayazタマヤズ牡42:08.00L.デットーリS.ビン・スルールゴドルフィン
第4回1997年3月13日Kammtarraカムタラ牡42:03.00L.デットーリS.ビン・スルールマクトゥーム・アル・マクトゥーム
第5回1998年3月5日Sun Nabhaanナビハーン牡52:05.91R.ヒルズE.チャーピーハムダン・アル・マクトゥーム
第6回1999年3月4日Spindriftスピンドリフト牡42:00.53G.ハインドS.ビン・スルールシャイフ・マクトゥーム
第7回2000年3月2日Dubai Millenniumドバイミレニアム牡41:59.60L.デットーリS.ビン・スルールゴドルフィン
第8回2001年3月1日Hightoriハイトーリ牡42:01.59O.ペリエP.ドゥメルキャステルゲイリー・タナカ
第9回2002年2月28日Street Cryストリートクライ牡42:01.25L.デットーリS.ビン・スルールゴドルフィン
第10回2003年3月8日Granderaグランデラ牡52:02.83L.デットーリS.ビン・スルールゴドルフィン
第11回2004年3月6日Victory Moonヴィクトリームーン牡52:03.30W.マーウィングM.デ・コック
第12回2005年3月5日Chiquitinチキティン牡52:04.70M.キネーンJ.バートン
第13回2006年3月2日Electrocutionistエレクトロキューショニスト牡52:01.06L.デットーリS.ビン・スルールゴドルフィン
第14回2007年3月1日Eu Tambemエウタンベン牡42:01.53L.デットーリS.ビン・スルールシェイク・ハムダン・ビン・モハメッド
第15回2008年3月6日Jalilジャリル牡42:00.35L.デットーリS.ビン・スルールゴドルフィン
第16回2009年3月5日Asiatic Boyアジアティックボーイ牡52:03.03J.ムルタM.デコックシェイク・モハメッド・ビン・ハリファ・アル・マクトゥーム
第17回2010年3月4日Red Desireレッドディザイア牝42:02.62O.ペリエ松永幹夫(株)東京ホースレーシング
第18回2011年3月3日Twice Overトゥワイスオーヴァー牡62:05.44T.ケリーH.セシル
第19回2012年3月10日Capponiカッポニ牡52:03.05A.アジュテビM.アル・ザローニハムダン・アル・マクトゥーム
第20回2013年3月9日Hunter's Lightハンターズライト牡52:03.65S.デ・ソウザS.ビン・スルールゴドルフィン
第21回2014年3月8日Prince Bishopプリンスビショップセ72:04.23K.ファロンS.ビン・スルール


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:18 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE