マイク・ソーシア
是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]

マイク・ソーシア
Mike Sciosciaロサンゼルス・エンゼルス 監督 #14

基本情報
国籍 アメリカ合衆国
出身地ペンシルベニア州モートン
生年月日(1958-11-27) 1958年11月27日(59歳)
身長
体重6' 2" =約188 cm
220 lb =約99.8 kg
選手情報
投球・打席右投左打
ポジション捕手
プロ入り1976年 MLBドラフト1巡目(全体19位)
初出場1980年4月20日
最終出場1992年10月2日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴


ロサンゼルス・ドジャース (1980 - 1992)

監督・コーチ歴


ロサンゼルス・ドジャース (1997 - 1998)

アナハイム・エンゼルス
ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム
ロサンゼルス・エンゼルス
(2000 - )

この表についてこの表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

■プロジェクト:野球選手  ■テンプレート

マイク・ソーシア(Michael Lorri "Mike" Scioscia , 1958年11月27日 - )は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州モートン出身のプロ野球指導者、元プロ野球選手(捕手)。右投左打。現在は、MLBロサンゼルス・エンゼルスの監督を務めている。

球団からは監督として長期政権を託されており、日本のマスコミからはよく「知将」と表現される。愛称はソーシュ[1]


目次

1 経歴

2 人物

3 詳細情報

3.1 通算成績(選手)

3.2 年度別成績

3.3 受賞歴・記録


4 脚注

5 関連項目

6 外部リンク


経歴

1976年ドラフト会議ロサンゼルス・ドジャースから1巡目(全体19位)で指名され、入団。

1980年4月20日にメジャーデビューを果たした。

1992年までドジャース一筋にプレイ。50日間に及ぶストライキでシーズンが短縮された1981年には93試合に出場。この年のワールドシリーズではベテランのスティーブ・イェーガーに正捕手の座を譲るが、2連敗で迎えた第3戦では4回からイェーガーに代わりマスクをかぶり、それまで4失点と乱調だったフェルナンド・バレンズエラを立ち直らせ完投勝ちに導き、シリーズの流れを変える役割を果たした。

1982年にも129試合に出場し、おおむね正捕手の座を射止めた。

1983年は故障(回旋筋断裂)のため、わずか12試合の出場に終わる。

1984年には114試合出場した。

1985年には141試合に出場して自己最高の打率.296を記録し、チームの地区優勝に貢献。恵まれた体格でブロック力に優れ、リードも優秀であった。

キャリアのハイライトと言えるシーンは1988年チャンピオンシップシリーズ第4戦であった。地区優勝し、ワールドシリーズ出場をかけてニューヨーク・メッツと対戦。シリーズは戦前からメッツ有利の予想で、第3戦を終わってドジャースは1勝2敗とリードを許していた。第4戦はメッツのエース、ドワイト・グッデンが初回2点を許したものも、2回から8回まで追加点を許さず、メッツは4回に3点を奪い逆転。さらに6回にも1点を追加し、8回を終わって2-4となった。しかし、最終回ドジャースの攻撃で、一塁に四球の走者ジョン・シェルビーを置いて、打席に入ったソーシアがグッデンから起死回生の同点2ラン本塁打をライトスタンドに放つ。ソーシアのこのシーズンの本塁打はわずか3本で、対するグッデンはそのシーズン248回1/3を投げて被本塁打8、9イニング平均0.29本と正味3試合完投で1本弱しか打たれていなかった。この試合は延長12回、ドジャースが制し、その勢いで第5戦も勝って3勝2敗とする。第6戦に敗れるが最終第7戦でオーレル・ハーシュハイザーの力投で勝ち、ワールドシリーズ出場を果たした。オークランド・アスレチックスとのワールドシリーズも4勝1敗で勝ち、自身2度目だが、正捕手としては初とも言えるワールドシリーズ制覇を成し遂げた。

1989年は初の2桁となる10本塁打、1990年には自己最多の12本塁打を記録し、2年連続オールスター出場を果たし、日米野球で来日した。


◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:48 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE