ポルト・アレグレ市
ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]

この項目では、ブラジル・リオ・グランデ・ド・スル州の都市について説明しています。サントメ・プリンシペ共和国の村については「ポルトアレグレ (サントメ・プリンシペ)」をご覧ください。

ポルト・アレグレ
Porto Alegre



市旗市章

愛称 : ""A capital dos Gauchos" (ガウーショの都),"Mui Leal e Valerosa"
位置

座標 : 南緯30度1分59秒 西経51度13分48秒? / ?南緯30.03306度 西経51.23000度? / -30.03306; -51.23000
歴史
建設1772年3月26日
行政
ブラジル
 地域南部
 州リオ・グランデ・ド・スル州
 市ポルト・アレグレ
市長ネルソン・マルケザン
地理
面積 
  市域496.8 km2 (191.8 mi2)
標高10 m (33 ft)
人口
人口(IBGEの調査による2007年現在)
  市域1,420,667人
    人口密度  2,859.5人/km2(7,292.4人/mi2)
その他
等時帯UTC-3 (UTC-3)
夏時間UTC-2 (UTC-2)
公式ウェブサイト : ⇒http://www.portoalegre.rs.gov.br/

ポルト・アレグレ(Porto Alegre)は、ブラジル南部の都市で、リオグランデ・ド・スル州州都である。都市名は「陽気な港」という意味。


目次

1 概要

2 人口動態

3 歴史

4 産業

5 姉妹都市

6 スポーツ

7 気候

8 出身者

9 関連項目

10 脚注

11 外部リンク


概要

140万人を超える人口を持つ、ブラジルを代表する港町である。グアイバ川に面し、南に大西洋と接するパトス湖がある。

ヨーロッパからの移民が多く、ヨーロッパ風の建物が多い。

また、1989年より市民が市役所の予算編成に関わる市民参加型予算を実施しており、この面でも世界的に注目されている。
人口動態

白人(80.7%)、混血(10.7%)、黒人(8.0%)、その他(0.6%)
歴史

18世紀中頃にアゾレス諸島からポルトガル人が移住したのが起源で、その後ドイツイタリアスペインなどからの移民を中心として発展した。

1835年-1845年、当時のブラジル帝国に対する共和派の反乱「ファホウピーリャ革命(War of Tatters)」の中心都市であった。

1963年、第3回夏季ユニバーシアードが開催される。

2001年1月に最初の世界社会フォーラムが当地で開かれ、その後も幾度も開催地となっている。
産業

ブラジルを代表する航空会社ヴァリグ・ブラジル航空の発祥地で、サルガド・フィーリョ国際空港は長らく同社のハブ空港であった。
姉妹都市

ロサリオアルゼンチン

蘇州中華人民共和国

金沢市日本

サンクトペテルブルクロシア

オースティンテキサス州アメリカ合衆国

スポーツ


ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:19 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE