マガディーラ_勇者転生
[Wikipedia|▼Menu]

マガディーラ 勇者転生
Magadheera
撮影が行われたゴールコンダ城
監督S・S・ラージャマウリ
脚本S・S・ラージャマウリ
M・ラトナム
原案K・V・ヴィジャエーンドラ・プラサード(英語版)
製作アッル・アラヴィンド(英語版)
B・V・S・N・プラサド(英語版)
出演者ラーム・チャラン
カージャル・アグルワール(英語版)
デヴ・ギル(英語版)
シュリハリ
音楽M・M・キーラヴァーニ
撮影K・K・センティル・クマール(英語版)
編集コータギリ・ヴェンカテーシュワラ・ラーウ(英語版)
製作会社ギータ・アーツ(英語版)
配給 ギータ・アーツ
ツイン
公開 2009年7月31日
2018年8月31日[1]
上映時間166分(オリジナル版)
139分(日本公開版)
製作国 インド
言語テルグ語
製作費?400,000,000[1]
興行収入?1,500,000,000[2]
テンプレートを表示

『マガディーラ 勇者転生』(マガディーラ ゆうしゃてんせい、原題:Magadheera)は、2009年に公開されたインドのテルグ語(英語版)ロマンティックアクション映画S・S・ラージャマウリが監督を務め、脚本は父親のK・V・ヴィジャエーンドラ・プラサード(英語版)が務めた。輪廻を題材にしており、ラーム・チャラン、カージャル・アグルワール(英語版)、デヴ・ギル(英語版)、シュリハリが出演している。

撮影監督としてK・K・センティル・クマール(英語版)、編集技師としてコータギリ・ヴェンカテーシュワラ・ラーウ(英語版)が参加し、アクション・シーンはピーター・ハイン(英語版)とラム・ラム・ラクシュマンが指導している。特殊効果はR・C・カマルカンナンがアデル・アディリとピート・ドレイパーの補佐を受けて作成し、テルグ語映画で初めて「ビジュアル・エフェクト・プロデューサー」がクレジットされた。

映画は4億ルピーの製作費をかけて製作され、興行収入は15億ルピーを記録し、2013年に『Attarintiki Daredi』が公開されるまでの間、テルグ語映画興行収入記録第1位を維持していた。また、公開日数は1,000日間を記録し、2005年公開の『チャンドラムキ 踊る!アメリカ帰りのゴーストバスター(英語版)』の記録を抜くロングランとなり、テルグ語映画として初めてBlu-ray化された。さらに第57回ナショナル・フィルム・アワード(英語版)では最優秀振付賞(英語版)と最優秀視覚効果賞(英語版)[3]、第57回南フィルムフェア賞(英語版)で6つの賞[4]、ナンディ賞(英語版)で9つの賞[5]、CineMAA賞(英語版)で10の賞を受賞している[6]
目次

1 あらすじ

1.1 ハイデラバード

1.2 ウダイガル王国

1.3 バイラヴァコーナ


2 キャスト

3 製作

3.1 企画

3.2 キャスティング

3.3 衣装デザイン

3.4 撮影

3.5 VFX

3.6 音楽


4 作品のテーマ

5 公開

6 評価

6.1 興行収入

6.2 批評

6.3 受賞・ノミネート


7 トラブル

7.1 フィルムの紛失

7.2 劇場での事故

7.3 盗作騒動


8 反響

9 ソフト化

10 リメイク

11 脚注

11.1 注釈

11.2 出典


12 参考文献

13 外部リンク

あらすじ
ハイデラバード

2009年、ハイデラバード。バイクレーサーの青年ハルシャはレースの賭金を持ち逃げしようとした胴元レシュマから賭金を取り戻し、バイクレースに参加するため友人と共に空港に向かう。その途中、バスを待つ女性の手に触れたハルシャは不思議な感覚に陥り、バス停に戻り女性を探す。彼はその場にいた女子大生に行方を尋ねるが、その女性こそが探していた女性インドゥだった。インドゥは自分を探すハルシャを不審に思い、「インドゥの友人」と名乗り彼をからかおうとする。しかし、交流を重ねるうちにハルシャが本気で自分のことを想っていることに気付き、次第に好意を寄せるようになる。

同じころ、インドゥの父プラタープは奪われた土地の権利を取り戻すため姉夫婦に対して訴訟を起こしたため、甥のラグヴィールに命を狙われる。しかし、インドゥに一目惚れしたラグヴィールは彼女を手に入れるためプラタープに取り入ろうと考え、自分の考えに反対した父を殺し、プラタープに「父が急死したので土地を返還する」と詫びを入れる。父娘の信頼を得たラグヴィールはインドゥを手に入れようとするが、謎の戦士に斬りつけられる幻影を見るため彼女に触れることができなかった。不審に思ったラグヴィールはタントラ教の祈祷師ゴーラに相談を持ちかけ、自分が400年前にウダイガル王国のミトラヴィンダ王女を手に入れようとして死んだラナデーヴ将軍の生まれ変わりだと聞かされる。ラグヴィールはミトラヴィンダの生まれ変わりであるインドゥを手に入れるため、400年前に王女を守るため自分を殺した戦士カーラ・バイラヴァの生まれ変わりを殺そうとする。

ラグヴィールは部下たちを連れて街中を捜索し、そこでハルシャと出会う。彼がバイラヴァの生まれ変わりだと知ったラグヴィールは彼を殺そうと槍を投げるが、狙いが逸れて槍が配電盤に命中してパニックが起き、ハルシャを見失ってしまう。一方、ハルシャはバスに乗ったインドゥの手に触れて再び不思議な感覚に陥り、パニックで逃げ出した馬に乗りバスを追いかけ、インドゥの正体が「インドゥの友人」だと知る。ハルシャは自分をからかっていたインドゥに仕返しするため「インドゥに出会えた」と嘘をつき、彼女をゴールコンダに誘い出して友人と一芝居打つ。2人は両想いになるが、そこに偶然プラタープが現れて「インドゥがハルシャに襲われている」と勘違いし、ハルシャも彼女との仲を引き裂こうとしたプラタープを殴ってしまう。

ハルシャはプラタープの元を訪れて謝罪して結婚を認めてもらうが、直後にプラタープはラグヴィールに殺され、彼によってプラタープ殺しの濡れ衣を着せられてしまう。ショックを受けたインドゥはラグヴィールと共に父を搬送するためヘリコプターに乗り込む。ハルシャはインドゥの誤解を解くためヘリコプターに飛び乗るが、彼女に手に触れて不思議な感覚に陥ってしまい、その衝撃でヘリコプターから落下する。湖に落ちたハルシャは意識が遠のく中、前世の記憶を思い出す。
ウダイガル王国

1609年、ウダイガル王国。近衛軍の戦士バイラヴァは王女ミトラヴィンダと互いに想いを寄せていたが、彼女に横恋慕する軍司令官ラナデーヴはバイラヴァを疎ましく思っていた。インド全土の征服を目論むシェール・カーンの侵略軍が迫る中、国王ヴィクラム・シンは武勇を競う競技大会を開催するが、ラナデーヴは民衆の面前でミトラヴィンダのストールを剥ぎ取り辱め、自分の身を守れない彼女に王位を継ぐ資格はないと主張する。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:147 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE