ポリュデクテース
[Wikipedia|▼Menu]

ポリュデクテース(古希: Πολυδ?κτη?, Polydekt?s)は、ギリシア神話に登場する人物である。長母音を省略してポリュデクテスとも表記される。セリフォス島の王で、漁師ディクテュスと兄弟。マグネースの子とされるが、ポセイドーンアミューモーネーの子ナウプリオスの子孫という説がある。

ポリュデクテースはダナエーに恋をしたが、ペルセウスが成長するとダナエーに近づけなくなった。そこで彼は島の親しい人を集め、ヒッポダメイアエーリスオイノマオスの娘)に求婚すると称し、贈物としてを寄付するよう呼びかけた。その一方でペルセウスにはゴルゴーンの首を持って来るよう命じた。

彼はペルセウスがいない間にダナエーに乱暴しようとしたが、ダナエーはディクテュスとともに祭壇に逃れた。そのうちペルセウスがゴルゴーンを退治して戻ってきたが、彼はペルセウスがゴルゴーンを倒したことを信じなかった。そこでペルセウスは彼にゴルゴーンの首を見せて証明したが、その結果ポリュデクテースは石と化してしまった。

ある説によると、ポリュデクテースはダナエーと結婚し、ペルセウスをアテーナー神殿で育てたとされる。さらにその説ではアクリシオスが死んだのはポリュデクテースの追悼競技会のときであったという[1]
系図

          ヘレーン オルセーイス   
  
                      

            アイオロス エナレテー 
  
                                           
                                              
アルキュオネー カナケー カリュケー デーイオーン           シーシュポス アタマース マグネース ペリエーレース 

                                                  
     
    アローエウス エンデュミオーン ケパロス サルモーネウス      グラウコス プリクソス ディクテュス ポリュデクテース 

                                 

アウトリュコス アローアダイ     ポセイドーン テューロー クレーテウス ベレロポーン 
    
                                     
                            
ポリュメーデー アイソーン   ペレース                    
  
                                           
                                   
                                           
           
 イアーソーン     ペリアース アナクシビアー  ネーレウス クローリス    アミュターオーン エイドメネー 
      
                                              
                       
    アドメートス アルケースティス アカストス ペリクリュメノス ネストール ペーロー ビアース メラムプース 
    
                                                 
                
    エウメーロス プローテシラーオス ラーオダメイア   アンティロコス ペイシストラトス タラオス アバース アンティパテース 
 



脚注^ ヒュギーヌス、63話。

参考文献

ヒュギーヌス『ギリシャ神話集』松田治・青山照夫訳、講談社学術文庫(2005年)

高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』、岩波書店(1960年)

カール・ケレーニイ『ギリシアの神話 英雄の時代』植田兼義訳、中公文庫(1985年)


更新日時:2017年2月6日(月)02:04
取得日時:2018/05/23 06:43


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:11 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE