ポルシェ・356
[Wikipedia|▼Menu]

ポルシェ・356
ポルシェ356 タイプC クーペ(1964)

-自動車のスペック表-

ポルシェ356 (Porsche 356 、ポルシェさんごうろく) とは、ドイツ自動車メーカーであるポルシェ1948年から製造を開始したスポーツカーであり、製品名にポルシェの名を冠した初の自動車である。

高性能と居住性、実用性の3つを高度に満たした小型スポーツカーであり、第二次世界大戦後の小型スポーツカーの分野における一つの指標となった。


目次

1 概要

2 モデル

2.1 356.001

2.2 356/2

2.3 356プレA

2.3.1 1950年モデル

2.3.2 1951年モデル

2.3.3 1952年モデル

2.3.4 1953年モデル

2.3.5 1954年モデル

2.3.6 1955年モデル


2.4 356A型

2.4.1 1956年モデル

2.4.2 1957年モデル

2.4.3 1958年モデル

2.4.4 1959年モデル


2.5 356B型

2.5.1 1959年モデル(356B型)

2.5.2 1960年モデル

2.5.3 1961年モデル

2.5.4 1962年モデル

2.5.5 1963年モデル


2.6 356C型

2.6.1 1963年モデル(356C型)

2.6.2 1964年モデル

2.6.3 1965年モデル



3 関連項目

4 注釈

5 出典

6 参考文献


概要

1931年の創業以来他社の車輌設計・開発請負を主な業務としてきたポルシェ社が、新たな活路をスポーツカーの自社生産に見出し、第二次世界大戦終戦後に開発に着手した小型スポーツカーである。「356」の名称はポルシェ社内の開発コードから来たものである。

開発当時、創業者フェルディナント・ポルシェ博士は第二次大戦中の軍事開発の責を問われ、1945年から2年余り戦犯として連合国軍側に拘留されていた。356の開発・設計を主に担当したのは、ポルシェ博士の息子で自身技術者である「フェリー」ことフェルディナント・アントン・エルンスト・ポルシェと、1920年代のアウストロ・ダイムラー以来ポルシェ博士の下で多数の車両開発に携わってきた技術者カール・ラーベ(Karl Rabe )らのチームである。原型スタイリングはフォルクスワーゲン・タイプ1(いわゆる「ビートル」)のスタイリングも手がけたポルシェ社員のエルヴィン・コメンダ(Erwin Komenda )による。

1938年[1]にフォルクスワーゲン・タイプ1の原型をベースとしてポルシェの手で開発された[1][2]「フォルクスワーゲン・ベルリンローマ速度記録車」こと「ポルシェ・64」の存在がある。356は「64」の思想を受け継いだ存在とも言える。詳細は「フォルクスワーゲン・ベルリンローマ速度記録車」を参照

1944年以降、ポルシェ社は本拠地のドイツ・シュトゥットガルトから戦火を避けてオーストリアのグミュントに疎開しており、終戦後はシュトゥットガルトの本拠が連合国側当局に接収されていたため、1950年まで不便なグミュントでの活動を余儀なくされていた。厳しい状況の中で1947年6月に356の設計が始まった。戦後混乱期で、資材、部品の調達や資金面等の多数の問題が発生したが、1948年6月には試作車が完成、ナンバー登録された翌月にはさっそくインスブルックの小さなレースに出場し優勝している。

1949年から増加試作的量産が開始され、以後約15年に渡り細かい改良を重ねて発展しながら製造販売された。
モデル
356.001ポルシェ356(1948)No.1・ミッドエンジン・プロトタイプ

1948年、いわゆるフォルクスワーゲン・ベルリンローマ速度記録車のメカニズムの延長上に、アルミニウムボディーの2シーターでロードスタープロトタイプを試作した。ポルシェの名を冠した初の車であることから「ポルシェNo.1」とも呼ばれる。

量産型356とは異なり、試作1号車は鋼管スペースフレームミッドにエンジンをレイアウトした。エンジンはフォルクスワーゲン用の空冷水平対向4気筒OHV、内径φ75mm×行程64mmで1,131cc、25馬力の369型エンジンをベースとし圧縮比を5.8から7.0に上げるなどで40hp/4,000rpm、7.0kgm/2,600rpm[3]に出力アップを果たした。ブレーキは機械式のドラムブレーキでノンシンクロの4MTを搭載し、596kgの車体を135km/hまで加速させた。

1948年3月にはグロスグロックナー峠にてテストが始められた。1948年9月にあるスイス人ユーザーに販売され、スイス国内でヒルクライムレースなどに出場し好成績を収めた。その後何人かのユーザーを点々としたが1958年に買い戻され、現在はポルシェ本社に併設されている博物館に展示されている[3]
356/2アルミボディのグミュントクーペと復元された木型(奥)

試作2号車はクローズドボディのクーペとして製造され、1948年7月に完成した[3]。エンジンはリアに移動されている。

量産化に際し車体はクーペとカブリオレの2種となり、後部に補助シート2席を追加し、フロントは中央2分割窓となっており、シャーシもビートルと同様の鋼板プレス、溶接組みたてのプラットホーム型と、リアエンジンレイアウトとなった。これは座席やラゲッジスペース確保による実用性の向上と、フォルクスワーゲンとの構造、部品の共通化によるコストダウンが目的である。

エンジンは引き続きフォルクスワーゲン用369型をベースとしたが、スポーツカーカテゴリの1,100ccクラスへ出場できるよう[3]内径φ73.5mm×行程64mmで1,086ccに縮小した。出力は当初35hpだったが、1949年11月以降はシリンダーヘッド改良、ソレックス26VFJキャブレターで40hp/4,200rpm、6.5kgm/3,300rpmとなった。電装系は当時のVWそのままの6V仕様。最高速度は140km/h。

サスペンションはVWと同じ4輪独立トレーリングアームと横置きトーションバースプリングで、ブレーキはドラム。ボディはアルミ製でシャーシに溶接された。プラットホーム型シャーシは、補強が不要なほどの強度を備えており、カブリオレでも追加補強はない。

この時代の少量生産車に多く見られたことだが、ボディを製造する工場や時期の違いによる細部の差異がある。グミュント工場で生産されたが、ボディを外部の複数の会社が架装した車両も多数あった。そのためにメッキモールの仕様や、アルミ製バンパーもオーバーライダー付きとなしがあり、ランプ類もボッシュ製とヘラー製があり、ライト下のウインカーレンズやリアのテールランプには複数の形状がある。腕木式の方向指示器の仕様も存在した。内装もインパネ形状にメーター類や、シートも左右独立のタイプやベンチシート仕様もあり、後席も左右独立や一体型、カーペットを敷いただけの車両もある。

プロトタイプ以外に約49台が生産されたが、この時期のグミュント製車両は手探り状態で製造販売されていたようなもので、増加試作車同然ともいえる。全長3,870mm、全幅1,660mm、全高1,300mm。
356プレA

1949年9月VWとの技術コンサルタント契約を締結したことでロイヤリティを受け取れるようになりかつVWの部品や販売網を利用できるようになった。シュトゥットガルト本社敷地の返還交渉を進めながら、その向かいにあったロイター(現レカロ)に間借りして生産を始め、さらにボディー生産を委託して生産性の低さを解消した。1950年4月にドイツ製ポルシェの第1号車が生産された。

車体材質がアルミから鉄製ボディーに変更された。固定式三角窓の廃止、フロントバンパーの変更、ボンネットも高くなった。微妙にウエストラインがあがり、室内も広げられ、屋根がなだらかになった。ボディは何枚ものパネルをガス溶接しハンダで埋めて製造された。車体側面のサイドシルが内側に回りこんでいるのが特徴で、後に愛好者に「プレA」とも呼ばれた年代モデル。左右独立シートとリアの補助シート設定。
1950年モデル

ポルシェ356/1100 - キャブレターがソレックス32PBIに変更され内径φ73.5mm×行程64mmで1,086cc
[4]から40hp/4,200rpm[5]または40PS/4,200rpm[4]、7.15kgm/2,800rpm[4][5]


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:77 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE